30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書DTI SIM > DTI SIMのiPhoneレンタルについて徹底解説

DTI SIMの新サービスiPhoneレンタルについて

 

DTI SIMではiPhoneレンタルという新サービスが始まりました。年齢問わず人気のiPhoneですが、実際にiPhoneを購入するよりもiPhoneをレンタルした方がお得になるのでしょうか?この辺りを探ってみました。


DTI SIMで買取可能なiPhone6sのレンタルサービス開始

DTI SIMで新たに始まったのがiPhoneのレンタルといった今までに無いサービスが始まりました。格安SIMに移行する際に自分で端末を用意したり、対応しているのか?といった面倒な手間がないのがメリットで、最初から直ぐに利用可能になります。

セット対象となる端末はiPhone6s 16GB スペースグレイのみになります。

DTI SIMのレンタルシステムはこのiPhone6sと格安SIMをセットで申し込めるサービスで、最低利用期間を過ぎれば返却することも可能ですし、気に入ればそのまま買い取ることも可能です。

また、新しいiPhoneが発売されれば返却し、すぐに機種変が可能というメリットもあります。

iPhone6sのレンタル料金について

DTI SIMのiPhone6sレンタルにかかる月額料金は3,600円/月になります。

現在ではiPhone6sの16GB:スペースグレイしかレンタルできないようです。月額3,600円ですと、Apple Storeから24回払いで直接購入した場合の料金と変わりません。

Appleで気に入ったカラーのiPhone6sを購入してから格安SIMで使うのもいいでしょうし、DTI SIMでセットレンタルしても構いません。

iPhone6sのレンタル料の3,600円はお得なのか?

このオプションのポイントであるレンタル料は端末ごとに異なる場合があるということですが、今は端末が一つなのでiPhone6sの3,600円という金額のみになっています。

買取価格は43,200円となっていますが、契約からの1年後に追加で払う代金なので、 3,600円×12=43,200円を加えた86,400円が端末の支払い金額になります。

iPhone6sのAppleStoreでの価格が78,800円なので、2年縛りで分割購入していると考えればそれなりの値段設定になります。

ですが、AppleStoreで端末だけを購入すると、格安SIMを自分で契約しないと使えませんので、全ての料金を合計した場合は以下の通りになります。

DTI SIMでレンタル買取をした時

・iPhone6s買取価格(2年目):43,200円
・1年間のレンタル金合計:3,600円×12=43,200円
・iPhone6s買取合計金額:86,400円

AppleStoreで端末を購入し、格安SIMを単体で申込みした時

・iPhone6sApple Store参考価格:78,800円 ・音声通話SIM3GB:約1,600円×12=19,200円 ・通常購入価格:98,000円

結果、DTI SIMでiPhoneレンタル買取をした方が11,600円お得になります。

iPhoneレンタルというのは客観的に見て高いのか?

上記の金額を比較すると、だったら好きな色、好きな容量のiPhone6sを自由にAppleStoreで購入した方がいいのでは?と感じますが、DTI SIMのレンタルサービスにもメリットがあります。

DTI SIMのレンタルサービスのメリットは1年ごとに機種変更も解約も選べることになります。ドコモやau、ソフトバンクでiPhoneを購入した場合の多くが24回払いになっていますし、契約自体も2年になります。

1年で解約すると違約金やiPhone端末のローンも残ります。ですが、DTI SIMの場合は最低利用期間が12ヵ月となっています。更にiPhoneレンタルの更新も12ヵ月ごとになっていますので、スマホが必要なくなったり、新型のiPhoneが発売されて機種変、そのまま買い取ったりすることが選べます。

iPhoneは今のところ毎年新しいバージョンが発売されています。1年ごとに買い換える人は希になります。なぜなら、ほどんどの方が24回払いを選択していますので、1年で機種変をしてしまうと必ずローンが2重になり、違約金も発生するからです。

DTI SIMなら新しいiPhoneが発売される度に新しいiPhoneに機種変更することができますし、iPhoneの支払いが2重になる心配もありません。その端末が気に入れば買取もできます。

けれど、自分が欲しい容量やカラーがなければApple Storeで購入する必要がでてくるでしょう。どちらかを選ぶのは本人次第ですが、1年で解約して次の新しい端末を使えるというメリットはポイントが高いですね。

iPhoneレンタルする時の注意点

このオプションのウリは、「1年ごとに新しい端末に切り替えることができる」ですが、注意事項を見てみると色々な制約があるのが分かります。

例えば、端末を切り替える際はレンタルしているiPhoneを返却する必要がありますが、この際端末の状態によっては修理費用が発生する場合があります。

経年劣化に該当しない傷、ひび割れがある場合(塗装ハゲ、落下痕、画面傷、本体の多少の傷)では13,600円、損傷が激しい場合(電源が入らない場合などの動作不良の場合)は43,200円と買取と同額の金額が請求されます。

また、発送時の箱や付属品の返却が必要なので、レンタルとして運用する場合は1年間大切に扱う必要があります。用は、ケース無しの落下や水没はほどアウトになると言うことです。

日頃雑に扱う方は止めておいた方が良さそうですね^^;

まとめ

「スマホレンタルオプション」は1年間端末を大切に扱う自信がある人には1年ごとに端末を最新モデルに切替られる選択肢が可能になるので、料金分の価値はあるプランです。

ですが、故障や傷のリスクを考えると、実際の運用では2年分のプランだと思って使うのが良さそうです。今後最新のiPhoneがラインナップに加わる前提で、毎年最新のiPhoneしか使いたくない!という方は検討してみては如何でしょうか?