30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書IIJmio > IIJmioひかりに乗り換えると格安SIMもお得になるの?

 

IIJmioは格安SIMの他に「IIJmioひかり」といったNTT東西から卸し受けた固定光回線とプロバイダーサービスをセットにしたお得なインターネットサービスで、格安SIMとのセット割もあります。

今回は月額料金や初期費用、速度評判などをまとめてみました!


先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

IIjmio公式ページへ

IIJmioひかりとは

IIJmioひかりとは、IIJmioが提供する固定回線インターネットサービスになります。NTT東日本、西日本が提供する光回線を卸し受け自社のプロバイダーサービスと一緒に提供する「光ラボ」となっています。

フレッツ光からであれば、乗り換え費用も安く抑えることが可能で、格安SIMを扱うIIJmio(みおふぉん)ならではの「mio割」というセット割もあります。

それではまず、初期費用と工事費を見てみましょう。

IIJmioひかりの初期費用について

諸費費用
新規:864円
転用:1,944円

申込み手数料は税込で上記金額になります。

「新規」はそのままですが、「転用」というのは、既にフレッツ光に加入している方が乗り換えることを指します。初期費用の金額はキャンペーン特典などがあると割引きになることもあるので、チェックしておきましょう。

IIJmioひかりの工事費について

有派遣工事(工事担当者が家に来る)
ファミリータイプ(戸建て向け)の場合:19,440円
マンションタイプ(集合住宅向け)の場合:16,200円

無派遣工事(工事担当者が家に来ない)
2,160円

工事費に関しては、転用の場合は通常工事費はかかりません。新規の場合は戸建て向けか集合住宅向けで金額が多少異なります。

基本的な工事費は上記の通りですが、回線を引く建物の状況や土日、早朝夜間工事などで金額も変化するそうなので、詳しい内容は申込み後の電話コンサルで教えてくれます。

IIJmioひかりの月額料金について

ファミリータイプ:5,356円
マンションタイプ:4,276円

IIJmioひかりのプランは2種類に分かれていて、戸建て住宅向けの「ファミリータイプ」と集合住宅向けの「マンションタイプ」に分かれています。

基本は3戸以下の建物がファミリータイプとなり、4戸以上の階があるのがマンションタイプとなります。建物の状況によっては例外もあるようなので、この辺りは申込みの時に確認しておくとよいでしょう。

プロバイダ料金を合わせて上記の月額料金になるので、通信料金はお得になります。

「mio割」でネットと格安SIMで割引きに

格安SIMを同時に利用することで、毎月648円の割引きを受けることができる「mio割」もあります。要は自宅のインターネットも格安スマホもIIJmioにまとめるとよりお得になる。といったSIM仕組みです。

NTT東西が提供しているフレッツの光回線サービスも安いプロバイダと定期契約による「にねん割」などを合わせるとそこまで光コラボの月額料金とほとんど変わらないケースもあります。

そういったケースでも「格安SIMやその他のサービスと組み合わせて如何に割引きを使い、どう安く抑えるのか」というのが光回線割のサービスをお得に利用する上でのポイントになってきますね。

IIJmioの公式ページを見てみる

機器レンタルについて

IIJmioひかりでは機器のレンタルも行っており、月額324円で「1ギガ対応無線LANルータ」もしくは、「ひかり電話対応ルータと無線カード」のレンタルが可能です。

ユーザー自身で用意する場合には、電話コンサルの際に不要を伝えれば可能ですが、自前で持っている、他からレンタルするようなことがない限りはほとんど申し込むことになるでしょう。

IIJmioひかり電話について

ひかり電話サービスも行っています。NTTから受けた電話番号(加入電話およりISDN等)やひかり電話で利用している電話番号であれば、携帯電話と同じようにナンバーポータビリティ(同番移行工事費2,160円)を利用して引き継ぐことが可能です。

mioひかり電話の基本料金
基本月額料金:540円/月(税込)
通話料:8円/3分〜

ひかり電話利用には別途工事費が発生しますが、IIJmioひかりとの同時申込みであれば、「基本工事費」の部分は無料になります。

有派遣工事
基本工事費:4,860円
交換機工事費など:3,780円

無派遣工事
基本工事費:1,080円
交換機工事費など:1,080円

ひかり電話オプションについて

電話に関するオプションは以下の通りになります。非通知番号のブロックや迷惑電話ブロック機能などを提供しています。

IIJmioひかり電話オプション

発信元番号通知:432円/月
非通知番号ブロック:216円/月
割込電話着信:324円/月
迷惑電話ブロック:216円/月

ひかり電話付属オプション工事費も2,160円ありますが、こちらもIIJmioの同時加入の場合は発生しません。後から追加で何個も申し込むと工事費がかかってしまうので、ひかり電話を利用したいならIIJmioひかりを申し込む時点で必要なサービスを決めてから一緒に加入しておくのがベストだと言えますね。

最低利用期間と解約金について

最低利用期間は24ヵ月、契約期間以内の解約の場合は解除調定金として5,000円が発生します。

IIJmioひかりは本当にお得なのか?

基本のプランやオプションなどご紹介してきましたが、結局IIJmioひかりを使うとお得になるの・・・?と気になりますよね。図で見ると分かりやすいので確認してみましょう。

上記のIIJmioひかり(マンションタイプ)とデータSIMを契約した場合の月額料金は、工事費などを考えなければ税込でも月額5,000円以内に収まりますし、音声通話機能のついた格安SIMとのセットでも5,000円台に収まります。

この金額で格安スマホの通信・通話も使えて、さらに自宅ネットが使い放題になると考えると両方乗り換えても安くなる可能性が高いユーザーも多いのではないでしょうか?

IIJmioの公式ページを見てみる

格安SIMセットの月額料金&まとめ

SIMカードと同時に利用した場合の月額料金は、税込で簡単にまとめると以下の通りになります。目安として参考にして下さいね。

マンションタイプ+音声通話SIM
5,356円/月(ひかり4,276円 + SIM1,728円 - mio割△648円)

ファミリータイプ+音声通話SIM
6,436円/月(ひかり5,356円 + SIM1,728円 - mio割△648円)

IIjmio公式ページへ