30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > ワイモバイルで購入可能のNexusシリーズ | 格安スマホ解体新書

Ymobile(ワイモバイル)で販売されている格安スマホ・Nexus(ネクサス)シリーズ

 

Android端末のNexusシリーズは安定した人気があり、言わばAppleで言うiPhone的存在になります。

今回はワイモバイルで購入できるNexusシリーズの魅力について解説していきたいと思います。この記事を読めばなぜ人気なのか分かりますよ。


先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

Googleスマホ・Nexusシリーズの特徴は?

Googleは今までに端末メーカーとの共同開発によってNexus(ネクサス)シリーズをリリースしてきました。

Y!mobile(ワイモバイル)を契約するに当たってNexusシリーズが中でもおすすめされており、どんな特徴があるのかチェックしておきましょう。

Nexusシリーズでは、最新のAndroid OSがいち早く利用できる

Androidのリードデバイスとして常にアップデートされ続けるのがNexusシリーズのメリットです。「究極のAndroid体験を」ということで、2年間〜3年間程度は最新のOSをいち早く利用できます。

セキュリティのアップデートだけではなく毎年変化するOSの仕様にも対応している
2013年のNexus5は当初Android4.4だったのに対して2016年の現在ではAndroid6.0.1まで更新している
最速のバージョンのAndroid 6.0 Marshmallowが手に入れた瞬間から使用できる

このような特徴があり、最新のOSを使いたいユーザーにとってNexusシリーズはベストな選択肢です。

既にAndroidはスマートフォン市場の中でも圧倒的なシェアを誇っていますが、キャリアで販売されている多くの端末はアプリへの対応が難しいという理由であまりOSは更新されません。

一方でNexusシリーズは常にアップデートされますし、これが他社から乗り換える方が多い理由の一つです。

Nexusシリーズは適度にスペックが高く、利用しやすい

時系列で見ると、Nexus Oneは2010年の1月に販売され、Nexus 5は2013年の11月Nexus 6は2014年の11月とバージョンアップしてきました。

Nexus One:HTC
Galaxy Nexus:Samsung
Nexus 4:LG
Nexus 6:モトローラ

上記のように端末によって製造しているメーカーが異なるものの、適度にスペックが高くて利用しやすいスマホなのが大きなメリットです。

ミドルスペック程度なので性能はそれなりに高いですし、快適に動作するので不便さを感じることはありません。

「Nexus 5Xは基本機能だけでアイコンがシンプル」「Nexus 6Pはカメラ周りに独特なデザインを設けている」と差別化がなされているのも特徴です。

Nexusシリーズには弱点もある

どの機種にも該当する話かもしれませんが、Nexusシリーズにも弱点があります。

新規契約や乗り換えを考えている方はどのようなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

Google自身の事業がハードウェアではないのでサポート拠点を構築できていない
データ利用量を抑えると最大容量が32GBなので心もとない
microSDカードを使用できず、動画を撮影したり音楽を保存したりという方には物足りない
日本のグーグルストアで値段を見てみるとアメリカよりも圧倒的に高い

端末の容量を使用状況によって16GBと32GBの2種類から選択できるものの、microSDカードを使えないので32GBでも満足できないかもしれません。

これがNexusシリーズの最大の弱点で、これからどのように改善されていくのか期待したいところです。

現在ワイモバイルで販売されているNexusシリーズは?

Y!mobile(ワイモバイル)から販売されているNexusシリーズについて以下ではまとめてみました。

Nexus 5Xは、Nexus 5の後継機でフルHD

Y!mobile(ワイモバイル)のNexus 5XはNexus 5の後継機に該当し、「シンプルに」「使いやすく」という点を重要視して作られています。

テザリングが使用できる
SIMを差し替えるだけで端末を変更できる
液晶画面はフルHDディスプレイで綺麗
カメラ性能が向上している

上記のような特徴があり、Nexusシリーズのメリットである最新のAndroidの利用は当然のように可能です。また、5インチスマートフォンではなく、フルHDディスプレイによって新しい写真や動画機能で大切な瞬間を逃さずに思い通りに撮影できます。

しかし、Y!mobile(ワイモバイル)のNexus 5Xは2GBのメモリしか搭載されておらず、アプリをたくさん開いた際に動作性能が落ちるかもしれません。通常の用途では特に不便さを感じることはないかもしれませんが、「メモリが3GB以上のスマホが良い」という方は注意してください。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

Nexusに準ずる存在・Android Oneの507SH

Y!mobile(ワイモバイル)ではAndroid Oneの507SHが販売されており、Nexusに準ずる存在だと言われています。

発売から最低1年6ヵ月間は最新のOSへとバージョンアップが可能
ワンセグや防水防塵など日本人向けに調整されている
135gと軽量なので持ちやすくタップ操作がしやすい
ディスプレイのガラスはGorilla Glass 4を採用している
約1,310万画素のメインカメラは光量の少ない場所でも明るく撮影可能

Nexusシリーズとは少し異なりますが、現在最も注目を集めているのがAndroid Oneの507SHと言う端末になります。

Nexusシリーズよりも価格が安く、ネスサスシリーズと同様の最新OSに対応しているのがAndroid Oneシリーズです。507SHはワンセグや防水防塵に対応しているなど、日本人向けに調整されているのが特徴です。

実際は端末の価格が安いのがAndroid Oneの特徴でもありますが、507SHは5万円台とハイスペックな事もあってそこまで安くはありません。独自機能に魅力を感じる方であれば507SHはオススメですが、そうでない方は性能面や価格面ではNexus5をおすすめします。

どちらもY!mobile(ワイモバイル)の人気機種なので、自分の用途に合ったスマホを選択しましょう。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

Ymobile(ワイモバイル)で販売されている格安スマホ・Nexus(ネクサス)シリーズのまとめ

Y!mobile(ワイモバイル)は通話無制限がついていながら価格が安く、他の格安スマホと比べて見劣りしません。

中でもNexus(ネクサス)シリーズには力を入れており、今後も新しいバージョンの販売を行っていくと予想できます。

音声通話やネット接続がセットになっていてプランが分かりやすい スマホプランSへと加入すれば月額料金は2,980円という圧倒的な安さ 定期的に学生を対象としたキャンペーンが行われている 1ヶ月間で300回まで国内の無料通話が可能

上記のようなメリットを持つ格安SIMがY!mobile(ワイモバイル)なので、Nexus(ネクサス)シリーズの利用を検討してみてください。

ワイモバイルの公式ページを見てみる