30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホを詳しく知りたい > 格安スマホで長電話すると損!?

格安スマホで長電話すると損!?

格安スマホの音声通話

格安スマホの場合、YouTubeなどの動画を長時間見るのはあまり適していませんが、その他音声通話(普通の電話)を長時間通話する方は、使い方に注意しなければ逆に損をする可能性があります。

この回では、「格安スマホの音声通話」について詳しく説明しています!因みに、「私はほとんど通話は使わない」っていう人はこのページは飛ばして頂いてOKです。

格安スマホの音声通話の注意するポイント

格安スマホの音声通話図

上の図は(平成27年1月4日)の一般的な格安スマホと、docomoの「カケホーダイ」契約を利用した時の音声通話料金の比較図です。
※データ通信料は含んでいません。
※au,SoftBankにも同様のプランがあります。

「カケホーダイ」は現在(2015.7)では大手キャリアでは主流になっているプランで、いくら電話をかけても定額の支払いで済むというプランですよね。

2年間はdocomo以外に乗り換えないという条件付きで、2,916円。条件無しで4,536円でかけ放題になります。

よって、「カケホーダイ」のプランがない格安スマホは30秒21.6円の場合、月に27.5分(または、65分)以上の音声通話をしてしまうと、docomoよりも高額になってしまう計算になります。

上の図には、データ通信料や分割支払い代金を加算した、毎月最低限支払う「実際の基本料金」に差がありますので、総支払い額を考えると、さらに余裕が見込めます。

逆に、「通話をほとんどしない」「LINEトークだけで用は済ませてしまう」という人は格安スマホに適していると言えますね。

音声通話を安く抑えて電話する

格安スマホをホントの意味で安くするには、電話アプリの導入は必須になります。格安スマホや、キャリアの通話料の半額以下で電話できるほか、基本料金は無料または、数百円程度と手軽に導入できるのも魅力の一つです。

電話アプリを活用して、格安スマホの利用料金を徹底的に抑えましょう!

電話アプリ

方法は、大きく3つあります。

 

・LINEなどの、無料通話アプリを利用する
・050プラスなどの、VoIP電話アプリを利用する
・「楽天でんわ」などの、格安通話サービスを利用する

 

それでは一つずつ見て行きましょう!

LINEなどの、無料通話アプリを利用する

大半の人が使っている「LINE」をはじめ、「スカイプ」や最初からiPhoneに標準搭載されている「Face Time」、AndroidOSに搭載されていて、iPhoneでも使える「ハングアウト」など、無料で通話できるアプリが今では沢山あります。

これらは、通話相手にも同じアプリがインストールされているのが条件なので、全ての人に対して使える手段ではありませんが、頻繁に長電話する相手ならお互いにアプリを決めておけば、かなりの通話料金がカットできます。

これらの通話アプリは電話状況が悪いときにプツプツと切れてしまったり、相手の声が聴き取りにくいといった欠点もありますが、積極的に活用するべきです。一昔前に比べると音質も改善さて、僕はLINE電話で苦労したことはありません。

050プラスなどの、VoIP電話アプリを利用する

VoIPサービスとは、それぞれ提携している050で始まる電話番号同士(各社異なります)なら無料で、一般的な携帯電話や固定電話にも格安で通話できるサービスになります。

050で始まる電話番号は、既に見慣れている人も多いのではないでしょうか?通話料金を大幅にカットできるので、企業を中心に、各家庭の固定電話でも使われています。

これは、LINEの無料通話アプリと違って、相手側のアプリ導入には左右されないのが利点になります。しかし、110番や119番など緊急電話番号に掛けられなかったり、無料通話アプリ同様、通話品質が格段に良いというワケではありません。

「楽天でんわ」などの、格安通話サービスを利用する

一般的に通話料金はどこの格安スマホ業界では横並びになっていますが、「楽天でんわ」「G-Call」など、音声通話を約半額の30秒10円程度で利用できるサービスもあります。

上で説明した、2つのサービスとは違い、普通の携帯電話と同じ通話専用回線を使っているので、通話品質が高いのが利点になります。ただし、緊急電話番号には掛けられないという点は、本来の電話機能と全く同じとはいかない部分もあります。

また、上記でも説明した2つはデータ通信として通話しますので、格安スマホでは気にしがちな「データ量制限」を気にする必要性が出てくるのですが、この場合はその心配が無いというのもメリットだと言えます。

 

このように、状況に応じて上記のサービスを併用しながら、上手に節約すると良いと思います。

通話アプリや、「楽天でんわ」といった音声通話に関しては、別ページで詳しく説明しているので、格安スマホで電話を踏まえて考えている人はぜひ参考にして下さい!

通話が多い人は、Y!mobileがお得!

「電話アプリ」の利用もかかせませんが、元々通話を含めて格安スマホを視野に入れて入れている人は、Y!mobileもおすすめです。

月に10分以内の通話が300回まで無料といったサービスがあり、MVNO業者の中で現在無料通話があるのはY!mobileのみとなっています。

⇒ Y!mobile公式サイトへ