30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書 > ワイモバイル

ワイモバイルを実際に使い込んで画像つきでレビューしています!

 

この記事ではワイモバイルを実際に使ってみたスマホ部長が、ユーザー目線で率直な感想を交えながらメリット・デメリット・注意点を初めての方でも分かりやすく解説しています。


中でもワイモバイルはiPhone SEをSIMカードとセット購入できるのも特徴です。キャリアよりも安く使いたい方にもピッタリですね♪

iPhone SEの申込みの流れは「【保存版】ワイモバイルでiPhoneSEを実際に申し込んだ流れを画像つきで詳しく解説!」で紹介しています。実際の画像をふんだんに使っているので参考になれば幸いです。

先に公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルってどんな格安SIM会社?

ワイモバイルって桐谷美玲さんと可愛いニャンコ、最近ではピコ太郎ですっかりお馴染みですが、ワイモバイルってどういった通信事業社なのかご存じですか?

ワイモバイルはいま人気の「格安SIM・格安スマホ」と同じジャンルの通信事業社です。

ただ、格安SIMとはちょっと異なる点があります。

一般的な格安SIM(MVNO)はドコモやauなどの通信回線の一部を借りて、その電波を安くユーザーに提供しています。

一方、ワイモバイルは簡単に言えばSoftBankのサブブランド的な立ち位置でキャリアから回線を借りることなく、自社の回線を用いてる通信事業社となります。

料金プランや安さが格安SIMに近いので、ワイモバイルを格安SIMと呼ぶ人も多いですが、正確にはキャリアと格安SIMの中間的な位置なんですよね。

ワイモバイル公式へ

分かりやすいワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランは非常にシンプルで「スマホプラン」と呼ばれる3種類です。

詳しい料金プランについては次に説明しますが、「スマホプラン」はプランS/M/Lとデータ容量で分かれており、全て「端末+データ量+10分かけ放題」がセットになっているプランです。

 

基本的に今まで使ってたキャリアと同じ使い方ができるっスね。


で、この「スマホプラン」はTVCMでもよく見る「ワンキュッパ割」の適用で1年間は毎月基本料金から1,980円割り引くというサービスで毎月1,980円からスマホが持てる。という仕組みになってます。

 

端末とデータ量と10分かけ放題が全部ついて1,980円からは安いっスね。


iPhone SEもワンキュッパ割が適用されている

また、このワンキュッパ割は4インチで人気の「iPhone SE」にも適用されていて、スマホプランSなら3,218円/月で使えちゃいます。

これがSoftBankとほぼ同じ条件(※1)で新規申込みをした時の月額料金は7,992円となります。

(※1 データ定額ミニ1GBの場合)

このように、ワイモバイルとSoftBankを同じ24ヵ月使った時の合計金額は、

●ワイモバイル:24ヵ月
・3,218円/月×1〜12ヵ月=38,616円
・4,298円/月×13ヵ月〜24ヵ月=51,576円
→合計金額 90,192円

●SoftBank:24ヵ月
・7,992円×24ヵ月=191,808円

ワイモバイルの方が24ヵ月で101,616円の節約になります。

 

結構な差が出たっスね!


 

キャリアはデータ料金が高いのと、どうしてもかけ放題ライトとかが必ずくっついてきちゃうから高くなっちゃうんだよね。

ワイモバイルは端末を含めた全てがセット価格になってるからiPhone SEでも合計金額が安くなる仕組みになってるワケなんだよ。


ワイモバイル公式へ

ワイモバイルの料金プランの内容について

ワイモバイルの料金設定はとてもシンプルで3種類しかありません。毎月のデータ通信量に応じて料金が既に決まっており、スマホプランS/M/Lの中から契約をします。

基本となるデータ量を超えてしまった場合は恒例の通信速度制限がかかって遅くなってしまいますが、高速データを購入できる「チャージ機能」も備えています。スマホ初心者やライトユーザーは最初は一番安いプランを契約して、その後自分に合ったデータ量のプランに変更するといった形もアリですね。

ワイモバイルの料金プラン

また、プラン変更はワイモバイル契約者の「My Y!mobile」やワイモバイルの実店舗、カスタマーセンターの何処からでも変更が可能で手数料は一切かかりません。

ワイモバイルの他にはない一番の特徴が、他社のスマホやケータイや自宅・会社の固定電話へも、1回あたり10分以内の国内通話が、すべて通話料0円。になるというサービスになります。10分超えからかかる料金は30秒/20円と他社の格安SIMと同じになります。

 

通常だと「○分かけ放題」サービスはオプションで別途料金がかかるところも多いっスけど、これもプランに含まれてるのは嬉しいっスよね。


また、他の格安SIMの場合プランの1つとして契約(オプション)が必要なSMS機能が最初から常備なのも嬉しいポイントになります。その他SMSはショートメールだけでなくLINEなどのアプリやSNS系の登録にも使われますので、今後新しいアプリを使う人であれば必須の機能になります。

料金以外にもワイモバイルでおすすめなポイント

ワイモバイルには料金やかけ放題以外にも以下のオススメのサービスがあります。

故障安心パックプラス
シェアプラン
スーパーだれとでも定額
ワイドサポート

これらのオプションは有料になりますが、万が一の故障やサポートにも対処してくれるので、希望する方は好きなオプションだけを付けて自分好みにカスタムしましょう。

ワイモバイルって持込のiPhoneは使えるの?

 

ワイモバイルっていま使ってるiPhoneとかって持込で使えるんスか?


ワイモバイルはSIMカードのみの申込みも可能で最新iOSにも対応しているので、今使ってるiPhoneもワイモバイルで使えますが、基本使えるのはSIMフリー版もしくは、SoftBank版のSIMロック解除iPhoneとなっています。


ワイモバイル動作確認一覧ページより

SIMフリー iPhone 7 Plus
SIMフリー iPhone 7
SIMフリー iPhone SE
SIMフリー iPhone 6s Plus
iPhone 6s Plus(SoftBankSIMロック解除版)
SIMフリー iPhone 6s
iPhone 6s(SoftBankSIMロック解除版)
SIMフリー iPhone 6
SIMフリー iPhone 5S※

2017年6月調べ

SIMフリーiPhone5sはモデル番号A1453で動作確認されています。

上記のことから、いまご自身が使っているiPhoneを格安スマホとして使いたい場合は、ワイモバイル以外の「楽天モバイル」や「マイネオ」といったMVNOを使うしかありません。

楽天モバイル公式ページを見てみる

マイネオ公式ページを見てみる

ワイモバイルでセット購入できる端末

ワイモバイルでセット購入できる端末をピックアップしてみました。全てワンキュッパ割が適用となります。

iPhone SE 32GB/128GB

もはや説明不要の「iPhone SE」ですね。コンパクト且つハイスペックの4インチとして人気があります。僕はカバーは付けない派なのですが、コンパクトなだけにポケットから「スッ」と取り出せてスマート差が気に入ってます。

スマホプランのワンキュッパ割で月額3,218円から運用可能です。申込みレビューもありますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです。

Android oneシリーズ

使いやすさとコスパを重視した人気の「Android one シリーズ」やハイスペックで人気が高い「Nexus」など全10種類が揃っていますので、気になる方は公式ページで確認してみては如何でしょうか?

ラインナップへ

実際に使ったで感じたワイモバイルのメリットについて

個人差はあるかと思いますが、実際に管理人が使って感じたメリットを挙げてみたいと思います。

10分の無料通話はかなり凄い

ワイモバイルのプランはスマホプランS/M/Lが基本です。その全てに「10分間の通話は全て無料」がついています。格安SIMは基本料を安くしようと有料である「かけ放題オプション」を付けない人も多いのですが、ちょっとした仕事の電話や口頭で説明した方が早い時もあります。

その時は少なからず通話料金を気にしてしまいますが、ワイモバイルの10分かけ放題は固定電話への通話も入っているので、かなり便利です。5分かけ放題だと内容を急ぐ時も正直ありますが、10分あれば気持ち的余裕がかなりありますね。

通信速度は速い

当たり前ですが、ワイモバイルは本来の格安SIMと区分けが異なるので、格安SIMよりは安定しています。格安SIMとは比較対象する部分が違うんですよね。

格安SIMも十分に使えますが、ワイモバイルはSoftBankの子会社なので通信回線はキャリア並を誇っています。普段アプリやネット検索をするヘビーユーザー以外は正直格安SIMでもワイモバイルでも支障がないので、聞かれたら「そこまで心配しなくても大丈夫だよ笑」と答えますが、どうしても気にする人はワイモバイルの方が安心かもですね。

実店舗がある安心感はある

僕はまだ実店舗のサポートを使ったことがありませんが、ワイモバイルはMVNOと違って実店舗の数が多いですし、全国展開のヨドバシカメラなども店舗が入っています。

MVNOのサポートは基本電話・メール・チャット機能がメインなので、「即日にどうにかしたい!」には対応できません。イザという時に実店舗に駆け込めるというもの格安SIMにはないメリットですね。

