30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト

IIJmioに関する記事

 

IIJmioはまだ格安SIMはマイナー的な存在だった頃から、より良い使いやすさを追求していた老舗になり、業界シェア率はトップクラスになります。


とりあえず公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

IIJmio公式ページへ

IIJmioとは

「IIJmio」とは格安SIM業界でシェア率トップクラスに存在する老舗になり、「みおふぉん」という愛称でもしられています。また、格安SIMアワード2016でも満足度最優秀賞を取得した実力派格安SIM会社になります。

人気の秘密は価格の安さと、1番利用率の高い3GBプランを提供し、回線品質の高さも理由の1つに挙げられます。

IIJmioは回線品質には拘りを持っており、常に設備投資を続け、ユーザーが満足する回線品質を提供しており、通信容量を減らさないために通信速度の切替機能や低速時に数秒間だけ高速通信が使える「バースト転送」ファミリープランといった幅拾いオプションも用意されています。

専用のアプリを使って通話をすれば誰とでも半額の通話料で会話を行うことが可能。その他、最新端末とのセット購入やmio光とのセット割で家庭通信の費用まで下げることができます。

IIJmio(みおふぉん)の料金プラン

IIJmioはドコモ(Dプラン)・au(Aプラン)の両方の回線に対応しています。

 

おぉ!両回線を扱うMVNOはマイネオと同じっスね!


データ通信プランは全部で3種類になります。

・ミニマムスタートプラン:3GB
・ライトスタートプラン:5GB
・ファミリーシェアプラン:10GB

この3種類の料金プランがD/Aプラン両方あります。

自宅がWi-Fi環境で、外出時に動画を視聴しなければミニマムスタートプラン(3GB )プランでもイケると思います。格安SIMが初めてな方は1ヵ月ミニマムで使ってみて、足りない場合はライトスタートプラン(5GB)に変更する。といったスタンスでも良いでしょう。

ファミリーシェアプランは名前の通り、家族でデータ通信量を分け合うプランとなっています。家族3人で使っても1人辺り2,560円という計算ですね。

また、2017年6月1日より、大容量データオプションが申し込めるようになります。

ドコモプラン(Dプラン)の料金

auプラン(Aプラン)の料金

音声通話機能について

IIJmioにはキャリアスマホのように通話し放題といった定額プランがありませんので、20円/30秒の通話料金がかかります。

通話も沢山かけるという方は、通話専用としてガラケーを持ち、データ通信のみをIIJmioの格安SIMで使うという方法も可能です。データ通信でLINEやFacebook、カカオトークなどのメッセージアプリを利用する場合は、アプリの認証にSMS機能が必須となりますので、データSIMに140円追加しSMS機能をつけます。こういったデータSIMの利用であれば最低1,040円(税込)〜スマートフォンを所持することができるようになりますね。

IIJmio公式ページへ

IIJmioのココがオススメの評判ポイント

・回線品質が高い
・高速通信LTEのON/OFF切り替えができる
・余ったデータの翌月繰り越し
・追加データ(クーポン)で容量の追加可能
・家族向け「ファミリープラン」
・「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引き」

では、ちょっと気になるポイントをピックアップして紹介したいと思います!

LTEのON/OFF切り替えで節約

IIJmioには、LTEのON/OFF切り替え機能がついていて、動画の投稿・閲覧や、cloudに写真をアップする際は、LTEモードは必須になります。逆に、LINE、Twitterなどは非常に容量が軽いので、3G回線でも問題なく使えます。

ON/OFFの切り替えは、「高速通信が必要ない時は、OFFにしてデータの節約をしまようね。」っという方針になります。が、実際、一回一回の切り替えは面倒なのも事実です。3GBであれば、キャリアスマホと同じ使い方をしてるのに近いので、個人的にはON/OFFの切り替え機能はそこまで必要とは思っていません

余ったデータは翌月まで繰り越し可能

「データ繰り越し機能」は僕が格安スマホを検討する上で、一番重要視している機能(サービス)になります。実際毎月ピッタリに3GBで終えることはまず無いです。ほんの少しでも容量が持ち越せれば、ON/OFFの切り替えに気を使わなかったり、その分動画も見られます。

データ容量をオーバーしても、「バースト転送」が助けてくれる

バースト転送」は独自のサービスになりますが、IIJmioには、容量を超えてしまって通信制限がかかってしまっている常態でも、最初の数秒間は高速通信になるといったサービスです。動画は厳しいですが、WEBサイトであれば数秒あれば読み込み可能なのでネットサーフィンならイライラすることはなさそうです。

ただし、ネット決済関係は途中エラーになってしまう可能性がありますし、トラブルの原因になるので、僕はおすすめしません。

追加データのオプションについて

データ容量が無くなった場合、100MB200円で購入可能になります。 種類は、500MB⇒1,500円、2GB⇒3,000円があります。これはどうしても必要な時以外購入するのはおすすめしません。

え?何故かって? 「高いからです。(キッパリ)」

IIJmioは音声通話SIMの3GBと5GBとでは620円しか差がありません。もう分かりますよね?毎回データ不足して購入するのであれば、プランを変更してしまった方が割安になります。

みおふぉんダイアル・ファミリー通話割引き

みおふぉんダイアル

音声SIMからの通話は「専用アプリのみおふぉんダイアル」を使えば通常の半額で済むといったサービスになるので、LINEやSkypeなどの無料通話アプリ以外の時は必ず利用しまよう!また、「ファミリーシェアプラン」で同一に契約している家族のスマホにかけた時は20%の割引きが適用され、「みおふぉんダイアル」と同時に使えば60%の割引きが可能になるので、家族で契約する方はぜひ利用したいところですね。

IIJmioの公式ページを見てみる

IIJmioはこんな人におすすめ

IIJmioにはクーポン(データ量)のオン・オフ機能(高速⇔低速切替)、余ったデータ量の繰越機能といったデータ量を賢く使える機能が揃っています。また、通信速度が優秀なのはもちろん、バースト転送といった便利な機能も用意されているので、低速に切り替えている間でも快適にネットを楽しむことができる格安SIMです。

バースト転送と似た様な機能は「DMMモバイル」にもありますが、その他の格安SIM会社では低速時に少しだけ高速になる救済処置的なサービスは行っていません。

2ちゃんねるの様なテキストメインのサイトであれば常に低速通信にしておけば、バースト転送機能で補えますし、データ量の節約にもなりますね。

IIJmioは自分のネット利用状況に応じてデータ通信速度をコントロールできるので、無駄なデータ消費を抑えることが可能です。仕事の都合で急なデータ通信が必要になることが多い方や普段はデータ量を節約しておいて、たまに動画を楽しむという使い方をする人におすすめです。

IIJmioで買えるSIMフリー端末おすすめの「セット割」

IIJmioのラインナップも人気処の「HUAWEI honor 9」や「P10シリーズ」「ZenFoneシリーズ」はしっかりと抑えています。

IIJmio公式ページへ

 

Moto G5 Plus

 

Moto G5 Plusの特徴は「デュアルピクセルセンサー技術」を用いたカメラ機能です。手首を捻って「Moto Action」の起動で1200万画素のカメラが美麗を彩ります。また最新のAndroid 7.0 Nougatによるマルチウィンドウは使用用途の幅を広げます。

IIJmioでは販売価格35,424円、端末分割支払金1,490円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

・メーカー > Motorola
・端末料金 > 32,800円
・端末分割 > 1,380円
・OS    > Android 7
・画面サイズ> 5.2インチ

Moto G5 Plusを見てみる

 

VAIO Phone A

 

VAIO Phone Aは、VAIO Phone Bizの性能を受け継ぐコストパフォーマンスに優れた端末です。OSはWindows 10 Mobileの代わりにAndroidTM6.0.1を搭載し、より一般向けにグレードアップしました。

販売価格21,384円、端末分割支払金918円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

・メーカー > VAIO
・端末料金 > 19,800円
・端末分割 > 850円
・OS    > Android 6.0.1
・画面サイズ> 5.5インチ

VAIO Phone Aを見てみる

 

HUAWEI GR5

 

