30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書 > エキサイトモバイル

データ料金は毎月使った分だけ支払う「エキサイトモバイル」を徹底解説

 

毎月決まったデータ量の料金プランではなく、使った分ごとに料金が決まる格安SIM会社「エキサイトモバイル」をご存じですか?

使った分で料金が決まるので、毎月「データが余ってしまった!」、「足りない!」というムダが無く使える段階料金制を採用しているのが最大の特徴になります。このページでは、そんなエキサイトモバイルについて丁寧に詳しくご紹介しています。


エキサイトモバイルは、BB.excite(BBエキサイト)が提供する格安SIMになります。

複数枚の格安SIMをシェア出来るほか、音声通話に対応していて毎月使った分だけを支払う「最適料金プラン」と毎月一定額を支払う「定額プラン」を提供しています。

また、低速時に少し(3〜4秒)だけ高速通信になるIIJ系のバースト機能など定番の機能は備わっていたり、複数枚のSIMカードを追加利用出来るのが特徴で、複数の端末や家族でシェアを希望している人にはピッタリの格安SIMになります。

とりあえず先に公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

エキサイトモバイル公式ページを見てみる

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルには「最適料金プラン」と「定額プラン」の2種類があります。このプランはどちらもSIMカードの利用に対応していて、1枚コースと3枚コースがあります。

3枚コースの場合は、更に2枚まで格安SIMの枚数を増やすことが可能(421円/枚・月)で、1つの主回線のみで複数運用ができるのが人気でもあります。

それではまず、エキサイトモバイルの「ウリ」でもある「最適料金プラン」から見ていきましょう。このプランは利用したデータ量に応じて金額を支払うといった、階段定額プランになります。使った分だけ支払う形なので、余計な出費を抑えたい人に向けたプランです。

エキサイトモバイルの「最適料金プラン」

エキサイトモバイル 最適料金プラン

料金
1枚コース(データSIM)
1枚コース SMS付き 1枚コース 音声SIM(SMS付き)
3枚コース (データSIM)
低速通信のみ 540円 691円 1,296円  
~100MB       1,134円
~500MB 680円 831円 1,436円 1,188円
~1GB 712円 863円 1,468円 1,274円
~2GB 831円 982円 1,587円 1,447円
~3GB 950円 1,101円 1,706円 1,674円
~4GB 1,242円 1,393円 1,998円 1,922円
~5GB 1,566円 1,717円 2,322円 2,041円
~6GB 1,728円 1,879円 2,484円 2,106円
~7GB 2,052円 2,203円 2,808円 2,268円
~8GB 2,289円 2,472円 3,045円 2,365円
~9GB 2,376円 2,566円 3,132円 2,570円
~10GB 2,570円 2,775円 3,326円 2,743円
~11GB       3,056円
~12GB       3,348円
~13GB       3,726円
~14GB       4,093円
~15GB       4,298円

この上図・上表の様に、利用したデータ分で金額が変わってきます。3枚コースのデータSIMのみ最大で〜15GBまであります。

通信速度は、低速通信のみ最大値が200kbpsで、それ以上は、

下り最大 300Mbps
上がり最大 50Mbps

となります。

定額プラン

もう1つが「定額プラン」になります。こちらはどのMVNOでも提供されている王道のプランになり、1ヶ月に決まったデータ量が利用できます。1GB〜20GBまでと幅広いプランで展開されていて、利用度に合わせて選択できるので、毎月決まったデータ量の方は通常でも良いでしょう。

また、使い切れなかったデータ量は翌月末まで繰越が可能。定額プランの3枚コースで更にSIMカードを追加できるのは9GB以上となっています。

定額プラン
1枚コース データSIM
3枚コース データSIM
高速通信容量
1GB 723 1,360 1GB/月
2GB 831 1,566 2GB/月
3GB 972 1,814 3GB/月
9GB 2,430 2,656 9GB/月
20GB 5,130 5,594 20GB/月

定額プランは上記の金額に、+151円/月でSMS機能が追加でき、+756円で音声通話SIMとして使うことが出来ます。

つまり、現在キャリアで3GB/月のデータ容量を使っていて、エキサイトモバイルにMNPする場合は、

▽エキサイトモバイル:定額プラン3GB
1枚データSIM972円/月+音声機能(SMS付き)756円
合計 1,728円

毎月1,728円が月々支払う料金となります。

また、端末代は含まれていませんので、新規で端末も購入の場合は端末代金もかかります。

更に、3枚コースの場合は、SIMカードを更に追加することもできます。


SMS → 151円/SIM枚・1ヵ月
音声機能(SMS付き) → 756年/SIM1枚・1ヵ月
SIMの追加3枚コースのみ → 421円/SIM1枚・1ヶ月

エキサイトモバイル公式ページを見てみる

エキサイトモバイルはココが凄い

エキサイトモバイルの最大のポイントは、段階料金制のプランであり実際セミナーに伺った時も7割の方がこの段階料金制のプランを選択しています。

このシステムを使っている格安SIM会社はほとんどありません。毎月決まったデータ量ピッタリに収めるのは中々難しい部分もあり、バラツキもあるかと思いますが、段階料金制であれば月に1GBしか使わなかったら1GBの料金。5GB使ったらその月だけ5GBの料金を支払うのでムダがありません。この辺りが高くユーザーに高く評価されています。

