30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書LINEモバイル > 【比較】LINEモバイルとマイネオってどっちがオススメなの?

【比較】LINEモバイルとマイネオってどっちがオススメなのか検証してみた!

 

こんにちは、スマホ部長です。

実際に格安SIMを申し込むにあたって、LINEモバイルとマイネオだと一体どっちが使い勝手がいいのか?と悩む方も多いかと思います。

どちらも人気は高いですし、正直迷う部分もありますが、今回それぞれの特徴どういった人が向いているのかなどを比較検証してみました。


今までは満足度1位を誇るmineo(マイネオ)ですが、2016年9月よりLINEモバイルも格安SIM業界に参入してきました。

最大のウリがSNSにかかるデータ料が一切カウントされない。というメリットがあります。既に知名度もMAXなので、気になっている方もとても多いかと思います。

そこで、今回はこの2社のサービスを比較して、どちらがいいのかを検証してみたいと思います。悩んでいる人はぜひ参考にして下さいね。

LINEモバイル公式へ

LINEモバイル

それではまず、LINEモバイルから見ていきましょう!

LINEモバイルの料金プランは?

LINEモバイルの料金プランは2種類あります。

LINEフリープラン
1GBのみ、LINEが全て使い放題
データSIM500円、通話付きSIM1,200円

コミュニケーションフリープラン
3GB/5GB/7GB/10GB
LINE、Twitter、Facebook、インスタが使い放題

1GB以外の料金プランは他の格安SIMより若干高いですが、SNSが使い放題という要素もあるので、TwitterやFacebookなどで毎月2GB以上消費している方にとっては嬉しいですね。

毎月5GBのプランを使っていたとしても、SNSがカウントされませんので、1つ下の3GBプランに下げれば料金も安くなります。

LINEモバイルの強みはどんなのがあるか?

まず、LINEモバイルはSNSが使い放題なのが最大の強みですが、その他にも独自の機能がまだまだあります。

●LINEの年齢認証機能・ID検索に対応
●LINE友達へのデータプレゼント
●余ったデータの翌月繰越
●料金やデータ量の確認がLINEでできる
●LINEポイントが毎月1%還元される

まず、LINEモバイルを使っている同士でLINE友達になっていれば、当月中に使い切れなかったパケットもLINE友達に送ることができますし、自分でも来月末まで繰り越すことが可能です。また、自分も貰うことができるのでお互い助け合うことができるので便利ですよね!

また、他の格安SIMではLINEのID検索が使えませんでしたが、LINEモバイルだけはID検索が使えます。「これがあるからLINEモバイルに決めた!」という決定打にはなりませんが、地味に便利な機能です。

他にもLINEから毎月の料金確認やデータ量の確認ができたり、毎月使用料の1%がLINEポイントとして反映されます。コツコツ貯めればスタンプが1つただで買えますね。

LINEモバイルの通信速度は?

LINEモバイルの通信速度は現在(2016年11月4日)は爆速となっています。まだ出来たばかりの格安SIM会社なので契約者が少ないから回線を圧迫する要素がないので、当然といえば当然ですね。

今後僕もLINEモバイルの速度計測をしていきますが、現在の所はまだ未知数です。知名度も高く、信頼性が高い会社なので通信回線の強化&サーバー強化は間違い無くしてくるので「使えねーよ!」という心配はないと僕は思っています。

初期設定後に計測してみました。

時刻

下りMbps

上りMbps

PING ms

9:08

29.93

10.38

38

11:32

30.84

10.58

29

12:01

18.26

5.54

35

14:27

23.13

9.76

37

15:11

34.25

2.55

37

15:55

13.13

3.98

34

以下が、キャプチャー画像になります。

LINEモバイルは、ドコモ回線のみ

LINEモバイルはドコモ回線を使用した格安SIMになります。

なので、ドコモ版のスマホ(iPhoneを含む)、SIMフリー端末は使えますが、au・ソフトバンクのスマホは使えません。

どうしても、au・ソフトバンクのスマホでLINEモバイルを使いたいのであればSIMロック解除の手続きが必要となります。また、SIMロック解除は2015年5月以降に発売されたスマホが対象となっていますので、ご注意下さい。

●ドコモ端末ならそのまま使える
●au・ソフトバンクはSIMロック解除が必要
●SIMロック解除は2015年5月以降の端末のみ

SIMフリー版のiPhoneは何処にも属さないので、問題なく使えます。

最低利用期間と違約金について

LINEモバイルの通話SIMは、最低利用期間が1年間設けられています。キャリアの2年縛りよりは短いですが、一度契約すると最低でも1年はLINEモバイルを使用続けないといけません。

この1年以内に解約もしくは、他社へMNPすると違約金9,800円が発生します。

●LINEモバイルの縛りは1年
●期間以内の解約、MNP転出は9,800円の違約金
●データSIMは縛り、違約金なし

LINEモバイルはこんな人におすすめ!

LINEモバイルがおすすめなのは以下のような人です。

●SNSをとにかう使う人
●毎月3GB以上使う人
●ドコモスマホ、SIMフリースマホを使っている人

基本的にLINEモバイルは、LINE・Twitter・Facebook・インスタグラムのヘビーユーザーに特化した格安SIMになります。

また、「LINEフリープラン」のデータSIMならば、月額500円で使うことができるので、中学校に進学するお子さんに初めてのスマホにはちょうど良いですね!LINEの無料通話ならダタで電話もかけられますので、月500円なら破格ですね!

LINEモバイル公式へ

mineo(マイネオ)

それでは、mineo(マイネオ)を見ていきましょう!

mineo(マイネオ)の料金プランは?

mineo(マイネオ)では月のデータ量が500MB〜10GBから自分に合った物を選べます。一般的に使いやすいデータ量で区切られているので、選びやすいのが特徴ですね。

全体的にLINEモバイルと比較すると、マイネオの方が僅かに安いのですが、5GB以上では料金に大きな差はありません。(LINEモバイルの5GBは2,220円)そうなるとSNSが使い放題のLINEモバイルの方が有利に感じますね。

 

月3GBまでならマイネオで、それ以上ならLINEモバイルって感じっスね。


 

後は不定期で行っているキャンペーンで左右される感じかな。

月額料金を割り引いたり、端末の値下げとかがあればトータルコスパが下がるからね。

申し込む時に、それぞれのキャンペーンもチェックするといいよ。


mineo(マイネオ)の強みは?

mineo(マイネオ)も他にない独自のサービスは多いですが、一番の強みはサポート力になります。

マイネオには「マイネ王」という独自のコミュニティがあり、困ったことが出て、ココで質問すれば何でも返事が返ってきます。格安SIMはまだまだ不安な方も多いかと思いますが、マイネ王ではベテランのユーザーがたくさんいるので、何でも質問に答えてくれますよ!

また、公式サイトでもリアルタイムのチャット機能を設けたものマイネオが一番最初で、申込み前に分からない事や、申込みの途中、プラン・端末の相談なども直接専用の担当者と会話ができます。

マイネオ自体のサービスも独特で、簡単にまとめると以下の様な感じになります。

●フリータンクで毎月1GBまで貰える
●パケットギフトでプレゼント可能
●mineoスイッチでデータ量が管理できる
●IP電話LaLaCallが無料で使える

mineo(マイネオ)には毎月1GBまで無料で貰える「フリータンク」という機能があり、これを使えばプランを1つ下げて運用することも可能です。

その他にLINEモバイルでもありますが、「パケットギフト」という機能を使えばマイネオユーザー同士で余ったパケットをプレゼントしたりする事も可能です。また、ちょっと裏技ですがマイネオのパケットはヤフオクでも売られています。

格安SIMのデータチャージは鬼高いですが、ヤフオクなら80%OFFの価格でチャージが可能なので、こういった裏技を使えるのもマイネオだけになります。

mineo(マイネオ)の通信速度は?

mineo(マイネオ)は格安SIMの中でも通信速度が速いグループに入ります。格安SIMは会員の増加により通信速度が遅くなったりもしますが、マイネオは定期的なサーバーの強化を実施しているので、快適な速度が維持されています。

ただ、これは格安SIM全体に言われることですが、大都心のランチタイム時には場所によっては遅くなることもあります。LINEなどのSNS系は問題ありませんが、オンラインゲームや高画質の動画は気をつけなければなりません

ゲームや動画をお昼時間に、遊ばない&視聴しないという方は特に気にしないで大丈夫です。

また、マイネオにはこういった問題の為に、「プレミアコース」という物がオプションとして設けられています。追加+800円/月で別枠の回線が付けられるので、お昼休みにしかゲームで遊べない!という人は検討の余地ありですね。

mineo(マイネオ)の回線はドコモとau回線の2種類

これはLINEモバイルにない強みですが、マイネオはドコモ回線とau回線の両方を扱うマルチMVNOになります。また、動作確認端末数も業界一なので、手持ちのスマホをそのまま格安スマホとして使える端末がとても多いのが特徴ですね。

ただ、ソフトバンクのスマホは現状そのまま使うことはできません。ソフトバンクのiPhone6s以降であればSIMロック解除手続きをすればマイネオで使えます。

最低利用期間と違約金について

マイネオには最低利用期間と違約金が一切ありません。なのでいつ解約してもお金を支払うことはないのです。

ただし、1年以内のMNP転出にはMNP転出料として9,500円がかかりますのでご注意を。

●最低利用期間・違約金は0円
●1年以内のMNP転出のみ9,500円がかかる

mineo(マイネオ)はこんな人におすすめ!

mineo(マイネオ)におすすめなのは以下のような人です。

●500MB〜3GBのライトユーザー
●格安SIMに不安がある人
●ドコモ・auスマホをそのまま使いたい人
●お昼時の高速通信を確保したい人
●データチャージを安くしたい人

mineo(マイネオ)は総合的に見て、格安SIMに不安がある初心者さんに向いていいます。

格安SIMは実店舗がほとんど無いのが普通なので、サポート面ではかなり高評価を得ている格安SIM会社になりますね。

結局どっちがおすすめなの?まとめ

以上でLINEモバイル・マイネオの特徴やサービスを比較させてもらいました。実際に両方使った僕の感想を一言でまとめますと、

●SNSヘビーユーザーならLINEモバイル
●サポートや満足度ならマイネオ

になります。どちらも優れたサービスを持っていますので、最終的にはSNSをどれだけ使うかによって分かれるかと思います。

現在は11月7日までキャンペーンも実施中です。

キャンペーンコード
・LINE STOREコース:STST9
・LINEポイントコース:PNPN9

LINEモバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら