30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書エキサイトモバイル > エキサイトモバイルのAPN設定を解説!Android編

エキサイトモバイルのAPN設定を実画像つきで詳しく解説!Android編

格安SIMの「APN設定」って聞くと、よく分からないし難しそう・・・っていうイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

エキサイトモバイルのAndroid版のAPN設定は昔よりもずっと簡単になっているので、初心者の人でも5分あれば完了します!

このページではエキサイトモバイルの格安SIMを使って、実際にAndroid端末でAPN設定する全手順を画像つきで紹介しています。

また、「APN設定はできたのに、ネットに繋がらない」という対処法も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

エキサイトモバイルへ

Android端末でエキサイトモバイルのAPN設定をしよう

それではエキサイトモバイルから届いたSIMカードをAndroid端末でAPN設定を行っていきましょう!

今回使用する端末はエキサイトモバイルでも取り扱いがある最新端末の「HUAWEI P10 lite」になります。限定のサファイアブルーはインパクトがあり綺麗な色なので個人的に気に入ってます。

エキサイトモバイルでは分割払いでも月々1,166円(1ヵ月目)1,158円(2ヵ月目以降)で利用可能となっています。

セット購入時のパターン別の料金目安は以下を参考にしてください。

 

他社からの乗り換えで月3GBのデータ通信量なら月額3,000円以下で運用可能っスね。


エキサイトモバイルへ

端末にSIMカードをセットしよう!

台紙から切り取ったSIMカードを本体側面にあるSIMトレー取り出しセットします。SIMトレーは専用の工具がなくてもクリップや画びょうが代用できますよ。

P10 liteはnanoSIMを使うのですが、小さいのでキチンと角の凹みに合わせてセットします。基本素手で触っても問題はありませんが、IC部分に指紋がベタベタ付くと読み込みエラーになる恐れがありますので、IC部分はあまり触らないようにしましょうね。

SIMトレーにセットできたら、そっと元に戻してあげます。SIMトレー自体そんなに強度がないので無理矢理はダメですよ。

次はいよいよAPN設定!

SIMカードを挿し込んだら電源を入れます。APN設定画面まではホーム画面の「設定」から以下の写真のように進みます。

1 「その他」をタップ
2 「モバイルネットワーク」をタップ
3 「アクセスポイント名」をタップ
4 APNで「エキサイトモバイル」を選択

4」の画面がAPN設定画面になります。少し前のAndroid端末はAPN情報を手動で入力するといった少し面倒な部分もありましたが、主要のMVNOであれば最初からAPN情報が入力されているので、タップ1つで完了します。

 

ある意味iOSよりも簡単になったっスよね〜


設定が完了したら、Wi-Fi接続を切りアンテナピクトに4Gが現れれば無事に完了です!

通信速度も良好ですね。後日速度計測も行いますので、更新したら追記させて頂きますね!

APN設定をしても繋がらないときの対処法

エキサイトモバイルのAPN設定をしたのに電波が繋がらないという場合は、以下の方法を試してみてください。

1 少し待つ
2 再起動する
3 「機内モード」のON・OFFを切り替える
4 電源を落としSIMカードを入れ直す
5 APN情報を確認する

設定後すぐに電波を上手に拾ってくれない時もあるので、その場合は一度「再起動」するのが確実です。また、APN情報が違うMVNOを選択していないかも確認しましょう。

格安SIMのAPN設定トラブルはこの「再起動」・「APN情報の確認」で9割以上が解決します。もしも全部試してみたけどダメだった場合はエキサイトモバイルのサポートセンターに電話をしましょう。0570-783-812

まとめ

以上でエキサイトモバイルのAPN設定を終わります。

初めてAPN設定って聞くと不安になりますが、この記事通りに行えば5分以内で完了するので是非チャレンジしてみてくださいね♪

iPhoneもそうですがAndroidも一度APN設定ができてしまうと、他のMVNOを使った時でも操作方法はほぼ同じなので、次からは説明書を読まなくてもできるようになりますよ!

 

オイラもマスタークラスっス!


エキサイトモバイルへ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集