また、データ容量の幅は広いので家族みんなをカバー出来きるのも嬉しいポイントになります。もちろん、一人で複数のSIMカードを持ちそれぞれタブレットなどにも挿しておけば毎回テザリングする必要がないのでとても楽チンです。

エキサイトモバイルその他のポイント

他のポイントを簡単にまとめますと以下の様な感じになります。

IIJmio系の通信速度と品質
→ 通信はドコモ回線を使ったIIjmio系列と同じ設備なので、安定した通信速度と通話品質となっています。

データ繰越が可能:無料
→ 定額プランのみ。使い切れなかったデータ量を翌月末まで繰り越すことが可能です。最も使える機能になります。

高速・低速切替が可能:無料
→ 普段簡単なLINEやテキストメインといったあまりデータ量を使わないサイト・アプリの時は手動で低速通信にしておくことでムダな高速データ量を使わなくて済みます。

バースト機能:無料
→ 定額制のみですが、容量を使い切ってしまっても一定量だけ高速通信が可能なので、ある程度のページであればこのバースト時で読み込んでくれます。

エキサイトモバイルの有料オプション

追加チャージ:580円/1GB
→ チャージ月末日まで有効。

追加SIM:390円/枚
→ 4枚目、5枚目の追加時。定額プランは9GB以上から。

留守番電話:350円/枚
→ 音声通話SIM利用時のみ

割り込み着信:250円/枚
→ 音声通話SIM利用時のみ

エキサイトモバイルで注意したいポイント

次にエキサイトモバイルで注意しておきたい2つのポイントもご紹介します。こういった注意点もしっかりと把握しておき、それがご自身で妥協できるのかを事前に知っておくのも快適に使える部分なのでサラっと確認しておきましょう!

最適料金プランは使い過ぎに注意

定額料金プランとは異なり、速度制限が発生しないので気をつけないと大量のデータ通信を行ってしまう場合があります。こう言った場合はアプリから確認することが可能です。

エキサイトモバイルには専用のアプリはありませんが、代わりに「BB.exciteクーポンスイッチ(非公式)」というアプリが存在します。非公式ですが、Android、iOSの両方あり、エキサイトIDとパスワードを入力すれば利用できます。

アプリのホーム画面から当月以降の月ごとの通信残量が確認でき、高速通信のON/OFF切替ができる他、SMS利用料金もチェックできます。アプリ自体の機能は多くありませんが、公式のマイページにアクセスするよりは手軽で使いやすいです。

音声通話機能を付けると最低利用期間が1年発生する

データ通信SIMのみは最低利用期間がないので、申込み月を除く月であれば好きな時に手数料なしで解約することが出来ますが、音声通話のオプションを付けると最低利用期間が発生します。

これは特に珍しい事では無く、全ての格安SIM会社の音声通話SIMは名前が異なりますが、みんな一緒です。最低利用期間はどこも1年で、期間内の解約は事務手数料として1回線ごとに10,260円がかかります。

エキサイトモバイルの速度や評判、他社のMVNOの比較

基本的な料金プランを上記でご紹介したので、次はエキサイトモバイルの実行速度や評判、また似たようなプランを提供している他の格安SIM会社との比較をしてみましょう。

エキサイトモバイル公式ページを見てみる

エキサイトモバイルの特徴と他社との比較

エキサイトモバイルはIIJ系の通信設備を使っているドコモ回線のMVNOになります。少し前までは、「BB.excite」という社名でしたが、モデルチェンジを機に「エキサイトモバイル」に社名を変更し、通信速度と通信品質が大幅に改善されました。

エキサイトモバイルでは高速データ通信で、下り最大が300Mbps、上がり最大が50Mbpsの速度が出ます。意図的に高速通信と低速通信をアプリから簡単に切り替えることも可能なので、必要のない時は低速で使ったりしてムダなデータ通信を抑える便利な格安SIMだといえます。

