30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書DMMモバイル > DMMモバイルの「バースト機能」ってどんなサービス?

低速時でも助かる!DMMモバイルの「バースト機能」

 

DMMモバイルの「バースト機能」って聞き慣れない言葉だけど、「一体どんな機能なの?」という疑問について詳しく解説しています。


とりあえず公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。

DMMモバイル公式へ

DMMモバイルの「バースト機能」ってどんなサービス?

ついつい動画を見過ぎてしまうと、最初に契約した高速データ通信プランを超えてしまう時があるかと思います。DMMモバイルに限らず格安SIMもキャリアスマホも一定の定められたプランをオーバーしてしまうと、150Mbpsや225Mbpsの高速通信から200kbpsといった俗に言う低速通信しか使えなくなってしまいます。

低速通信時はテキストのみであれば普通に読み込んでくれてストレスは感じませんが、画像が多いサイト、ましてや動画は容量が大き過ぎて視聴は困難になります。1年前まではTwitterやLINE程度なら問題ありませんでしたが、最近で写真や動画をアップする人達が年々増加しているので、もはや200kbpsでは快適なネット閲覧は困難になってます。

低速時にも数秒間だけ速度を回復するのが「バースト機能」

通常の格安SIM会社では、契約したプランのデータ容量を使い切ってしまうと「チャージ」など課金してデータ量を購入するか、低速通信のまま翌月まで待つかの2種類になってしまいます。

DMMモバイルが提供する「バースト機能」は高速データ通信容量の上限を超えてしまった場合でも通信開始の一定時間(3秒〜4秒程度)は自動的に高速通信を行ってくれるので、動画や大量の画像サイト以外であればバースト機能が働いている間に読み込みが&表示が完了します。

「バースト機能」を使ってデータ節約も可能

上記でも触れましたが、バースト機能は「低速通信時に使える機能」になります。ということは、DMMモバイルの専用アプリを使ってLINEやTwitterを使う時は「高速データ通信をOFF設定」に切り替えておけば自動的にバースト機能が働くので高速データ通信量を抑える。といった使い方もできるのです。

最安値のライトプランも選択肢の一つに入れられる

DMMモバイルでは月額440円といったワンコイン以下で格安スマホを使うことが可能です。ですが、ライトプランは高速データ通信はできず、常に200kbpsの低速通信になります。Wi-Fi環境が身近にあればワンコイン以下でスマホ生活を送れますが、外出時には向きません。

ですが、LINEやTwitterといった連絡手段や簡単なやり取りであれば「バースト機能」が働くので使い方が限定の方であればライトプランも使えそうですね。しかし、使える範囲は限られますので、ライトプランを選ぶ時は慎重に選びましょうね!

DMMモバイル公式へ

バースト機能を含めてもう一度料金プランの確認

DMMモバイルはバースト機能が利用できる、業界最多のプラン数を持つ格安SIMブランドです。また、インターネットのみ使える「データSIM」と、音声通話機能付きの「通話SIM」でライトプランを加えるとそれぞれ10通り×2パターンと自分に合った細かい組合せが可能です。

そして、全てのプランは業界最安値をウリにしてるだけあって低価格が魅力となっています。プラン一覧は以下の通りになります。

データSIMプラン

「ライト」が全面に押し出してる業界最安値の金額になりますね。その他も細かすぎてピンと来ない部分もありますが、一番人気の3GBを見てみると、他社よりも平均50円〜100円/月ほど安くなっています。

通話SIMプラン

通話SIMプランも3GBを他社と比較した時、約100円〜200円/月くらい価格を抑えてありますね。また、最大の20GBでも5,980円でこれがキャリアの場合だと5GBとほぼ同じ金額設定になるので、キャリアがいかに高額かが読み取れるかと思います。

DMMモバイル公式へ

「バースト機能」で通信速度はどのくらい変わるの?

低速時にほんの数秒間だけ高速通信になるバースト機能ですが、実際に速度計アプリを使って調べたところ、機能有り無しだと平均50kbpsほど早くなります。条件が良ければ10Mbpsを超えることもありますので、例えでYahoo!のトップページほどであれば問題なく表示されます。

ですが、動画系は常にデータをダウンロードしている状態なのでバースト機能が働いている間にダウンロードが終わらないので、結果途中で止まったり、遅くなったりしてしまいます。

 

いくらバースト機能時に高速データ通信と同じになるからと言っても、ダウンロード時間が長い動画やファイルは無理ってことだね。


DMMモバイルの公式ページを見てみる

バースト機能は使えるのか?のまとめ

以上でDMMモバイルのバースト機能についての説明を終わりにします。

バースト機能はあくまで低速通信の補助的な役割だから過度の期待はしていけません。料金表を見てもわかるように、高速データ通信の1GBとは月額100円しか変わらないので、あえてライトプランを選ぶ必要は無いと僕は考えます。

やっぱり、使い勝手としては高速通信の方がおすすめですよ^^

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる