30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > ワイモバイルの通信速度と口コミについて

Y!mobile(ワイモバイル)の電波は安定してる?口コミで検証!

 

ワイモバイルを契約する時に気になるなるのが通信速度といった電波状況になりますよね。いくら毎月の使用料金が安くなるからと言っても使えなければ意味がありません。

今回はそんなワイモバイルの電波状況や通信速度、口コミをまとめてみました!


先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

Y!mobile(ワイモバイル)は独自回線?

ソフトバンクの格安SIMサービスとして名高いのがY!mobile(ワイモバイル)で、契約するに当たってどんな電波や回線を使っているのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

Y!mobile(ワイモバイル)は2014年の8月に旧イーモバイルと旧ウィルコムがソフトバンクに吸収合併されており、一般的なMVNO(仮想移動体通信事業者)とは違ってキャリアから回線を借りることなく自社の独自回線でサービスを提供しています。

旧イーモバイルエリア
旧ウィルコム
ソフトバンクエリア

この3つを合わせた回線を使っているので、サービスエリアが日本全国をワイドにカバーしているのがメリットです。

格安スマホや格安SIMの中でも異彩を放っているのは間違いなく、豊富な料金プランも合わさってY!mobile(ワイモバイル)は人気を得ているのではないでしょうか。

大手から乗り換えるとY!mobile(ワイモバイル)はお得!

Y!mobile(ワイモバイル)は大手のキャリアから乗り換えるとお得なキャンペーンが幾つも実施されています。

契約解除料や番号移行手数料が無料となる「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」
他社からの乗り換えでデータ通信容量が2倍となる「データ容量2倍キャンペーン」
MNPや契約変更で一括購入できる「新ケータイのりかえキャンペーン」

期間限定と設定されているキャンペーンが多く、既に終了してしまったサービスもあります。しかし、基本プランへの乗り換えで適用されるのでハードルは低いですし、月額料金の安さや無料通話の強み、回線の安定さに魅力を感じている方にはY!mobile(ワイモバイル)がおすすめです。

最近のキャンペーンは公式ページでチェックしてみましょう。

ワイモバイルの公式ページを見てみる

Y!mobile(ワイモバイル)の電波とは?

スマートフォンを日常生活で使用するに当たり、電波の品質が悪いと快適に通信できないことがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンドのプラチナバンドと呼ばれる独自回線や高速ネットワークを使っているからなのか、電波の満足度が非常に高いのです。

スマホ通信エリアは「ソフトバンク」+「旧イーモバイル」なので、日本全国をワイドにカバーしてくれます。

Y!mobile(ワイモバイル)の電波の特徴!

以下では、Y!mobile(ワイモバイル)の電波が他の会社と違ってどのような特徴があるのか幾つか挙げてみました。

 

山や地下鉄などを含めてほぼ100%の人口をカバーしている
通信エリアが広く全国各地でストレスを感じることなくスマホを使える
ソフトバンクの提唱している900MHz帯を使ったプラチナバンドで快適に繋がる
高速通信の4Gに対応しているので通信回線のスピードが速い

 

「広い」「速い」という特徴があり、ストレスなくスマホを使いたいと考えているユーザーにおすすめです。

ただし、全国どこでもインターネットの高速通信ができるというわけではありません。「繋がる」というのは電話のエリアの話で、LTEの電波は山間部では繋がらないことがあります。

街中に住んでいる人にとっては関係のない話ですし、これからインターネットの高速通信が可能なエリアが拡大する可能性もあるので期待して待ってみてはいかがでしょうか。

Y!mobile(ワイモバイル)の電波の口コミ

次に、Y!mobile(ワイモバイル)の電波に関する口コミをまとめたので、どんな意見が出回っているのか確認してみてください。

<20代男性 Lさんの口コミ>

山間部で使ったことはないので何とも言えませんが、屋外ではとりあえずLTEで繋がるという感じです。独自回線を使っているだけあって電波の質はかなり高いですし、Y!mobile(ワイモバイル)で特に不便さを感じたことはありません。私は様々な特典があって割安に乗り換えられることが分かったのでNexusにしました。スペックに関しては申し分ありませんし、余計なアプリが最初から入っていないので助かります。

<30代女性 Sさんの口コミ>

私は職場の休憩時間で暇な時にスマホをいじるという使い方をしています。同僚のドコモとauはLTEが繋がるのに対して、私のY!mobile(ワイモバイル)だと3Gになって回線速度が少し遅くなるのです。遅いSIMと比較すれば数倍程度の速度が出ているような気はするものの、「電波で選ぶのであればナンバーワン」とまではいかない会社だと思いました。「LTEが繋がらなくなってイライラしている」という意見もありましたし、今後の改善ポイントかもしれません。

<20代男性 Aさんの口コミ>

Docomoやauなど3大キャリアと電波や回線の質がそこまで変わらないのにも関わらず、プランSで月額2,980円で済むY!mobile(ワイモバイル)に魅力を感じて私は乗り換えました。3大キャリアを使っている人の平均額は7,000円で、2分の1以下というのはありがたいです。イメージしていた通り早さも繋がりやすさも問題なく、このままワイモバイルを使っていきます。

<10代女性 Uさんの口コミ>

「ブチブチと電波が途切れるのでは?」というイメージがあり、購入を戸惑っていた理由です。昔の印象が強かったからかもしれませんが、実際にY!mobile(ワイモバイル)を試してみて安心のネットワークだと分かりました。ソフトバンクが運営しているプラチナバンドを使っているのが大きな理由で、公式サイトからお住まいの場所に合わせた電波状況をチェックできます。お試しプログラムも嬉しいサービスの一つで、学生の私にピッタリです。

Y!mobile(ワイモバイル)の電波を知っておこう!まとめ

以上のように、Y!mobile(ワイモバイル)の公式ホームページや口コミの評判で記載されているように、使われている回線は質が高いので電波は安定しています。

日常生活で使う分には全くストレスはありませんし、場所による違いはあっても基本的には問題ないようです。

それに、室内での電波状態を改善したいと考えているお客様のために、Y!mobile(ワイモバイル)ではホームアンテナレンタルサービスが用意されています。

1 手軽にレンタルして自宅に導入できる
2 電源コンセントを繋ぐだけで設置可能
3 屋内での通話や通信が安定する

ホームアンテナレンタルサービスにはこのような特徴があり、ケータイ(PHS)専用ですが必要に応じて利用してみてください。

ワイモバイルの公式ページを見てみる