エキサイトモバイルの特徴と他社との比較

度々出てきますが、エキサイトモバイルの最大の特徴は最適料金プランと呼ばれる「段階制の料金プラン」になります。1GB単位での段階料金制なので、高速データ使用量が不規則な人や、定額プランでは度々データ容量が余ってしまう人には特にお薦めとなります。

段階制の料金プランがある格安SIMでは他に「Uモバイル」が上げられますが、単位の細かさはエキサイトモバイルの方に軍配が上がります。

どうしても、境目に幅があると結局はその分まで使わないとならないので、1GBごとの間隔はユーザーにとっては嬉しい設計ですよね。

また、定額プランについては価格面で他社と比較し、飛び抜けた長所はありませんが、データ繰越、バースト機能、高速・低速のON/OFFといった基本は抑えているので、特に定額プランでも問題ありません。

エキサイトモバイル公式ページを見てみる

エキサイトモバイルは端末は扱っていない

個人的には結構意外なのですが、エキサイトモバイルでは端末は扱っていないので、セット販売が行われていません。端末ごと新規で申込みたい方にとっては残念ですよね。。

なので、エキサイトモバイルを使うには、

●端末を別途で購入して使う
●既存のスマホをそのまま使う

この2つのどちらかになります。

端末を別途で購入するならどの機種がいい?

現在、格安スマホは1年前と比較してどこも力を入れ始め、ハイスペック端末に負けないくらい優れた端末が日々登場しています。逆に、必要な機能に特化しているタイプが多いので、価格もハイスペック機に比べ半額、または2万円〜3万円台といった経済的にも嬉しい端末が勢揃いしています。

ここで幾つかお薦めのSIMフリー端末を簡単にご紹介しておきますので、購入の参考にして頂ければ幸いです。

arrows M02/M03

現状一番人気と言っても良いくらいの富士通のSIMフリー端末になります。一番新しいのはarrows M03で、防水防塵、おサフケータイ、耐震性、バッテリー、カメラ機能と全てにおいてバランスの取れた機種になります。今回からワンセグ機能も追加されて、外出先でテレビを鑑賞したい人も嬉しい仕様となっています。

市場販売価格は3万円前後で発売されています。

参考運用価格

仮にarrows M03を最適料金プラン1枚コース音声通話の3GB/月で2年間運用した時は、


約30,000円÷24ヵ月=1,250円
最適料金プラン(音声通話)3GB...1,706円/月
合計2,956円


と、月3,000円以下の運用が可能となっています。キャリアと同じ使い方で月3,000円以下で使えるのが格安スマホの醍醐味といったところですね!

ZenFone 2 Laser

上記のarrows M02が登場する前に1位だったZenFone 2 Laserになります。今から見ると「型落ち」という風になってしまいますが、現在市場価格で18,500前後で販売されています。

この価格帯でレーザーオートフォーカスを搭載している端末は他にありません。スペックも価格レベルでは最上級といった評価も高く、逆に割安となった今でも売れ続けています。

ガラケーからスマホにしたい方や、学校の連絡網でラインを使うだけにスマホが必要といった方にもおすすめです。

参考運用価格

仮にZenFone 2 Laserを最適料金プラン1枚コース音声通話の3GB/月で2年間運用した時は、


約18,500円÷24ヵ月=770円
最適料金プラン(音声通話)3GB...1,706円/月
合計2,476円


月額料金の支払いでもガラケーとほとんど変わりませんね。

既存のスマホをそのまま格安スマホとして使う

今あるスマホにエキサイトモバイルの格安SIMを挿して使う。といった方法ももちろん可能です。因みに、エキサイトモバイルはドコモ回線を使用している格安SIMなので、ドコモ端末であればSIMロック解除をしないでそのままお使い頂けます

既存のスマホを使う時は、動作確認一覧をチェックしよう!

エキサイトモバイルの動作確認ページの一部

今お持ちのスマホを格安スマホとして使う時に1つだけ注意しなければならない事があります。それが、、「動作確認端末」のチェックになります。

他社でも必ずこの動作確認端末一覧のページが設けられており、そこに記載してある端末が使えます。この動作確認端末はMVNOごとによって異なります。

厳密に言うと、ドコモブランドの端末であれば、エキサイトモバイルはドコモ回線の格安SIMを扱っているので、どれでも理論上は使えるのですが、会社側で確認が取れていない端末に使用すると、保証が効かないのでなるべくであれば記載されている端末が望ましいです。

iPhoneシリーズ、Xperia、AQUOS、GALAXYといった人気処は抑えてありますので、きっとご自身の端末も余程古くない限りは対応になっているかと思います。

詳細はエキサイトモバイルのリンクを貼っておきますので、直接ページでご確認下さい。

エキサイトモバイル公式ページを見てみる