30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書BIGLOBE SIM > BIGLOBE SIMを詳しく解説!

BIGLOBE SIMを徹底検証

 

BIGLOBE SIMは他社にはない6GBプランなどを扱い月額2,000円以内で高速通信が利用でき、頻繁に行われているキャンペーンを使えば最大3ヵ月月額料金が無料で使えます。

また、他の格安SIMと違ったサービスも提供しているので、そんなBIGLOBE SIMの魅力を見ていきましょう。


とりあえず公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMとは

BIGLOBE SIMとは、ドコモ回線を使った格安SIM(MVNO)会社になります。通信系では特に有名な会社ですが、BIGLOBE SIMが提供する格安SIMは他社と異なった独特のサービスを提供しています。

他社にはない6GBプランもあり、月額2,000円以下で高速データ通信の運用も可能。また、月額利用料金が3ヵ月無料になる。といったキャンペーンも頻繁に行われています。

最大の強みは、「BIGLOBE Wi-Fi」というWi-Fiスポットの利用でき、本来であれば1ライセンス250円かかりますが、ライトSプラン(6GB)と12ギガプランの契約であれば無料で使うことが可能です。

気になる通話料金も「BIGLOBEでんわ」というアプリを使えば通話料が半額になるもの嬉しいポイントですね。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMの料金プラン

BIGLOBE SIMの料金プランはシンプルで、全て高速データ通信対応の3GB「エントリープラン」、6GBの「ライトSプラン」、大容量の12GBの「12ギガプラン」の3つがそれぞれ、音声通話SIMとデータSIMの2種類があります。

他の格安SIM会社では6GBプランがありません。これまでキャリアで旧プランの7GBをお使いの方は従来の使い方と同じになるため、感覚的に使いやすいかと思います。

また、6GBのライトSプラン以上であれば、間近72時間の通信速度制限がなく、1つの契約で複数のSIMカードの発行も可能なので、使い道の幅が広がるのも人気になります。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMのおすすめポイント

それでは、BIGLOBE SIMのおすすめポイントを紹介したいと思います。主に注目する点は6GB以上のプラン、無料Wi-Fiスポット、IP電話サービスの「BIGLOBEでんわ」になります。

6GBライトSプランと12ギガプランの特徴

「6GBライトSプラン」と「12ギガプラン」とこの2つのプランは、通常間近72時間以内のデータ通信量が各社指定の量に達した際、通信制限がかかりますが、BIGLOBE SIMのこの2つのプランには通信制限がかけられていません。好きな分だけ使うことが可能ですが、あまり使い過ぎると一気にデータ量が無くなってしまいますので、その辺りはバランスになります。

また、複数のSIMカードも発行が可能で、ライトSプランで最大3枚、12ギガプランで最大5枚のSIMカードが利用可能です。1つの契約で複数端末を使いたい方は重宝しますね。

その他、BIGLOBE SIMのキャンペーンはライトSプラン以上が対象になっている事が多く、キャンペーン内容は3ヵ月間の基本使用料が無料といったお得なキャンペーンを実施していますので、チェックしてみましょう。

ライトS、12ギガプランはBIGLOBE Wi-Fiスポットが無料

BIGLOBE Wi-Fiとは、全国に77,200箇所あるWi-Fiアクセスポイントです。ライトS、12ギガプラン以上であればこれらのWi-Fiアクセスポイントを無料で使うことが可能です。

無料だけでなく「EP方式」接続も採用され、セキュリティの強化と接続時間の短縮も可能になりました。EAP方式は増築された新しいWi-Fiポイントでしか使えませんが、専用アプリの「オートコネクト」を使えば、モバイル通信からWi-Fiスポットにネットワークを切り替える際に行う面倒なログインなどをスキップさせることができ、自動接続になるので、よりWi-Fiスポットの利用が便利になりますね。

「BIGLOBEでんわ」を使えば国内通話が半額

「BIGLOBEでんわ」はスマホからの国内通話が半額になる通話アプリになります。BIGLOBE SIMの通話SIMを利用している格安スマホで「BIGLOBEでんわ」専用アプリをダウンロードして使えば、国内通話は30秒10円と従来の半額で利用可能となります。月額基本料は無料。

BIGLOBEユーザーであれば月額200円割引き

既にBIGLOBEの光通信やADSLと契約済みであれば、月額200円の割引きになります。大手プロバイダーが提供している格安SIMはこういった、月額割引きサービスを行っていることが多いです。こういった恩恵を受けられるのであれば同系列のMVNO会社を選ぶと良いでしょう。

「あんしんスマホセット」や「おまかせスマホセット」などで初心者にも安心

主に初心者向けのオプションサービスになりますが、セット購入したSIMフリー端末が故障した際の交換や、設定が分からない時に遠隔でサポートなどを行ってくれるサービスになります。周りに詳しい人がいない時は心強いサービスになりますね。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMで注意したいポイント

次にデメリットと言うか、使う上で注意しておきたいポイントをまとめました。どの格安SIM会社にもデメリットは存在します。こういったポイントもしっかり抑えて、自分の許容範囲なのかを見極めるのが大切ですね。

音声通話SIMのエントリープランは72時間内の通信制限あり

間近3日(72時間)の通信量の制限が指定の容量に達すると回線速度が落ちます。3GBのエントリープランは600MBに達した時、通信速度が制限される場合があります。どちらかと言うと、この3日間の通信制限がある方が普通になります。

BIGLOBE SIMは、ライトSと12ギガプランの場合はこの72時間以内の通信制限がありません。

音声通話SIMは最低利用期間が12ヵ月と少し長い

格安SIMの音声通話SIMにはキャリアと同じ、「縛り」と呼ばれる物があります。BIGLOBE SIMの音声通話SIMの最低利用期間は、サービス開始からサービス開始月の翌月を1ヵ月目として、12ヵ月目まで利用する必要かあります。

この期間以内に解約もしくは、他社へMNPした場合、8,640円(税込)のサービス契約解除料(違約金)が発生します。格安SIM会社の多くはこの縛りが半年を起用しているところが多く、BIGLOBE SIMでは少し長いですね。

高速通信と低速通信の切替機能がない

DMMモバイルSIMなどは高速通信が必要無いと、手動で低速通信に切り替えることで、ムダなデータ通信量を抑えることが可能ですが、BIGLOBE SIMにはこういった故意的に切り替える機能がありません。

ですが、BIGLOBE SIMにはWi-Fiスポットが利用できるといったメリットもありますので、高速データ通信を節約することは可能です。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMの評価や評判について

BIGLOBE SIMは一見他の格安SIM会社と比較すると利点が少ないように感じます。ですが、Wi-Fiスポットが無料で使えるのは意外と多きな利点で、大都市であれば街の至る所にWi-Fiスポットが存在します。こういった積み重ねは意外と大きく、ご家庭にWi-Fiが設置してあれば問題ありませんが、スマホ環境だけであればWi-Fiスポットを利用することで、ダウンロードなど大きなファイルは節約となるでしょう。

また、iPhoneではWi-Fi時のみクラウドバックアップをするように設定が可能なので、Wi-Fiスポットが追加料金なしで使えることはバックアップ時もとても便利です。そして、格安SIMを利用する上で重要なポイントが初期設定時はWi-Fi環境が必須になります。

BIGLOBE SIMであれば、家庭にWi-Fiがなくても「BBモバイルポイント」のWi-Fiスポットで初期設定が可能になります。家庭にインターネット環境がなくても契約後に届く「BBモバイルポイント」で使えるIDとパスワードが記載されているので、「BBモバイルポイント」に行けば初期設定が可能です。

もう一つの人気は他社にない6GBのプランです。毎月の通信量が1,566円〜と格安なうえに業界内の高速通信で最大容量、キャリア時の7GBと同じ程度で使えて月2,000円以内に収まるのが魅力です。

BIGLOBE公式へ

BIGLOBE SIMでセット購入できるおすすめのSIMフリー端末

BIGLOBE SIMで格安SIMと一緒にセット購入できる格安スマホを紹介します。セット購入は一度で契約の全てが完了するので、初心者やキャリアからの乗り換え時にはとても便利です。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite

2016年6月17にファーウェイから発売された「HUAWEI P9 lite」になります。価格帯が約3万となり性能面ではコスパが特に良心的で人気が高いSIMフリー端末として注目を集めています。

5.2インチと定番サイズはもちろん、1920×1080のフルHD解像度、カメラ機能1300万画素、インカメラ800万画素と自撮りも綺麗に撮影可能です。特にバッテリーは3000mAhと大容量なので、頻繁に充電ができないという方には嬉しい容量になりますね。

アシストパックHで端末代金が月額1,240円になります。

HUAWEI P9 liteを見てみ

ASUS ZenFone 2 Laser

説明不要なほどの2015年最も売れたASUS ZenFone 2 Laserになります。BIGLOBE SIMでは限定のアクアブルーを取り扱っています。アシストパックFが対象となっており、端末分割支払い月1,242円で利用可能となります。

ZenFone 2 Laserを見てみる

arrows M02

富士通のarrows M02は日本語変換エンジン、大容量バッテリー、クリアな通話機能、高品質カメラを搭載した2015年下半期no.1端末になります。

また、防水機能や耐久性に優れ、おサイフケータイ機能を持ち合わせており、ドコモ回線とau回線の両方が使える珍しいSIMフリー端末になります。

また、2016年7月下旬には後継機の「arrows M03」も発売予定となっており、そちらも注目が集まっています。

アシストパックCの利用で端末分割支払金が月1,490円と格安SIMとセット販売が行われています。

arrows M03を見てみる

BIGLOBE SIMのキャンペーン

2017年2月28日まで月額料金が6ヵ月にわたって最大1,000円/月割引きされるキャンペーンを実施しています。

キャンペーン対象端末は以下の通り。

  • ZenFone 3 Max
  • iPhone SE 16GB
  • AQUOS SH-M04
  • ZenFone 3 Laser
  • iPhone 6 16GB
  • ZenFone 3

キャンペーン対象のスマホと一緒にBIGLOBE SIMの音声通話SIMを「ライトS プラン」か「12ギガプラン」で契約すると半年間は安くなりますね!

BIGLOBE公式へ