30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書DMMモバイル > DMMモバイルのAPN設定方法(iPhone編)

DMMモバイルの初期設定を画像つきで解説(iPhone編) | 格安スマホ解体新書

DMMモバイルiPhoneのAPN設定

この記事では「DMMモバイルの申込み方法を画像つきで解説!」で届いたDMMモバイルの格安SIMをiPhoneで初期設定(APN)して使かえるようにしよう!という解説ページです。

実際の手順を画像で見ながらわかりやすく解説しています。

後半では、「DMMモバイルはiPhoneシリーズなら全部使えるの?」「今持っているiPhoneをそのままDMMモバイルで使いたいんだけど?」というよくある疑問についても紹介しています。

DMMモバイル公式へ

iPhoneをDMMモバイルの格安SIMでAPN設定する前にやっておく3つのこと

それでは実際にiPhoneをDMMモバイルのAPN設定を行う前に準備しておくモノを4つ紹介します。

1 Wi-Fi環境の確保
2 DMMモバイルのSIMカード
3 SIM取り出し工具
4 iPhoneの電源はOFFにする

DMMモバイルに限ったことではありませんが、iPhoneを格安SIMでAPN設定する場合必ず構成プロファイルをインストールするので、Wi-Fi環境は絶対です。

 

自宅にWi-Fiがない時はどーすればいいんスか?


 

構成プロファイル自体は軽いアプリだから、家族や友だちにテザリングしてもらうか、無料のWi-Fiスポットを使うのも1つの手段だよ


SIMカードを取り出す専用の工具がない人は「ゼムクリップや画びょう」で代用できます。また、iPhoneの電源はOFFにしておきましょう。ONのままでも作業はできますが、SIMカードのデータが飛ぶといったトラブルもあるので僕は電源OFFでの作業をおすすめします。

まずはSIMカードを挿入しよう!

iPhoneは電源ボタンの下部にSIMカードを挿し込む場所があるのでピンを少し強めに押し込んでSIMスロットを取り出します。後はDMMモバイルのSIMカードを丁寧に取り外し、向きに気をつけて再び戻します。

構成プロファイルのインストール

構成プロファイルのインストールはコチラから専用のダウンロードページに飛びます。この時使用するブラウザは必ずSafariで行いましょう。

上図の写真でもわかるように、インストールページでは画像つきで紹介されていますし、SIMカードが同封されている説明書にも詳しく書いてあるので、初心者の方でも迷うことはないでしょう。

後は流れにそってインストールすればOKです。

構成プロファイルのインストールが完了したら、Wi-Fiを切断してアンテナピクトに4Gの確認ができればOKです。試しにネットに繋いでみましょう。

DMMモバイル公式へ

DMMモバイルのAPN設定が完了したのに繋がらない時の対処方法

上記のように完全にAPN設定が完了したらWi-Fiを切断してちゃんとネット回線に繋がるかを確認します。「4G」や「LTE」が表示されていれば問題ありませんが、試しに何か検索して確認するのが1番早いです。

ここまでの手順通りにやって繋がらない場合は、幾つかの対処方法を試してみましょう。

ネット回線に繋がらない時の対処方法

少し待ってみる
機内モードのON/OFFを切り替えてみる
再起動してみる
データ通信がオフになっていないか確認する
SIMカードを入れ直してみる
構成プロファイルを確認してみる

機内モードのON/OFFの切替や再起動をすることによって、ちゃんと電波を掴んでくれるので少し待ってもダメなようであれば一度試してみましょう。

また構成プロファイルは複数ある場合もありますので、ご自身に該当する正しい物をえらびましょうね。

iPhoneのAPN設定はとても簡単なので、余程のことがない限り上記の方法で直りますが、それでも繋がらない場合は、DMMモバイルのサポートセンターに問い合わせてみましょう。

DMM mobile サポートセンター(10:00~19:00/365日受付)
0120-584-585(契約者用の問い合わせ先)

※発信者番号の通知が必要
※一部IP電話を除く

DMMモバイル公式へ

DMMモバイルで使えるiPhoneシリーズは?

DMMモバイルはドコモ回線を使った格安SIMなので、

・ドコモ版のiPhone
・SIMフリー版のiPhone

であれば、SIMカードを刺しDMMモバイルが提供している構成プロファイルを1つインストールするだけで使えるようになります。

DMMモバイルの公式ページで確認が取れているiPhoneとiOSは以下の通り。

iPhone7 Plus:iOS 11
iPhone7:iOS 11
iPhone SE:iOS 11
iPhone6s Plus:iOS 11
iPhone6s・iOS 11
iPhone6 Plus:iOS 11
iPhone6:iOS 11
iPhone5C:iOS 10.3
iPhone5S:iOS 11
iPhone5:iOS 10.3
iPhone4S:iOS 9.35
iPhone4:iOS 7

※2017年9月11日調べ

 

おぉ〜全種類使えるんスね!


 

公式に記載されているiOSはその端末が確認した時のバージョンだよ。実際に僕もiPhoneSEやiPhone6sを最新バージョンで使っているよ


auやソフトバンクで購入したiPhoneはDMMモバイルで使えるの?

auやソフトバンクで購入したiPhoneも、一部「SIMロック解除」をすればDMMモバイルで使えるようになります。

 

あ、そうなんスね

んじゃ、全部SIMロック解除をすればOKってことっスか?


 

残念だけど、全部のiPhoneがSIMロック解除ができるわけじゃないんだよ


SIMロック解除ができるのは2015年5月以降に発売された端末であり、iPhoneであれば「iPhone6s/SE」移行の端末のみです。

なので、auやソフトバンクで購入したiPhone6sより以前の端末はSIMロック解除ができないためDMMモバイルでは使えません

 

それじゃ、iPhone6s以降のauやソフトバンク版のiPhoneはどうすればいいんスか?


 

上記でも少し触れたけど、格安SIMは同回線であればSIMカードを挿し変えるだけで使えるようになるから、auならau回線の格安SIM、ソフトバンクならソフトバンク回線の格安SIMを使えばいいんだよ


このように格安SIMは同回線のMVNO会社を使うのが基本になりますし、他社同士の目に見えないトラブルのリスクも低くなるので、僕個人的にはSIMロック解除ができるiPhone6sも無理にDMMモバイルを使うのではなく、同回線のMVNOをおすすめします。

au回線を扱う格安SIMで代表的なのは「マイネオ」「IIJmio」「UQ mobile」辺りが有名でおすすめです。

DMMモバイルのAPN設定(iPhone編)まとめ

「APN設定」と聞くと難しそうと感じる方も多いですが、今回の記事を見て意外と簡単だったのではないでしょうか?

特にiPhoneは専用の構成プロファイルを1回インストールするだけなので、とても簡単です。格安SIMを使ったiPhone設定は全て同じ作業なので、DMMモバイルのAPN設定ができてしまえば、もう格安SIMマスターですよ♪

DMMモバイル公式へ