30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安SIMを詳しく知りたい!! > 格安SIMとは?わかりやすく解説

話題の格安SIMとは?画像付きで格安SIMをわかりやすく解説します!

テレビCMや広告でも見たことがある人も多いと思いますが、楽天モバイルやマイネオ、UQモバイルといった格安SIMを使えば、毎月のスマホ代を大幅に安くできますよ。

認知度が上がってきて名前や安くなると分かっていても、今まで使い慣れていたキャリアからイザ格安SIMに乗り換えるのに「不安」という方も多いかと思います。

「ちゃんと使えるの?」
「どうやって乗り換えるの?」
「サポートや保証は?」

このような様々な不安や疑問がありますが、実際フタを開けてみればそんなに難しいことはありません。個人的な感想ですが、キャリアのプランの方がよっぽど複雑です苦笑。

このページでは、「格安SIM」についてまだよくわからない人に向けて、「格安SIMとは何なのか?」をわかりやすく紹介しています。

格安SIMとは

今までは、大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクのスマホはそれぞれの端末に「SIMロック」がかかっており、キャリア以外でその端末を使うことが出来なかったのですが、2015年5月の「SIMロック解除」をキッカケに、キャリア端末の中に入っているSIMカードを入れ替えることが可能になりました。

それに伴い、大手の楽天や、UQモバイル・マイネオ・LINEなどスマホ業界とは関係の無かった会社が、それぞれの「SIMカード」を作りました。そのSIMカードを使うと余計なプランが無い分、月額料金が従来の半分以下になると話題になって、2015年5月以降劇的に普及し始めています。

 

あ!何かこれ聞いたことあるっス!


 

こういった、楽天モバイルやLINEモバイルのことを「MVNO」って言うんだよ。


 

そうなんスね〜
それじゃ、この楽天とかのMVNO業者さん達が独自に回線を提供してるんスか?


 

いや、ちょっと違うんだ。
MVNO業者さんが扱う電波は、ドコモやauの電波を借りてるだけで、使う電波とかはドコモやauの電波と変わらないんだ。


MVNOとは

MVNO」とは、大手キャリアの回線を借りて、通信サービスを提供する事業者になります。その提供している事業者がCMでよく見る楽天だったり、Y!mobileといった会社になります。

また、そのMVNO業者が提供するSIMが月額料金が割安ということで、スマホの運用コストを大幅に抑えることが可能になっています。

MVNOの説明

 

なるほど。
そうすると、電波のっていうか、音声品質はどうなってるんスかね? やっぱり安く提供してるから「ザーザー」とか途中で切れたりしちゃうんスか?


 

あっ、それは格安スマホが出始めた当初によく言われてたコトなんだけど、全然そんなことはないんだよ。回線を借りてるだけだから、使っている電波は同じだから大丈夫なんだ。


 

なるほど、そーゆーことなんスね!
因みに、その楽天とかが出している「格安SIM」を使うと実際どのくらい安くなるんスか?


 

オッケ。それじゃ次は料金について説明するね。


格安SIMを使った時の月額料金について

 

それじゃ、まずはひよこ君の今の料金っていくらかな?


 

えっと、スね。
今はドコモで、「カケホーダイ」プランで2,700円、spモードで300円、データMパック(5GB)で5,000円だから8,000円スね。それにモンストの課金が月少々・・・


 

大手キャリアだと、だいたいそんな感じだよね。モンストの課金は別として、auもソフトバンクも同じくらいのプランがあるよね。

これが、例えば楽天モバイルの同じ5GBにした場合だと、月々2,150円なんだ。


 

はっ!?2,150円スか!?
1/4じゃないっスか!?何でそんなに安いんスか??
もしかして、サギっスか!?


 

定番のリアクションだね(笑
格安SIMは大幅に料金が安くなるから、最初聞いた時はひよこ君みたいに、「騙されてる?」「話が旨すぎない?」って不安に思うんだけど、格安SIMの仕組みを理解する納得できると思うよ?


一般的なキャリア料金プランと格安SIMのプランとの比較

最初に上記のひよこ君が現在使っているドコモのプランと楽天モバイルを比較してみます。

カケホーダイプラン 2,700円

通話SIM 5GBパック 2,150円

spモード 300円

-

データMパック(5GB) 5,000円

-

合計 8,000円

合計 2,150円

上記のように、格安SIMは余計なプランを排除しているので、月額料金が大幅に削減されます。ポイントはキャリアの「カケホーダイ」が無いことと、同じ5GBプランでもMVNO業者の方が半額なのも大きいですね。

 

なるほど、余計なオプション的な物が付けられてないから安く済むんスね。

 

そうゆうことだね。

 

ちょっと、質問いいスか?
キャリアの「カケホーダイ」がない分、格安SIMの通話料金はどうなってるんスか?

 

いい所に気がついたね!
それじゃ、ちょっと説明するね。

格安SIMにした時の通話料金は?どんな人が向いてる?

格安SIMは、従来キャリアのような「カケホーダイ」プランがないため、電話料金は30秒20円と本来の価格で加算されていきます。そのため、「普段通話をあまりしない」「LINEで用事がすんでしまうことが多い」「通話もLINEやスカイプで十分」という人は格安スマホ(SIM)に向いていると言えます。

通話が多い人は別ページで超詳しく書いてあるので、コチラを参考にしてください!