HUAEWIが提供するHUAWEI GR5は、高級感あふれるスリムなデザインでゴールド、シルバー、グレーといった豊富なカラバリを用意しています。

HUAWEI GR5の販売価格は35,424円、端末分割支払時で1,476円/月で格安SIMのセット販売が可能となっています。

・メーカー > HUWEI
・端末料金 > 35,424円
・端末分割 > 1,476円
・OS    > AndroidTM 5.1 Lollipop
・画面サイズ> 5.5インチ

IIJmio公式ページへ

 

arrows M02

 

富士通の人気端末のarrows M02。モバイルSuicaやおサイフケータイにも対応しています。米国国防総省の調達基準14項目を全てクリアした優秀さと、太陽光照射、塩水、高温にも耐えられる耐久性バツグンのSIMフリー端末になります。

arrows M02は、販売価格32,184円、端末分割支払い時1,341円/月として格安SIMのセット販売が行われています。

・メーカー > 富士通
・端末料金 > 32,184円
・端末分割 > 1,341円
・OS    > AndroidTM 5.1Lollipop
・画面サイズ> 5.0インチ有機ディスプレイ

arrows M02を見てみる

IIJmioでiPhoneの利用について

IIJmioではiPhoneシリーズの運用も可能になっています。対応シリーズは以下の通り(2017年5月現在)です。

上図からでも確認できますが、ドコモ版iPhoneならドコモ回線(Dプラン)を選べばiPhone5c〜iPhone7(7 Plus)まで全て使えます。au版iPhoneをDプランで使うことも可能ですが、iPhone6s以降でなければSIMロック解除ができません。

auプランはちょっと制約が多いので、au版iPhoneを使いたい人は個人的には「マイネオ」をおすすめしたい所ですね。

全てiOS10の最新版が対応になっています。

IIJmioのデメリット

通信性能やオプションなど申し分なく、色々な便利機能を備えているIIJmioの格安SIMですが、デメリット部分も存在します。自分にとって以下のデメリットが自分にとってどの程度まで許容範囲なのかをしっかりと把握するのも大切です。

使える端末はドコモ製もしくはSIMフリー端末のみ

IIJmioはドコモ回線を使う格安SIMになります。なのでドコモブランド以外の端末は利用することは出来ません。新規でドコモの端末以外でIIJmioを利用する場合は、新しく自分でSIMロックフリーの端末を用意する必要があります。

テザリングが使えない端末も存在する

iPhoneシリーズのiOS10では今のところドコモ版もSIMフリー版もテザリングは可能となっていますが、一部のAndroidではテザリングができない端末が存在します。これは「動作確認端末一覧」もしくは、IIJmioのチャット機能を使いオペレーターなどで確認を取りましょう。

動作確認一覧を見てみる

IIJmioの通信制限について

IIJmioでは、3日間(72時間)でトータル366MBを超えると低速通信の200kbpsになります。200kbpsでは動画はもちろん、画像や動画投稿が多いTwitterでも動作が重くなってしまいます。これらの状態を解消するには、

  • トータル3日を超える
  • 高速データ通信の課金

のどちらかで対処すれば、低速通信を解除することが可能です。IIJmioではデータ量の追加を「クーポン」と読んでいますが、そのクーポンは全国のコンビニエンスストアで販売されています。

まとめ

IIJmioは、格安スマホ・格安SIMをいち早く世に送り出したMVNO業者になります。始まるのも早かったので、業界シェア率はトップの位置づけでもあります。

回線品質に対するこだわりが強く、こちらも人気がある理由の1つともいえます。通信速度は他社と比較しても混雑時でも下り10Mbps以上と安定。

料金体系は安いとは言えませんが、高い通話品質と安定のサービスでコスパ的には問題ないありませんね。公式サイトも初心者向けに「スタートガイド」といった解説付きのコンテンツがあるものプラス点になります。

最後に個人的な感想ですが、通信速度の安定性を求めるのであれば「楽天モバイル」や「LINEモバイル」がおすすめです。実機レビューも多く行っていますが毎回安定した通信速度を保っています。

