30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書LINEモバイル > LINEモバイルのLINE OutとLINE Out Freeを使いこなす方法について

LINEモバイルのLINE OutとLINE Out Freeを使いこなす方法について

このページでは、LINEモバイルのLINE OutとLINE Out Freeを使いこなす方法について詳しくご説明しています。

LINE Outとは?

スマホの電話代を節約したいと考えている方にLINE Outは適しており「IP電話機能の一つ」です。

国内外へと携帯電話でも固定電話でも、無料で通話できるのが特徴となっています。

LINEアプリの無料音声通話とどう違う?

LINE OutとLINEアプリの無料音声通話は同じだと考えている方は多いものの、幾つかの違いがあるので見ていきましょう。

・LINE Outは相手がLINEユーザー以外でも電話が可能
・電話回線を使うのでクリアな音質で快適な通話ができる
・コールクレジットと30日プランの2種類の料金プランがある

原則的にはLINEアプリとは異なり、一定額の料金を支払わなければなりません。

LINE Outの通話と通常のケータイでの通話は何が違うの?

通常のケータイでの通話とは異なり、LINE Outはアプリ上で通話をしていきます。

@通話画面で電話番号を入力する
A連絡先アイコンをタップする
B友達のプロフィールから発信する

このような流れで通話が可能です。

LINE Outの料金

LINE Outを使用するに当たり、料金を支払わなければなりません。

2つの料金プランについて

以下ではLINE Outの2つの料金プランについてまとめてみました。

・コールクレジット:使う分に合わせて前もってチャージする
・30日プラン:1ヶ月間に渡って決められた時間だけ通話できる

どちらにしても固定電話への通話料金が安く設定されているのが特徴です。

LINE Out freeとは?

次にLINE Out freeとは何なのか見ていきましょう。

●「LINE Out Free」はどこにでもかけられるLINE Outの無料通話サービス

LINE Outは本来であれば有料のサービスですが、「LINE Out Free」はどこにでもかけられる無料通話サービスとなっています。

・発信する前に15秒間の広告動画を視聴する
・その後で無料で通話することができる
・携帯電話へは1分、固定電話へは3分と決められている

幾つかの規定があるものの、無料なのが最大のメリットです。

LINE Outはカウントフリーなの?

LINE Outはカウントフリーなので、データ量としてカウントされません。

  • ・LINE
  • ・Twitter
  • ・Facebook
  • ・Instagram

これらのデータ通信とは異なるので非常にお得です。

LINE Outの通話音質は通常使用ではほぼ問題なし

LINE Outはパケット通信と電話回線の両方を使って通話する形となり、通話音質は通常使用でほぼ問題はありません。「相手の声が上手く聞き取れない」「通話していると雑音が混じる」といった心配はなく、快適なのが人気の秘訣です。

LINE Outを利用するには?

LINE Outを利用するにはどうすれば良いのか、以下のページでは詳しくまとめてみました。

まずは「LINE」アプリをインストール

まず最初にLINE Outを利用するには、LINEアプリをインストールしなければなりません。

・iPhoneであればApp Storeから検索
・AndroidであればGoogle Playから検索

上記のように使用するデバイスによって異なります。またショートカットも作成できるので、頻繁に使う場合はホーム画面に置いておくと便利ですよ。

「LINE」アプリの初期設定

LINEアプリの初期設定は、アイコンをタップするとプッシュ通知の許可を求めてきます。

OKを押した後に、「新規登録」⇒「ユーザー認証」⇒「電話番号の確認」と進め、届いたショートメールへと認証番号を入力するだけなので難しくありません。

LINE Outの使い方(LINEアプリからLINE Outを開く)

LINE Outの使い方は基本的に普通の電話と一緒です。

@LINEアプリからLINE Outを開く
Aダイヤルパッドに電話番号を入力する
B発信ボタンをタップする
C連絡先に登録されている際は表示される候補をタップして発信可能
D呼び出しの後に相手が応答すると通話が開始

LINE Outでの発信方法

上記でも簡単に説明しましたが、LINE Outでの発信方法は大きく分けて以下の2種類です。

・キーパッドマーク部分をタップして相手先の電話番号を画面上に入力する
・登録されているアドレス帳の中から相手を選んで発信する

有料通話の料金プランを選択している場合は、クレジットの残高が減ります。

LINE Out発信に必要な「コールクレジット」や「30日プラン」の購入方法

LINE Out Freeを使わない場合、LINE Outの発信では自分の希望に合う料金プランを購入しなければなりません。

LINE Out発信間際の画面から購入する方法

左下に位置している「i」ボタンをタップすると、LINE Outの発信間際の画面からプランを購入できます。

プランへと加入した後に自由に相手先との通話が可能です。

「コールクレジット」や「30日プラン」を事前に購入しておく方法

コールクレジットの場合は事前に購入することができます。

1 LINEのアプリ内で240クレジットを使う
2 LINEストアで複数種類のクレジットを購入する

この2種類となっており、1ヶ月間で決められた時間の通話が可能な30日プランもLINEストアから事前購入が可能です。

もっともオススメの購入方法はどれ?

「面倒な作業が苦手」という方には、LINE Outの画面から操作する方法がもっともオススメです。初心者で使い方が分からないとしても、ヘルプメニューで分かりやすく説明がなされているので問題はありません。

LINE Outのメリットやデメリットと使う時の注意点

以下では、LINE Outのメリットやデメリット、そして注意点を幾つか挙げてみました。

LINE Outのメリット

・非常にクリアな音質で快適に通話ができる
・携帯電話だけではなく固定電話への発信が可能
・コールクレジットであれば100円から購入可能
・国際電話は日本へとかけるよりも安い
・LINEのアプリが入っていれば特別な手続きやインストールは不要

LINE Outのデメリットと注意点

・警察や消防といった番号には発信することができない
・ドコモの携帯に発信すると非通知となる
・コールクレジットは固定電話1分で3円、携帯電話1分で14円が発生する

LINEモバイルでLINE Outを使うさらなるメリット

近年ではLINEから提供されている格安SIMのLINEモバイルを使用するユーザーが増えました。このユーザーであればLINE Outからのカウントフリーの対象となり、他の格安SIMを使っている人よりも大きなメリットがあります。

無料で使える広告宣伝つき電話サービスのLINE Out Freeも上手く活用していきましょう。

まとめ

以上のように、LINEモバイルでLINE OutやLINE Out Freeを使いこなす点についてまとめてみました。幾つかのデメリットや注意点はありますが、お得な機能なのは間違いないので是非一度試してみてくださいね。

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集