格安SIMの種類について

格安SIMには大きく分けると4つ種類があるのですが、それぞれ使い方が異なるので簡単にわかるように表にしてみました。

格安SIMの種類

音声通話SIM

データSIM

SMS付きデータSIM

IP電話付きSIM

音声通話に加え、SMS、データ通信の全てが使える。基本MNPにも対応しているので、キャリアの電話番号を引き継いでそのまま利用が可能。

データ通信のみに対応したSIMカード。ネットやメール、SNSだけを目的とした人に向いている。とにかく月額利用料金が安いの月1000円以下での運用も可能。

データSIMにSMS機能がついたSIM。ソーシャル系の認証が必要な場合はSMS機能付きのSIMじゃないとダメ。月額料金もデータSIMに+150円ほどなのでおすすめ。

データSIMにIP電話アプリが付いたSIM。SMS機能を別途で付けられるMVNO業者もあり。通常通話よりも割安にかけられる「050 plus」が代表的。

ここが○

・090/080の番号が使える

・MNPが使える

ここが○

・とにかく安い

ここが○

・SMSの送受信ができる

・あとからオプションとして付けられるMVNOもあり

ここが○

・SIM自体に音声通話が付いていなくても一般の電話と通話ができる。

・通話アプリとセット料金でお得になる

ここが×

・基本料金はデータSIMと比べると高い

ここが×

・電話番号がないので通話やSMSができない

ここが×

・電話番号はSMS専用なので通話はできない

ここが×

・通話アプリは110番などの緊急電話に発信できない

取扱いMVNO 多数

取扱いMVNO 多数

取扱いMVNO 多数

取扱いMVNO 少ない

 

色々なSIMがあるんスね〜。

 

そうだね。
でも基本的には、「音声通話SIM」「データSIM(SMS付き)」の2つがほとんどかな。通話機能が必要か、不要かっていうことだけだね。

格安SIMとは?格安SIMが安い3つの理由&まとめ

 

何となくだけど、SIMについて少しは分かったかな?
それじゃ、要点を絞って「格安SIM」についてまとめてみるね。

「格安SIM」とは楽天やOCN、BIGLOBEなどのMVNO業者が提供している通信サービスでそれを利用できる「SIMカード」のこと。何といっても料金が安いが安いのが特徴。

いままで、キャリアスマホの料金プランはどんなに安いプランでも月額平均6,500円かかってしまい「日本はスマホが高い!」とも海外の人から言われていました。けど、最近は海外では主流の「SIMフリースマホ」のように、日本も2015年5月に「SIMロック解除」が行われ、月額1,000円以下という価格で利用できる「格安SIM」が登場しました。

その安さの理由は3つ。

 

  • サービスを提供しているのが「MVNO」
  • 利用できる通信量を自分で調整可能
  • 人件費の削減

 

サービスを提供しているのが「MVNO」

MVNOとは自社の通信設備を持たないで、docomoやauの回線を借りて通信サービスを提供している会社のこと。最近では、一気にMVNO業者が増えてきて、その数何と150以上!

料金価格には驚くほどの差はないが、OCN(NTTコミュニケーションズ)BIGLOBEを初めてとした大手通信会社だけでなく、楽天モバイルY!mobileといった大手会社もドンドン参入してきて、より良いサービスと顧客確保の為にポイントや割引き、キャッシュバックなどを打ち出して今後も期待ができる。

利用できる通信量を自分で調整可能

格安SIMは、スマホの利用が少ない人に向いている理想的な代物。これまで大手キャリアはどれも「定額制」が強く、価格の幅が狭かったので、スマホの利用が少ない人でもそれなりに高い月額料金を支払わねばならなかった。

けど、「格安SIM」は自分のライフスタイルに合わせて、データ量を調整出来、それに見合った料金で契約出来るといったのが大きなメリットで人気度が一気に高まりました。

楽天モバイルプラン

今では、新プランを増やすMVNO業者も増え、データプランの幅も広がり、通話料は抑えてデータ利用量だけを増やす。といった人もいます。音楽やゲーム、動画などの利用が多い人には嬉しいプランですよね。特に、プランの多さと安さで人気が高いDMM mobileは業界一プランが多いです(笑

いまでは、「料金シミュレーター」といった、金額を入力していくだけで自分に合ったツールをどこのMVNO業者も取り入れているので、「自分に合った格安SIMはどれなのか?」が明確にわかるので、一度試してみると面白いですよ^^

⇒ 現在利用料金よりもどのくらいお得になるかシミュレーションしてみる!(提供:楽天モバイル)

人件費の削減

これも安さの理由の1つですが、格安SIMは実店舗を持たなく、ほとんどがネット上で事を終えてしまいます。(ホント便利な世の中ですよね。)そのため人件費がほとんどかからず、その分価格の安さに反映されているのですね。

海外では缶コーヒーの自販機があると同じように、格安SIMの自販機もおいてあります。日本では格安スマホの普及率が11%のため、道ばたには置いてありませんが、今後もしかすると出てくるかもしれませんね。因みに多くの外国人が行き来する成田空港には「格安SIM」の自販機がおいてあります。

 

ここまでの説明で少しは格安SIMについてわかったかな?

 

ちょっと専門用語が多いけど、オッケーっス!

 

はははw
そうだね、普段聞き慣れない言葉が出てくるから戸惑うよね。
とりあえず格安SIMって、

大手キャリアよりも月額料金が安くなる
格安SIMを取り扱っているのはMVNO会社
格安SIMには、音声通話SIMとデータSIMの2種類がある

この3つだけ頭の片隅にでも入れておけば大丈夫だよ。