また、IIJmioのauプランは基本的におすすめしません。まだ新しくできたプランというのもありますが、ちょっと成約が厳しいのでau版iPhoneを使うのであれば「マイネオ」か「UQモバイル」の方が動作確認端末数も多いですし、通信速度も良好です。

IIJmio公式ページへ

IIJmioを徹底的に解説! | 格安スマホ解体新書記事一覧

IIJmio(みおふぉん)の申込み方法を画像つきで解説! | 格安スマホ解体新書

今回はIIJmio(みおふぉん)を実際に申込み、完了するまでの全手順を画像つきで解説していますので、これからIIJmioを申し込もうという人は是非参考にして頂ければさいわいです。IIJmioは基本的に申込み完了までの道のりがシンプルで分かりやすかったので、大きな注意点はありませんが、僕が気がついた点...

IIJmioのAPN設定を画像つきで解説 | 格安スマホ解体新書

格安SIMではお馴染みのAPN設定(初期設定)ですが、初心者ですと「難しそうだな。。」というイメージを持っているかもしれませんが、IIJmioのAPN設定はとても簡単です。今回は実際にIIJmioのAPN設定を画像付きで最初から説明していきます。IIJmioの格安SIMを申し込む前に確認したい人は是...

IIJmioの30分かけ放題について | 格安スマホ解体新書

8/3から5分かけ放題の他に、30分かけ放題受付がIIJmioから開始されました。このオプションは30分が何度でも無料となり、これまで格安SIMで多く扱われる5分かけ放題よりもずっと長時間通話することが可能になります。長電話をする人は絶対にIIJmioを選びましょう。先に公式ページを確認したい方はこ...

IIJmioがau回線の取扱を開始 | 格安スマホ解体新書

IIJmioが2016年10月1日よりau回線の取扱を開始します。これによって、au回線を扱う格安SIM会社はマイネオ、UQモバイル、そしてIIJmioの3社になります。今回はau回線で特に人気の「マイネオ」と比較しながらIIJmioのau回線について解説しています。先に公式ページを確認したい方はこ...

IIJmioのプリペイドSIMの使い方 | 格安スマホ解体新書

「IIJmioの格安SIMに乗り換えたいけど、どんな感じなんだろう?」こう感じてる方も多いかと思います。そこで今回は事前に乗り換える前にIIJmioの格安SIMを体験できるプリペイドSIMを紹介していきます。ドコモ版・SIMフリースマホであれば5分程度の設定で済みますし、すぐに元に戻せるので安心です...

IIJmioのファミリーシェアプラン | 格安スマホ解体新書

1つの契約で複数の格安SIMカードを発行してくれるのがシェアプランになります。申込みが主回線の1つで済み初期費用が安く済む。「家族単位」でデータを共有できるし、トータルコスパが安いといったメリットがあります。IIJmioはSIMカードが最大10枚まで発行可能で、家族全員分の他にタブレットまで全てを1...

IIJmioの違約金と解約手数料について | 格安スマホ解体新書

今回はIIJmioの解約時にかかる違約金と解約手数料、その方法について丁寧に紹介しています。事前にこういった事を把握することが安心してIIJmioを利用できることに繋がりますね。今までキャリをずっと使い続けて来た方にとって、乗り換え先がどういったサービスを知るのも大切ですが、解約時における条件も明確...

IIjmioでiPhone7は使えるの? | 格安スマホ解体新書

格安SIMで端末を使う場合には最初必ずその端末がその格安SIM会社で使えるのか「動作確認端末一覧」のページで確認しなければなりません。先日発売されたiPhone7/iPhone7 PlusはIIJmioでSIMフリー版のみ利用可能となっています。けど、ドコモ端末のiPhone7はどうなのか?APN設...

IIJmioひかりに乗り換えると格安SIMもお得になるの? | 格安スマホ解体新...

IIJmioは格安SIMの他に「IIJmioひかり」といったNTT東西から卸し受けた固定光回線とプロバイダーサービスをセットにしたお得なインターネットサービスで、格安SIMとのセット割もあります。今回は月額料金や初期費用、速度評判などをまとめてみました!先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ...

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

ランキングを見てみる

メニュー

格安スマホランキングはこちら