30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト

格安スマホってなに?

2015年5月に実施された携帯電話のSIMロック解除の義務化によって、これまで不動の御三家だったdocomo,au,SoftBank以外に、大手電機メーカー、大手通信企業、メディア企業などが続々スマホ業界に参入して来ました。

それにともなって従来の御三家プランよりも、コストを抑えた新料金プランがガンガン打ち出されて、スマホユーザーにとって一番のネックだった月々の使用料金が大幅に下がる(お財布に優しい)と話題になり、一気に『格安スマホ』っていう名前が広まりましたね。けど、急激に広まったのもあって、まだ多くの人が仕組みを理解してなく、「格安スマホって何?」「何でそんなに安いの?大丈夫?」などといった人も多くありません。

当サイト(格安スマホ-解体新書)では、そういった格安スマホ初心者に向けた情報サイトです!

格安スマホって何?

格安スマホの紹介

上記でも書きましたが、最近は広告やテレビCMで『格安スマホ』を目にすることが増えましたよね。実際に僕や母親も格安スマホは使っています。

けど、認知度は高いけど、『仕組み』はよく分からないって言う人も多いです。「月々安くなるなら変更したい!」という人が一番多いかと思いますが、『安くて大丈夫?』『ちゃんとしたスマホなの?』などの不安がチラホラと。

このページでは、格安スマホ初心者に向けたページで、順を追って説明して行きますので、どうしても不安だという人は丁寧に書いていますので、ぜひ読んで行って下さい!

御三家と格安スマホの違いについて

大手キャリアと格安スマホ

結局何が違うのか!?って最初気になるかと思うんですけど、細かい話を抜きにすれば御三家(ドコモ・au・SoftBank)と格安スマホって違いはありません。使うスマホ自体も同じ様な機種になります。

一部例外はありますが、電話・メール・LINEはもちろん、パズドラ・モンストなどのゲームアプリも使えます。ただし、お財布ケータイやワンセグといった特殊な機能は搭載されていないことが多いようです。他はほとんど変わりません。

通話エリアも大手スマホ会社と同じ回線を使っているので、圏外になるといった心配もありません。

元々、格安スマホっていう言葉は後から作られた言葉で、本来は低価格のスマホ(端末)と格安SIM(通信プラン)がセットになった物を『格安スマホ』っと呼んでいます。

勘違いしがちなのが、格安って聞くと何か「クオリティーが低い」イメージを連想しがちですが、そんなコトはありません。ただのセットの呼び名だけになるので安心して下さいね。

格安スマホの説明

格安SIMカードとは

実際に現物を見た人はいますか?
スマートフォンの中に入っている小さいICカードの事です。最近だとBIGLOBEやTSUTAYA、Yahoo!などの有名企業がドコモやauなどの通信回線を借りて、SIMカードを使いインターネットや通話のサービスを提供しています。

これらによって御三家よりも安くインターネットや音声通話ができる様になります。格安SIMについては、別ページで詳しくまとめています。格安SIMだけを必要としている人向けのページでもありますので、ぜひご覧ください!

格安SIMカード 初心者向けに宇宙一解説しちゃうよ!

月額1000円〜2000円台!でも何で格安スマホは安いの?

格安スマホの料金は大手キャリアの数分の一といった驚いた価格です。
けど、何故ここまでの低料金が実現するコトが出来るのでしょうかね?

その正体はMVNOにあります。MVNOとは、大手キャリアの様に独自の回線設備を持たず、他社から借りたモノを使って通信サービスを提供している事業者のことを指します。

要は、通信回線を又貸ししてるってワケですね。

では、話を戻します。

スマートフォンとデータ通信料金が安い

格安スマホがなぜ安いのかを説明図

格安スマホは御三家のプランよりも大幅に料金を抑えられるプランが多いです。格安スマホは低価格のスマホが中心となっていて、その末端に対してSIMカードもデータ通信料金が抑えられた格安SIMが使われているのが格安スマホの仕組みになっています。

なお、格安スマホは低価格でも機能はハイスペックな末端が多数あるのも人気の一つです。

通話料金がプランに組み込まれていない

通話の分だけ料金が上がる

御三家のスマホは、毎月の通話料金が割引になっていたり、定額になっていますよね。その料金分が既に含まれているプランが多いです。ですから、あまり通話をしない人にとっては割高になります。

一方、格安スマホのプランには通話料金が組み込まれていません。使った分だけが課金される仕組みになっているので、その分月額料金を安くするコトができます。

僕もほとんど通話は使いませんし、連絡手段はLINEやスカイプといった無料の通話アプリを使います。一昔に比べて音質が段違いで良くなっていますので、支障は全くありません。

大手キャリアよりも格安スマホって安いから不安なんですけど。。

やっぱり普段から月額8000円とかが当たり前だったので、突然安くなると「何かウラがあるんじゃないのか?」っと警戒する人も多くありません。上記でも説明しましたが、格安スマホは余計な部分をそぎ落としただけであって、大手キャリアのスマホとさほど変わりはありません。その部分を幾つか挙げてみました。

 

格安スマホと大手キャリアの共通点

 

  • 対応エリアはdocomoと同じ
  • ハイスペックな端末が揃っている
  • LTE対応で高速通信可能なプランが揃っている
  • 自分に合ったデータ量で通信プランのコントロールができる

 

それでは一つずつ見て行きましょう!

対応エリアはdocomoと同じ

格安スマホの通信のほとんどはdocomoの回線を借りて提供している(MVNO)がほとんどです。一部ではmineoなど、auの回線を使っている業者もあります。この様に大手3キャリアの回線を利用しているため、安くても安心して利用できます。

ハイスペックな端末が揃っている

現在の格安スマホ端末は最新のOSが搭載されていたり、国内外での人気のあるハイスペックな格安スマホが多数揃っています。登場したての頃は端末がよく"型落ち"だから安いと言われている事が多かったですが、人気が出てから各社競う形で新機種を打ち出しています。

これは僕の勝手な想像ですが、今後ますます需要が見込まれるので、高級スマホに引けをとらない割合で新機種は続々出てくると思っています。

LTE対応で高速通信可能なプランが揃っている

格安スマホは料金が安いにもかかわらず、LTE対応で高速通信が可能なプランが各社多数揃っています。「大手3社から乗り換えると遅くなるでは?」と不安に感じてる方でも安心して利用が可能です。

自分に合ったデータ量で通信プランの料金をコントロールできる

当然ですが、データ量の少ないプランの方が通信料金を抑えられます。各業者一番表に記載されている価格(宣伝など)はデータ量が一番少ないプランになってます。データ量は使う人それぞれで全く違うので、一番少ないプランでも大丈夫っていう人もいますが、これまでガンガン使っていた人が、イキナリ最安値のプランにすると全く使い物になりません。格安スマホを購入する方はこのデータ量がポイントになってきます。

データ量の目安については、コチラで紹介しています。

格安スマホの料金はどこまで安くなる?

安さがウリの「格安スマホ」ですが、実際どのくらい安くなるんでしょう?

これは各会社によって違いますが、どのキャリアでも電話の通信料に関しては大手スマホ会社御三家と大差はありません。変わってくるのは、基本料金、メールやLINEなどの通信料、スマホ端末代金ということになります。

一般的な例えですが、御三家なら最新機種を2年間分割割で購入する代金を含め、月額6,500円〜8,000円が一般的です。これが格安スマホなら、スマホ端末代金を含んで月額2,000円〜4,000円の半額以下で利用が可能となります。

さて、次の回では「どういった人が格安スマホが合うのか?」「ガンガン使っている人は格安スマホは無理?」という少し話を掘り下げていきますので、スマホ料金の高さに閉口している方はぜひチェックして下さい!

メニュー

格安スマホランキングはこちら