30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書 > iPhone5cを格安SIMで使いたい人

iPhone5cを格安SIMで安く使いたい!

カラーバリエーション豊かなiPhone5cを格安SIMで安く使いたい人も多いかと思います。

性能的にはiPhone5と同じA6チップを搭載しており、状態が良ければまだまだ現役で使えることでしょう。

また、iPhone5cはiPhoneシリーズの中でも比較的安く、キャリア版であれば白ロムで1万円台で購入可能なのも魅力で、これから初めてスマホを持たせる中学生やガラケーから乗り換える方にもオススメです。カラーも豊富で可愛いですよね♪

端末に加え、格安SIMと組合せれば月額料金も抑えるつつiPhoneが使えるのは嬉しいですね!

今回はdocomo版、au版、SIMフリー版のiPhone5cを格安SIMで安く使う方法をご紹介したいと思います。

iPhone5cを格安SIMで使う前にこれだけは確認しておこう

まず最初にiPhone5cを格安SIMで使う前に確認しておきたいことがあります。

現在(2017.8.3)の時点ではiPhone5cが使える格安SIM会社はそこまで多くありません。自分の端末が使えるのかどうかを確認するには、各MVNOの「動作確認端末一覧」を確認すれば一目瞭然です。

例えば人気処の楽天モバイルマイネオではiPhone5cの動作確認が取れており、最新iOS10.3でも利用可能となっています。

中には「iPhone5c」を扱っているケド、最新iOSには対応していないという格安SIM会社も存在します。特に大きな拘りがなければ、「楽天モバイル」や「マイネオ」は僕も安心して使っているので、この両者のどちらかを選んでおいて良いでしょう。

楽天モバイル公式へ

マイネオ公式ページへ

キャリアのiPhone5cを格安SIMで使いたい人へ

それでは、次にdocomo版のiPhone5c、au版のiPhone5cを格安SIMで運用したい人に移りたいと思います。

キャリア版によって、使える格安SIM会社が異なってくるので一緒に確認して行きましょう!

また、同回線であればSIMロック解除を行わなくても格安SIMを挿し変えるだけでそのまま格安スマホにとして使うことが出来るのでとても簡単です。

docomo版iPhone5cをお使いの方

現在ドコモ版のiPhone5cをお使いの方、これから白ロムを購入する予定の方は、「ドコモ系の格安SIM」を使えば簡単です。

ドコモ系の格安SIMとは、先ほど触れた「楽天モバイル」や「IIJmio」「DMMモバイル」になります。また、格安SIM会社の9割以上はドコモ回線を使っているのでドコモ系がほとんど。といっても良いでしょう。

ですが、「全てのドコモ系がiPhone5cを使える」という訳ではありませんので、ここではiPhone5cに関しては楽天モバイルを僕は推奨します。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

au版のiPhone5cをお使いの方

au版のiPhone5cの方ですが、au系の格安SIM会社は現在「マイネオ」「UQモバイル」「IIJmio」の3社のみとなっています。

ですが、「UQモバイル」に関しては動作確認端末一覧にiPhone5cの記載が無いため、実際にiPhone5cを格安SIMで使うのであれば「マイネオ」か「IIJmio」のどちらかになります

IIJmioは僕自身そこまで使い倒していませんが、格安SIMの中では老舗クラスで顧客数もトップクラスなので、会社自体の信用度は間違いありません。

どちらも最新iOSで使えるので、好みで選んでも良いでしょう。

マイネオの公式ページを見てみる

IIJmioの公式ページを見てみる

au回線の格安SIMを利用する時の注意点

au回線の格安SIMをiPhone5cで使う時1つ注意する箇所があります。

最近のau系の格安SIMは「VoLTE対応」というSIMカードが使われるようになり、同じマイネオのAプランでも「nano」と「VoLTE」の2種類が存在します。

au版iPhone5cをマイネオで使う際は動作確認端末にも記載されているように、「nano」タイプを選ばないといけません。仮にVoLTEで使ってみたところ「SIMなし」という表示になって認識してくれませんでしたので、申込みする際は気をつけましょうね。

iPhone5cを格安SIMで使うと、どのくらい安くなるのか?

さて、肝心の月額料金ですが、iPhone5cを格安SIMで使うとキャリア時よりも毎月どのくらい安くなるのでしょうか?

 

いよいよ核心っスね。


例えとして、ドコモ版のiPhone5cを楽天モバイルで使った時と比較してみましょう。

上図はドコモと楽天モバイルを使い続けた時の料金表になります。

比較しやすい様に、オプションや割引きは一切排除し純粋な使用料で比べています。

(キャリア)ドコモ料金の内訳は、

・カケホーダイ 2,700円
・spモード 300円
・データMパック(5GB)5,000円

となり、月額8,000円が基本料金になります。

それに対して楽天モバイルは音声通話SIM 5GBプランは2,150円となります。

格安SIMは、オプションを付けなければデータ量料金のみで使うことができるのが最大の特徴となっています。今までキャリアだと「カケホーダイ」が標準装備になっているので、通話を使わない人にはデメリットでしかありませんでした。

格安SIMは余計なオプションが一切付いておらず、データ量料金のみのプランなので毎月の月額料金の安さが現実化されています。しかもデータ料金も安い!

同じiPhone5cをドコモと楽天モバイルで1年使った場合、70,200円の節約になるから驚きです。スマホはずっと使い続けるので10年も使えば702,000円にもなります。

家族4人なら10年で約280万にもなります。

 

車買えるじゃないっスか!


かけ放題が必要な人はオプションを付けるだけ

中には「かけ放題は必要!」と言う方もいるでしょう。

そういった方は、オプションで「5分かけ放題:850円/月」を付けることが可能です。格安SIMは自分好みに必要なオプションをカスタマイズ出来るので、本当に自分に合った料金プランを選べるのも人気の一つです!

データSIMの運用ならもっと安くなる

もしもインターネットのみの利用であれば、データSIMで問題なく月額料金も更に安くなります。

データSIMは090/080などの電話番号が無いので、キャリアからの乗り換えの場合は向きませんが、インターネット回線を使って通話するLINEの無料通話やIP電話アプリは使えますので、

まだ子供には電話番号は必要ないかな

という方はデータSIMでも良いでしょう。

その他にも、余っているスマホにデータSIMを使って復活させるという方法もあります。この場合端末代がかからないので、月額約1,000円でスマホを使うことも可能ですね!

IP電話アプリやLINEの無料通話は110/119などの特殊な電話番号にはかけられないので、注意しましょう。

SMSありは認証が必要なアプリをインストールする時に必要となります。LINEを新規アカウントを取る場合は必要となります。

ウチも娘が楽天モバイルデータSIM3.1GBで使っています。

iPhone5cを格安SIMで安く使いたい!-まとめ

iPhone5cは価格も安いので、「Androidじゃなくて、iPhoneを使いたい!」という方にオススメの端末です。

SIMフリー版であればほぼ全ての格安SIM会社で使えるので問題はありません。

ドコモ版のiPhone5cであれば、楽天モバイル。au版のiPhone5cであればマイネオ。で問題ないでしょう。

今では申込みもチャット機能などが充実しているので、初心者の方でも困ることなく申し込めます。乗り換えの方は先に、

1.MNP予約番号
2.身分証明書
3.引き落とし用のクレジットカード

この3つを事前に用意しておくとスムーズに進めますよ^^

楽天モバイル公式へ

マイネオ公式へ