家族で使ってもお得になる

ワイモバイルには「家族割」があり、家族分で使うと2台目以降が毎月500円の割引きになります。キャリアにも同等の家族割はありますが、金額面にフォーカスすると圧倒的に安くなるので、パパさんが使って良いと感じたら家族揃って乗り換えても良いでしょう。

これから中学校や高校へ進学するお子さんを子回線に入れてもいいっスね。

また、5,000円還元のキャンペーンもあります。新規・乗り換えどちらでも対象となってるので、新しくスマホを持たせるお子さんにも良いですね。

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルのデメリットや注意点

どんな格安SIMでも良いことだけではなく、デメリットも存在します。このデメリットの部分は各ワイモバイルや格安SIM会社ごとに異なるので、そのデメリットが自分にとって許容範囲なのかを見極めるのがポイントですね。

縛り(最低利用期間)は格安SIM(MVNO)より長い

ワイモバイルの縛りは24ヵ月でキャリアと同じ契約更新月を過ぎれば自動更新となります。また、格安SIM(MVNO)は音声通話SIMが12ヵ月※1となっていますし、自動更新もありません。つまり12ヵ月を過ぎればいつ解約・MNP転出をしても違約金は0円です。

で、格安SIMのデータSIMは縛りがありません。※2

※1 キャンペーン適用のセット購入の場合24ヵ月の縛りになる場合もあります。
※2 データSIMもキャンペーン時に6ヵ月の縛りがつくMVNOもあります。

ワイモバイルの「スマホプラン」でiPhone SEを申し込んだ場合、初月に頭金があり2ヵ月目以降に分割代金の支払いが始まります。

ということは、契約期間が24ヵ月、支払い期間は25ヵ月となります。

あれ?そうなると契約更新月はいつになるの?」と感じた方もいると思います。僕に最初気になったので、サポートセンターで問い合わせたところ、スマホプランは25・26ヵ月の2ヵ月間が契約更新月となりますので、実質26ヵ月目に他社にMNP転出すれば違約金は0円で乗り換えることが可能です。

申込みの際に先に「今月契約したら契約更新月はいつですか?」も聞いておいてスケジュール帳に記録しておくと良いですね。

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルへのMNP転入(乗り換え)の方法と手順

ワイモバイルのMNP転入方法はMVNOと全く同じになります。ざっと流れを書くと以下の通りです。

1 MNP乗り換えに必要な物を準備する
2 オンラインストアで申込みを行う
3 スマホが届くの待つ
4 回線の切りかえを行う

それでは、簡単に必要なところだけを確認しておきましょう。

ワイモバイルへスムーズに乗り換える前に事前準備をしよう!

基本的な申込みの流れは別ページでも紹介してる通りになります。全部写真付きで解説していますので、ココだと長くなってしまうので後で確認して下さいね。

上記のレビューは新規申込みの場合になりますが、MNP乗り換えはその他に「MNP予約番号」が必要になります。

●ドコモMNP予約番号発行手順

ドコモにアクセス後、「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧]」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から申し込みを行います。

iModeをご利用中の方は、こちらも24時間受け付けで5分程度の簡単な手続きになります。

iモードに接続し、「i-menu」→「お客様サポート」→「お申込・お手続き」→「各種お申込・お手続き」から申込が可能です。

携帯からの場合:151へ電話
一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00-20:00)

●au MNP予約番号発行手順

auの場合、PC・スマホからMNP予約番号を取得することはできません。基本的には電話での取得がオススメです。

現在スマホをお使いの方は、電話での取得が選択肢の中では一番便利です。
一般電話/携帯電話共通:0077-75470へ電話

(受付時間:9:00-20:00)

MNP予約番号は発行から15日の期限があります。契約更新月を狙ってMNPをする場合は、格安SIMの手続きを含め余裕ある日数を取ることをオススメします。

MNP予約番号を入手したら申込みのところで上図のようにMNP予約番号を入力する箇所がありますので、そちらを入力すれば後は流れに沿って申込みを進めるだけとなります。尚、ワイモバイルの場合はMNP予約番号の有効期限が10日以上残っているのが条件になりますので、MNP予約番号を入手したら早めに乗り換えを行いましょうね。

ワイモバイルの初期設定も簡単だよ!

ワイモバイルは申込み後、荷物が送られてきたら自分で初期設定を行います。

え?自分で?」と心配する方もいるとは思いますが、新規購入の場合はSIMカードをiPhone SEに挿入して電源を入れるだけで完了するのでとても簡単ですし、MNPの方もアプリを1つインストールするだけで完了します。

その他のマイページの「My Y!mobile」の登録手順も簡単です。詳しくは「【保存版】ワイモバイルの初期設定を画像つきで解説!」でより詳しく書いているので、そちらを参考にして頂ければなっと思います。

ワイモバイルのまとめ

以上で、ワイモバイルの一通りの解説を終わりにします。

ワイモバイルを簡単にまとめますと、

スマホプランはシンプルでわかりやすい
iPhone SEがキャリアよりも安く使える
通話量が多い人には最適
家族割のキャンペーンが優秀
通信速度は速い
実店舗が多くある
縛りが24ヵ月ある
iPhone SE以外のラインナップが微妙

といったのが僕が実際に使って感じたことです。「Android one」もスペックだけ見ると標準ラインですが、ワイモバイルブランドに偏って、人気のSIMフリースマホ「P10 lite」や「nova lite」といったHUAWEIシリーズがないので、iPhone SE以外を希望する場合は他社での購入になりますね。僕がAndroid端末を買うならばHUAWEIシリーズかZenFone3にしますね。

よって僕の場合ですと、iPhone SEを安く使いたいならワイモバイルがいいよ!という結論になります。購入から180日を過ぎればSIMロック解除ももちろん出来るので、ワイモバイル以降も他の格安SIMを楽しめるといった選択肢の幅があるのも良いですね♪

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルを実際に使って徹底的にレビューしています!|格安スマホ解体新書記事一覧

ワイモバイルでiPhoneSEを実際に申し込んでみたよ! | 格安スマホ解体新書

こんにちは、スマホ部長です。今回はワイモバイルでiPhone SEを新規購入ました。その実際の申込みの流れの全てを写真つきでレビューしたので、これから購入を検討している方は是非参考にして頂ければ幸いです。「ワイモバイル」は、iPhone SEをセット購入できる数少ない事業社です。TVCMでもお馴染み...

【保存版】ワイモバイルの初期設定を画像付きで解説! | 格安スマホ解体新書

ワイモバイルからiPhone SEが届いたら早速使えるようにしてあげましょう!この記事では、ワイモバイルの初期設定と「My Y!mobile」の登録方法を解説しています。どちらも初めての方でも分かりやすいように実際に画像を見ながら紹介していきますので、是非参考にしてください。ワイモバイルの申込み手順...

ワイモバイルでiPhoneは使えるの?|格安スマホ解体新書

「いま使っているiPhone6やiPhone6sをそのままワイモバイルで使いたい。」という人も多いかと思います。この記事ではそんな持込みのiPhoneが使えるのか?について解説してます。先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へワイモバイルでiPhoneは使えるのか?まず、結...

「iPhone SE」ワイモバイルとUQモバイル徹底比較! | 格安スマホ解体新...

4インチでお馴染みの「iPhone SE」ですが、現在(2017年7月)ではワイモバイルとUQモバイルでセット販売を行っています。どちらとも1,980円プランといったサービスを提供しているのですが、「いったいどっちが安く使えるの?」って疑問に感じた方も多いでしょう。この記事ではそんな「iPhone ...

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンの設定手順 | 格安スマホ解体新書

こんにちは、スマホ部長です。今回はワイモバイルが行っている「データ量2倍キャンペーン」について解説していきます。現在(2017年7月)ワイモバイルではキャンペーンの1つに毎月のデータ量が2倍になるキャンペーンが実施されています。キャンペーンの終了期限は未定。ワイモバイル申込み時にもチェックを入れるの...

ワイモバイル速度計測 in 奥日光 | 格安スマホ解体新新書

こんにちは、スマホ部長です。今回はワイモバイルで購入した「iPhone SE」を使って奥日光で速度計測をしてきました。標高1,000mの明智平や中禅寺湖などではどんな速度なのか気になるところですよね。観光プチレビューもありますので、休日のネタ探しにも参考になれば幸いです。ワイモバイルについてや、申込...

ワイモバイルの解約方法について|格安スマホ解体新書

Y!mobileの解約方法について紹介しています。Y!mobileの公式ページでは基本的に直接ショップに出向いての解約手続きを推奨しています。また、近くにショップがない、解約しにいく時間がないという方はカスタマーサポートから解約の意思を伝え、解約書類の郵送などで解約するといった方法が取られています。...

