30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > ワイモバイルのAPN(初期設定)について

ワイモバイルのAPN(初期設定)について見てみよう

 

格安SIMが手元に届いたら一番最初に行う作業は「APN設定」と呼ばれる初期設定になります。この初期設定はスマホが何処の電波を受信するのかを決める設定なのです。そんなワイモバイルの初期設定について詳しく解説していきます。


先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

格安SIMを使う時に行う「APN設定(初期設定)」ってなに?

そもそも「APN設定」とは、アクセスポイントネームの略語で、要はそのブランドの電波を拾う「基地局」になります。

3キャリアと呼ばれるドコモ、au、SoftBankで契約した端末は既に契約した時点でAPN設定が完了してある状態なので、自分でこの初期設定をしたことがないハズです。ワイモバイルを含めた格安SIM会社の場合、「SIMフリー端末」「キャリアの端末」「SIMロック解除をした端末」のいずれかを使うことになります。

また、セット購入をした際は「SIMフリー端末」になります。セット購入をしたSIMフリー端末はその「基地局」が初期状態で未設定になっているので、APN設定を行ってあげます。

どちらにせよ、格安SIMの購入にあたっては、契約先(ワイモバイルや楽天モバイルなど)のサーバーにちゃんと接続するようにAPN設定をする必要があるのです。「SIMフリー端末」の場合は、元々格安SIMで使うことが前提の設定になっていますので、有名処の会社ではプリインストールされているものありますので、選択するだけでOKの場合が多くなっています。

キャリア端末や、SIMロック解除した端末は以前の設定になっているので、そのまま格安SIMを挿してもエラーとなり、データ通信を使うことができません。また、ワイモバイルは独自の回線を持つ「キャリア」でもありますから、元ドコモの端末→ドコモ回線を使っているMVNOというワケではありませんので、少しややこしい設定になっています。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

ワイモバイルのAPN設定について

ワイモバイルは、その他の格安SIM会社と異なる点は全国に1,000店舗以上にある実店舗数になります。APN設定は難しい設定ではないのですが、聞き慣れない言葉なのであまり機会に詳しくない方が耳にすると、不安を感じてしまうかも知れませんね。

そういった方は、身近にあるワイモバイルショップで契約手続きをした方が安心です。セット端末を同時に購入すればAPN設定済みの端末を渡してくれます。また、SIMフリー端末は自分で用意しても、その時一緒に持参すればAPNの設定に対応してくれるのでAPN設定が全く分からなくても問題ありません。

オンラインショップでの申込みの場合は、端末やSIMカードが届いたら自分でAPN設定を行います。この初期設定は必ず最初に1回だけ行う作業なので、何処の格安SIM会社のホームページにもとても分かりやすい設定手順が掲載されています。

Androidはコチラのページで詳しく紹介されていますので、購入の際は参考にすると良いでしょう。

ワイモバイルでiPhoneを使う時のAPN設定について

ワイモバイルでiPhoneを使う時のAPN設定はとても簡単で、専用のプロファイルをインストールするだけで完了となります。設定手順は、

1.ご利用の iPhone を、次のいずれかの手順でインターネット接続します。

モバイルデータ通信を使用する場合
下記の手順で、モバイルデータ通信を有効にします。

設定 > 一般 > モバイルデータ通信 をオン

Wi-Fi を使用する場合
下記の手順で、Wi-Fi に接続します。

1. 設定 > Wi-Fi をオンにする
2.[ネットワークを選択]で利用する
  ネットワークをタップする。
3. パスワードを入力する。

2.iPhone のSafari ブラウザで下記の構成プロファイルのリンクをタップします。

構成プロファイルがダウンロードされると、自動的にAPN が設定されます。

以上で、構成プロファイルを使用して APN を設定する手順は完了です。

ワイモバイルの公式ページを見てみる