30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安SIMを詳しく知りたい!! > 格安SIMの音声通話SIMの料金について比較

格安SIMの音声通話SIMの料金・かけ放題について見てみよう!

 

:目次:

このページでは、

・音声通話SIMについて
・音声通話SIMの料金は1,000円から2,000円以内が主流
・SIMフリー端末と音声通話SIMを使った実際の月額料金は?
・格安SIMの音声通話SIMで料金が最安値はどこ?
・実質通話料が無料になる音声通話SIMを扱うMVNO2社の紹介

について紹介しています。


 

 

それじゃ、次は格安SIMの音声通話SIMについてちょっと説明するね。

 

音声通話SIMって、「もしもし」ができるSIMのことっスよね?

 

他にもデータSIMとかあるけど、一番多く使われているのは「音声通話SIM」なんだ。
メインで持つ人はやっぱり自分の電話番号を持つ人が多いからね。

 

確かに、そうっスね。
今はどんな書類を書くのにも家電じゃなくて携帯番号を書きますもんね。

 

うん。そうなんだよ。
サブ機で持つ人とか、本当にLINEとかで間に合う人はデータSIMでも大丈夫だけどね。
だから、このページでは「音声通話SIM」をベースにした月額の料金価格について説明するね。

 

音声通話SIMは090/080から始まる電話番号が使えるSIMカードになります。今では、LINEの無料通話や050 plusといった通話アプリなどがありますが、自分の電話番号の必要性や音質、緊急通話(110や119)などの緊急通話が使えるといったメリットが多いから。

MNP(番号ポータビリティ)も簡単なので、キャリアから格安SIMに乗り換える人にもオススメです。

音声通話SIMの料金は1,000円から2,000円以内が主流

音声通話SIMにはそれぞれ「データ量が決まったプラン」があります。そのデータ量によって金額が違うので、自分に合った料金プランを決められるのが格安SIMの魅力の一つです。

 

大手キャリアもプランが決められるけど、高いんスよね〜

一般的に多く使われている音声通話SIMは月のデータ量が「3GBタイプ」の物が多く、月額1,500円〜1,600円ほどになります。

音声通話SIM 3GBの料金プラン

楽天モバイル

1,600円

DMM mobile

1,500円

mineo(マイネオ)

1,510円

OCN モバイル ONE

1,800円

因みに、大手キャリアと同じくらいのデータ量のプランと比較した場合は、

docomo データSパック 2GB

3,500円

au データ定額3 3GB

4,200円

ソフトバンク 小容量 2GB

3,500円

と、上記のように格安SIMの倍以上の月額料金になります。

 

実際に比較すると、ホント高っかいスよね。。

 

このデータ量の料金時点で結構な差が出てくるよね。
それに、家にWi-Fi環境が整っていると、実際は月に1GBちょっとしか使ってない人がたくさんいるんだよ。それなのに、キャリアのプランは「プランの数が少ない」のと「プラン自体が高い」理由からどうしても月々の支払いが高くなっちゃうんだよね。 これが、格安スマホに乗り換える人が急激に増えた一番の理由かな。


SIMフリー端末と音声通話SIMを使った実際の月額料金は?

 

音声通話SIMがキャリアよりも安いのはわかったんスけど、実際の月額料金って大体どのくらいになるんスかね?

 

端末代金とかプランによって異なるんだけど、上記でも登場した中堅スマホの中でも人気がある「ZenFone 2 Laser」を楽天モバイルも利用が多い3.1GBプランで使った時の利用料金は、

端末代金24回払い 1,026円+通話SIM 1,600円=2,626円

が毎月の支払い金額だね。


 

めっちゃ安いっスね!

 

最初だけ初期費用が3,000円かかるけど、3GBで月々2,600円は魅力だよね。
今はどこのMVNO社の公式サイトには、「料金シミュレーター」っていうツールがあって、金額やプランをチェックしていくと自動で月々の支払い金額を表示してくれるから凄く便利だよ。

 

あっ、それ便利っスね!
携帯ってキャリアに問わず、とにかくプランが多いから結局自分がどのプランにしたら良いのかわかならいんスよね。金額を表示してくれるのは有り難いっスね!

今ではどこのMVNO業者にも「料金シミュレーター」といったツールが設置されていて、実際に自分が毎月支払っている金額を打ち込み、希望の端末やプランを選択していくと自動で計算してくれる便利なツールがある。

楽天の料金シミュレーション

mineo(マイネオ)の料金シミュレーション

DMM mobileの料金シミュレーション

格安SIMの音声通話SIMで料金が最安値はどこ?

 

因みに、音声通話SIMで一番料金が安い所ってドコなんスか?

 

価格だけで言えば、DMM mobileだね。

dmmmobile

DMM mobileは、音声通話SIMが3GBで月額1,500円とMVNOの中では最安値。また、プランの数も1GB,2GB,3GB...と細かく、とても豊富。端末も人気のASUS ZenFone 2 Laserから、AQUOS SH-M01、HUAWEI P8lite、LG G2mini、Ascend G620S、Ascend Mate7と格安〜ハイスペックまで全て揃っています。

dmmmobileの端末

 

価格、端末には申し分ないっスね。
キャンペーンとかってあるんスか?

