30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > ワイモバイルのキャッシュバックについて

ワイモバイルにキャッシュバックは今でもあるのか?

 

キャリアではお馴染みだったキャッシュバック制度ですが、総務省のお達しにより「実質0円」や高額キャッシュバックは今では禁止されています。

ワイモバイルはキャリアと格安SIMの中間といった位置づけになりますが、現在ワイモバイルではキャッシュバックは行われているのか?という内容に今回説明したいと思います。


先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルでキャッシュバックは行われているのか?

ちょっと前までは頻繁に行われていたキャッシュバックですが、国の指導により最近はめっきり見なくなりましたよね。格安SIM業界では正直な所キャリアより規制は厳しくなく、サイクル的にキャッシュバックを行っているMVNO会社も存在します。

ワイモバイルはキャリアと格安SIMの中間の位置づけになる珍しいスマホ会社ですが、キャッシュバック事情はどうなっているのでしょうか?それでは見て行きましょう!

ワイモバイルでは現在キャッシュバックは行われていない

ワイモバイルでは現在キャッシュバック等のキャンペーンは行われていません。代理店によってはドコかしらでやっているかもしれませんが、ネット上の情報を見てもあまりそいうった情報は見かけませんね。

国の規制が年々厳しくなってきているので、今行っている店舗も今後は無くなって行くと予想されます。

ワイモバイルの親会社のソフトバンクでも現在キャッシュバックを行っている店舗はほとんどありません。格安SIM会社ではまだ一部で現金還元するといったMVNOも存在します。

どちらかと言うと、現金の代わりにAmazonギフト券や端末代を半額以上値下げしたり、毎月の基本使用料を6ヵ月数百円引きといったキャンペーンは頻繁に行われています。現金で返ってくる訳ではありませんが、実質その分を割り引いてくれるので、ユーザーにとっては意味のあるキャンペーンだと思っています。

ワイモバイルでは現在キャッシュバックではなく、グッズや商品券が当たるキャンペーンをメインで行っています。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

多くは月額料金の割引や通信量増がメインとなっている

上記でも少し触れましたが、キャッシュバックや一括0円サービスは減ってきた代わりに通信量が増量されたり、月額料金を割引するといったキャンペーンが目立ってきています。

キャッシュバックで現金がもらえたりするのは勿論お得ですが、月額料金の割引であれば毎月の支払いを抑えられるのでこういったサービスはとても魅力的だと言えますよね。

端末の価格は上がってしまいましたがそれは何処も同じになります。ワイモバイルではSIMフリー端末を利用することができるので、安い端末を購入しつつ、SIMカードのみを契約することによって、出資は抑えるかとができます。

また、キャリアからの乗り換えであれば、解約前にSIMロック解除をしておくとワイモバイルのSIMカーでで利用できる可能性がありますので、事前に対応端末になっているかどうか確認しておくと良いでしょう。

ワイモバイルでは今、どんなキャンペーンが行われているのか?

現在、ワイモバイルではどんなキャンペーンが行われているのでしょうか?それでは一緒にチェックしてみましょう!

最初の1年は「ワンキュッパ割」で月額料金が1,000円割引き

ワイモバイルでは初めの1年間は通常のスマホプランの「スマホプラン割」に加えて、1,000円ほど毎月月額料金が割り引かれる「ワンキュッパ割」というキャンペーンが行われています。

スマホプランは、プランS(1GBプラン)で例えると、本来は月額3,980円のプランを初めの2年間だけ2,980円で利用できるお得なサービスです。これに加えて、ワンキュッパ割は更に1,000円分割り引かれますので、1,980円で1年間利用することが可能という訳です。

スマホプラン割引きは本来2年間限定の割引きでしたが、現在は長期利用割引のスタートによって3年目以降も同額で利用可能となっています。つまり、スマホプランSであれば2年目以降でもずっと2,980円で利用できるということになります。

キャリアでは新規の乗り換えユーザーに特化したキャンペーンばかりを打って、長期利用者には特にメリットがないですが、ワイモバイルの様に長期利用者にも安く提供してくれるのは嬉しいですよね。

月額料金が安いと、多少高価な端末を分割払いで購入しても、支払い額をある程度抑えることが可能です。ワンキュッパ割はハイスペック端末が欲しいという方にもオススメですね。

ワンキュッパ割を見てみる

ヤフープレミアム会員だとデータSIMが割安になる

データSIMプランは、Yahoo!プレミアム会員であれば月額料金が割引きになります。そもそもワイモバイルのデータSIMがスタートしたのは2016年8月で現在月額料金980円となっています。

Yahoo!プレミアム会員であれば、月額料金は500円です。ただしプレミアム会員の月額料金は462円ですので、実際の合計金額にはあまり変わりがありません。ワイモバイルのデータSIMを使うのであればプレミアム会員に入っていた方がお得になります。

個人的には、データSIMであればマイネオがオススメなので、SIMフリー端末以外で手元に残っているドコモ版やau版のスマホを格安スマホとして復活させたいのであればマイネオが良いでしょう。

マイネオの公式ページを見てみる

ワイモバイルはSIMフリー端末しか使えないのがちょっと残念ですね。

もしもソフトバンクに戻る時は、手数料が無料になる

ワイモバイルを実際に使ってみて、結果ソフトバンクに戻りたいという方は、1年間ワイモバイルを契約していればMNP手数料やソフトバンクの初期費用、解約金といったのが全て0円になります。

ワイモバイルからドコモやauへの移行は対象になりませんが、もしソフトバンクへ再度移行するのであれば覚えておくと良いでしょう。

まとめ

ワイモバイルにはキャッシュバックといったキャンペーンはありません。ですが、たまに公式サイトでは端末の在庫処分として一括0円や5,000円程度の割引きで販売されることがありますのでたまにチェックしておくのも良いでしょう。

キャッシュバックについては、今後減る事はあっても増えることがありません。

キャッシュバックの代わりに月額料金の割引やデータ量の増額といったキャンペーンは常に行われておりますので、そちらを検討してみていかがでしょうか?

ワイモバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら