30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホ比較まとめ > バッテリー持ちがいいSIMフリー端末

バッテリー持ちが良いSIMフリー端末を紹介します!

格安スマホを選ぶ時の一つの目安になるのが「バッテリー持ちは良いのか?」というのがあります。現在では「モバイルバッテリー」を常備している方も多いのでそれほど重視はされていませんがこのページでは【バッテリー持ちが良いSIMフリー端末】について解説していきます。

 

部長さん、バッテリー持ちが良いSIMフリー端末ってどれになるんスか?

 

ん〜と、いま発売されているSIMフリー端末で人気なのは、

honor6 Plus
Zenfone2
AQUOS SERIE SHL 25

の3種類になるかな。

今日はその3つをちょっと見てみようか!


honor6 Plus バッテリー容量3600mAh

honor6 Plusのバッテリー容量は3600mAhと数あるSIMフリー端末の中でもトップクラスになります。口コミなどではカメラ機能の評判も良いです。

楽天モバイルで16,000円値引のキャンペーンも行っていますので、気になる方はチェックして下さい!

楽天モバイルの公式ページを見てみる

zenfone2 バッテリー容量3000mAh

人気のzenfoneシリーズになります。十分なバッテリー容量に加えて安定の人気SIMフリー端末ですね。こちらも楽天モバイルキャンペーンの対象端末になっているのでチェックですね!

楽天モバイルの公式ページを見てみる

AQUOS SERIE SHL25 バッテリー容量3150mAh

AQUOSでお馴染みのauブランドのSIMフリー端末になります。バッテリー容量だけでなく、ワンセグ・おサイフケータイにも対応しているハイスペック端末です。

当サイト経由での申込み数も上位で、セット端末で発売しているのは現状mineo(マイネオ)のみとなっています。

マイネオでAQUOS SERIE SHL25の詳細を見てみる

バッテリー切れが心配な時の対処方

上記でも少し触れましたが、格安スマホを持ち歩いてバッテリー切れが心配な方は「モバイルバッテリー」を持ち歩いた方が吉になります。モバイルバッテリーの値段は容量やメーカーなどで変わってきますが、変に安いのは満タンにしても自然放電してしまったり数回の使用で壊れてしまうといったリスクもありますので、大手メーカーを使った方が良いでしょう。

その他に節約として「省電力モード」などの機能を使うと電池を長持ちさせる事が可能です。iPhoneシリーズだと20%以下になると「省電力モードにしますか?」といった表示が現れます。

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

ランキングを見てみる

メニュー

格安スマホランキングはこちら