ワイモバイルならガラケーも格安で使えるよ! | 格安スマホ解体新書

ワイモバイルは格安スマホの他にガラケーも豊富に取り扱っています。通話に特化したガラケーは未だ人気ですね!今回はワイモバイルのガラケーについて紹介します。とりあえず先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へワイモバイルはガラケーも契約できるよ!ワイモバイルは格安スマホ、タブレッ...

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換える方法 | 格安スマホ解体新書

初めてワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えたい時、どういった手順を踏んで手続きをすればいいのか知っておきたいですよね。今回はワイモバイルに乗り換えるための方法について詳しく解説してみます。ワイモバイル(Y!mobile)はMNP乗り換えに対応している会社になりますので、キャリアからワイモバイル...

ワイモバイルのAPN(初期設定)について|格安スマホ解体新書

格安SIMが手元に届いたら一番最初に行う作業は「APN設定」と呼ばれる初期設定になります。この初期設定はスマホが何処の電波を受信するのかを決める設定なのです。そんなワイモバイルの初期設定について詳しく解説していきます。先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へ:目次:格安SI...

ワイモバイルでLINEは使えるのか? | 格安スマホ解体新書

実はワイモバイル(Y!mobile)は格安SIMの中でも特殊な立ち位置になります。楽天モバイルやマイネオといった格安SIMの利用については年齢認証といった問題がありますが、ワイモバイルであれば特に問題ありません。今回はそんなワイモバイルでLINEの利用について詳しく紹介していきます。結果から先になっ...

ワイモバイルの学割サービス | 格安スマホ解体新書

学生の方がY!mobile(ワイモバイル)を契約する時に気になるのが学割だと思います。学割サービスを使えば通常の契約よりも安くお得に契約することができるので気になりますよね。今回はそんなワイモバイルの学割サービスについて詳しく調べてみました!先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイ...

ワイモバイルの解約金(違約金)について | 格安スマホ解体新書

ワイモバイルを契約してまだ2年間使ってないけど、解約金(または違約金)を支払っても他社へ移りたいという方もいるでしょう。今回はそんな時にかかるワイモバイルの解約金(違約金)について詳しく解説しています。先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へワイモバイル解約前に確認しておく...

ワイモバイルの通信速度と口コミについて | 格安スマホ解体新書

ワイモバイルを契約する時に気になるなるのが通信速度といった電波状況になりますよね。いくら毎月の使用料金が安くなるからと言っても使えなければ意味がありません。今回はそんなワイモバイルの電波状況や通信速度、口コミをまとめてみました!先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へY!m...

ワイモバイルで購入可能のNexusシリーズ | 格安スマホ解体新書

Android端末のNexusシリーズは安定した人気があり、言わばAppleで言うiPhone的存在になります。今回はワイモバイルで購入できるNexusシリーズの魅力について解説していきたいと思います。この記事を読めばなぜ人気なのか分かりますよ。先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。Y!m...

ワイモバイルのシェアプランについて | 格安スマホ解体新書

同じ回線を複数端末で使用できるのがシェアプランになります。1つの契約で済んでしまうと言う便利さやトータルコストが安く済むといったいったメリットも嬉しいポイントですよね。今回はそんなワイモバイルのシェアプランについて丁寧に解説していきます。先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公...

ワイモバイルの光おトク割がおすすめ理由 | 格安スマホ解体新書

突然ですが、ワイモバイルの光おトク割をご存じですか?ワイモバイルをお得に契約することができるキャンペーンになります。今回は、ワイモバイルの光おトク割について詳しく紹介します!先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。ワイモバイル公式へワイモバイルの光おトク割ってなに?ワイモバイルでは取扱のスマ...

ワイモバイルのキャッシュバックについて | 格安スマホ解体新書

キャリアではお馴染みだったキャッシュバック制度ですが、総務省のお達しにより「実質0円」や高額キャッシュバックは今では禁止されています。ワイモバイルはキャリアと格安SIMの中間といった位置づけになりますが、現在ワイモバイルではキャッシュバックは行われているのか?という内容に今回説明したいと思います。先...

ワイモバイルにキッズケータイはあるの? | 格安スマホ解体新書

小学生のお子さんに持たせるのが多いのがキッズケータイになります。ソフトバンクブランド的な位置づけのワイモバイルですが、キッズケータイ(スマホ)の取扱はあるのでしょうか?今回は子供に安心して持たせることができるキッズケータイについて詳しく紹介しています。ウチの子も小学校4年生〜6年生の間はキッズケータ...