 

価格だけであれば業界最安値だからね。
ただ、月額料金を限界まで下げているから、「キャッシュバック」や「○ヶ月間***円割引き」とかっていうキャンペーンはあまり出してないかな。

DMM関連が10%値引きになる物もあるけど、使わない人にはメリットがないかな。それでも月額料金が安定して安いから、特にポイントとかそういったのを気にしない人はDMM mobileはおすすめだよ。


⇒ DMM mobile の詳細を見てみる!

音声通話SIMで「かけ放題」がある格安SIMはあるのか?

 

そういえば、格安SIMにもキャリアみたいな「かけ放題」ってあるんスか?

 

通話が多い人には気になる所だよね。
残念だけど、格安SIMを扱うMVNO業者にはキャリアのような「どんなに通話しても一定額で収まる」かけ放題プランは今の所(2015年9月)はないんだ。

代わりに、音声通話SIMでも上手に使えば通話料が実質通話無料のMVNO業者は2社あるよ。


 

マジっすか!
それも教えて下さい!

実質通話料が無料になる音声通話SIMを扱うMVNO2社の紹介

上記でも触れましたが、現在2015年9月の時点で、一定額を支払えば固定電話やスマホにかけても常にかかる料金は一緒のプランは格安SIM業界にはありません。

日頃通話が多い人はにとっては、格安スマホに変えるメリットが無いように見えますが、ある一定の通話で済むのであれば実質通話料が無料になるMVNO業者はあります。

一回の通話が10分以内なら月300回までは無料のY!mobile

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金プランは3つでシンプル。データ量が1GB.3GB.7GBからなるプランで、全てのプランに「10分以内の通話であれば、月300回まで無料」といった通話が多い人には嬉しいサービスを行っています。LINE通話や050 plusといった電話アプリもありますが、仕事など大切な話をする人にとっては、通話品質がちょっと心配な部分でもありますよね。Y!mobileであれば、利用するのは090/080といった通常の電話番号なので通話の質は当然良いです。

Y!mobileかけ放題

大手という安心感もあって、口コミや評判なども良好です。
口コミ評判は、別ページでまとめていますので、気になった方は参考にしてくださいね。

唯一のデメリットは、Y!mobileの俗に言う「縛り」は2年と半年〜1年が平均的なMVNOにしては長いんですよね。もう1つは、2年の契約が過ぎると、割引きが外れてしまい全プラン月1,000円値上がりしてしまいますので、契約の際は2年後も考えるひつようがあります。これは僕の勝手な考えですが、2年もすれば新しいプランなどが出てますでしょうし、今よりもお得なMVNOが出てるかと思います。なので、そこまで心配しなくても大丈夫だ。というのが楽観的な僕の感想ですね。

3種類の無料通話プランがある「もしもシークス」

もしもシークス

「もしもシークス」はY!mobileの次に、無料通話分を含んだプランがあるMVNO業者になります。

プラン別によって、「無料通話の時間」と「月に使える回数」が分かれているのが特徴。「無料通話は欲しいけど、安くすませたい」と月額1,980円といった格安プランがあるので、無料通話も欲しいライトユーザーにはオススメのMVNO業者でもあります。

もしもシークスの料金プラン

注目する点は、もしもシークスはプラン別によって1回の無料通話の時間と回数が異なっています。Y!mobileは全プラン同じになります。

「もしもシークス」の一番安い1,980円(1GB)は、「Y!mobile」のスマホプランSよりも1,000円安いですが、仮に無料通話分を使い切ってしまい、通常通話で月に30分使うと別途通話料分が1,200円かかってしまうので、Y!mobileよりも高くなってしまいます。

 

もしもシークスの方が1,000円安いけど、一回の通話が3分っていうのが難しいっスね。

 

そうだね。こればっかりは使う人によって異なってしまうから、正しい答えはないかもね。
でも、注目するのはお互いの「真ん中のプラン」なんだ!


「Y!mobile」のスマホプランMは、月額3,980円に対し、「もしもシークス」のあんしんコースは2,980円。しかし、データ量が大きく異なります。スマホプランは3GBですが、もしもシークスは7GB。

 

7GBもあるんっスか!!
大手キャリアだと7GBクラスのコースだとそれだけで月6,000円以上するっスよ!

 

改めて格安SIMが安いっていうのがわかるよね。

比較表にしてみると、以下のような感じになります。

Y!mobile
(スマホプランM)

3,980円

3GB/月

10分/月300回

もしもシークス
(あんしんコース)

2,980円

7GB/月

5分/月30回

キャリア

6,000円以上

7GBコース

かけ放題2,700円

無料通話プランがある2社のまとめ

Y!mobileは、全プランに10分/月300回のサービスなので、「通話がとにかく多い」人向いています。一方、もしもシークスの「あんしんコース」は5分/30回ですが、データ量が7GBと大量にあるのに月額2,980円と驚きの安さです。

7GBあれば、動画などにも十分過ぎる容量なので、「無料通話は少しでいーから、データ量は欲しい」という人に向いています。お好みに合わせてどちらも電話をかける人にとっては有り難い格安SIMですね!

⇒ Y!mobileの詳細はコチラ

 

やっぱり通話をする人にとっては、無料通話サービスは有り難いっスね。

けど、色々なMVNO会社があると悩むっスね。。


 

それじゃ、最後は「迷った時」に選んでおけば間違い無いMVNO業者を紹介するね。

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる