30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書iPhone > 「iPhone SIMフリー版+格安SIM」でスマホ代は大幅に節約できる!

「iPhone6s/6s Plus/SE SIMフリー版+格安SIM」でスマホ代は大幅に節約できる!

 

iPhone6s/6s Plus、iPhone SEはSIMフリー版をAppleStoreで購入し、MVNOが提供する格安SIMで運用した方が断然コスパがお得です。

このページでは、なぜ「SIMフリー版のiPhoneと格安SIM」の組合せに乗り換えるとお得なのか?実際どれほど安くなるのかを比較してしました。これから新しくiPhoneの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


iPhoneはSIMフリー版と格安SIMの組合せが断然お得

最近iPhoneを格安SIMで運用している方が増えて来ました。その背景としては次の様なメリットが挙げられます。

●トータルコスパを抑えることができる
●格安SIMは最低利用期間が短い

まずは格安SIMを使いiPhoneを格安スマホとして使う最大のメリットは「月額料金の安さ」になります。どのくらい安くなるのかは順を追って説明して行きますので、このまま読み続けて頂けたらなと思います。

もう一つの「最低利用期間」についてですが、キャリア契約の場合は毎月の割引きを適用させるためにドコモやauでは「2年間」といった括りを前提にしています。これが俗に言う「縛り」ってやつですね。

もちろん、この割引きサービスに加入しなければ「縛り」は存在しませんが、毎月の月額料金が高額になってしまうので、半強制的に皆さん加入しています。

格安SIMの場合は、基本今使っているキャリアのiPhoneをそのまま同じ様に使うのであれば「音声通話SIM」を選択します。

この音声通話SIMプランは各格安SIM(MVNO)会社によって少し異なりますが、最低利用期間が1年未満のところがほとんどです。また、キャリアと違って自動契約更新といった決まりが無いので、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しないのも嬉しいポイントになります。

また、SIMロックがかかっていないSIMフリー版のiPhoneであれば全ての格安SIMカードと相性が良く、スムーズに事が運びます。iPhoneは対応バンドの幅(数)が多いので海外旅行に行った際は現地の格安SIMを使えば直ぐに使うことが可能です。

キャリア版のiPhoneを購入した場合

それでは、iPhoneをキャリアで契約した場合、どのくらいの月額料金になるのかを見ていきましょう。格安SIMを知らない方は全てこの場合に当てはまると思います。

今回は参考例として、ドコモでiPhone 6s(16GB)を24回払いで購入した際、どのくらいの金額になるのかを見ています。

カケホーダイ

2,700円

データMパック(5GB)

5,000円

spモード

300円

iPhone6s(24回)

3,888円

サポート割/月

△3,200円

合計

8,688円

最終金額は8,688円/月になります。

また、「カケホーダイライト」にしたり、データパックを変更することである程度の節約になりますが、それでも6,000円以上になります。友達に「毎月iPhoneでいくら払ってる?」といった問いに、6,000円〜8,000円以内の答えが多いのはこういった理由からですね。

SIMフリー版iPhoneを格安SIMで使った場合

参考例は人気の楽天モバイルを例として挙げます。なるべく条件を同じにするために、5分以内のかけ放題プランと同じ5GBプランにして比較してみました。

通話SIM5GB

2,322円

5分かけ放題

918円

SIMフリー版iPhone6s

3,283円

合計

6,523円

SIMフリー版のiPhone6sを購入し、楽天モバイルで運用した時の月額料金は6,523円になります。キャリアと比較すると毎月2,165円お得になり、2年間で計算すると51,960円の節約になります。

また、通話があまり必要なくLINEや無料通話アプリで十分だと言う方は「5分かけ放題」を付けなければ月5,605円になり、2年間で約74,000円の節約が可能となります。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

キャリア版でも格安SIMはちゃんと使える

とにかく誤解をしている方が多いのが、「キャリア版のiPhoneはSIMロック解除をしないと格安SIMは使えないのか?」です。

結論から先に言うと、

ドコモ版のiPhoneならドコモ回線を使う格安SIM会社で、au版のiPhoneならau回線を使う格安SIM会社であればSIMロック解除をしなくてもそのまま使えます。

要は同回線であれば、SIMロック解除をする必要はありません!

ただし、格安SIM会社によって対応しているバージョンは異なります。どこの格安SIM会社も「動作確認端末一覧」のページを設けていますので、そちらで確認します。

オススメなのは、ドコモ版のiPhoneであれば楽天モバイル、au版のiPhoneであればマイネオがオススメになります。どちらも最近iOSに即対応し、全てのバージョンが使えるので安心して利用できます。また、サポートにも力を入れている点にも好感が持てます。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

マイネオの公式ページを見てみる

iPhoneは初期設定も簡単

格安SIMに乗り換えると、最初の一回だけAPN設定と呼ばれる初期設定を行います。Androidの場合は、少し面倒ですがiPhoneなら専用の構成プロファイルを一つインストールすれば完了なのでとても簡単です。

楽天モバイルでは大きな図解で解説してありますし、マイネオであれば実際にiPhone 6sにSIMカードを挿す手順をレビューしていますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

auのiPhone6sを実際にマイネオの格安SIMで使ってみた!

まとめ

iPhoneは格安SIMで運用した方が2年間で70,000円以上お得になります。

最新版であればAppleStoreでSIMフリー版を購入した方がおすすめですが、最新に拘らなければ今持っている(手元に余っている)iPhoneを使うことで端末代がかからないので更に安価でiPhoneを運用できますね!その場合は同回線の格安SIM会社を使いましょう。

楽天モバイル(ドコモ回線)を見てみる

マイネオ(au回線)を見てみる