30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書LINEモバイル > 【レビュー】LINEモバイルを2ヵ月使って感じたこと

【約2ヵ月使ってみた】LINEモバイルに乗り換えて感じた事を書いてみたよ

僕がLINEモバイルを使い始めてそろそろ2ヵ月が経過しようとしています。そこで今回はLINEモバイルを実際使ってみてどうだったのか?を詳しいレビュー記事にしてまとめてみました。

先に公式サイトで確認したい方はコチラからどうぞ。

LINEモバイル公式へ

「LINEモバイル」を約2ヵ月使ってみた感想は、通信速度に不満なし

LINEモバイルに限らず、格安SIMを選ぶ基準の多くは「ちゃんと繋がるか?」がほとんどだと思います。

その他にもキャンペーンや端末も一緒に購入したいというのもあるかと思いますが、どんなにお得でも使えなかったら意味がないですよね。

格安SIMの多くは「利用者が増えて来ると通信速度が遅くなることがある」とよく言われますが、LINEモバイルはまだサービスが開始されてまだ3ヵ月なので、特に遅いと感じたことはありません。

ですが、格安SIMの先陣を切っている大手「楽天モバイル」や「mineo(マイネオ)」も利用者数はダントツですが、それでも「だいぶ遅くなったな〜」と感じたことは一度もありません。

今では国自体も格安SIMを消費者に対して推奨していますので、料金プランの価格競争は落ち着きましたが、サーバー強化はちゃんと毎回アップデートしています。

僕自身も家族とのお出かけがてら速度計測をしていますが、満足いく数値で毎回「高い料金を払ってるキャリアとの違いは何だろう?」と不思議に考えたりもします苦笑

LINEモバイルの初期設定で困ることはない

格安SIMって、SIMカードが届いたら自分でインターネットを使えるようにするAPN設定(ネットワーク設定)を自分で行うので、そこに"不安"という壁を作ってる人も多いかと思いますが、

安心してください!超簡単です!

Android端末であれば台紙に書かれている5つの項目を入力するだけですし、iPhoneであればアプリを1つインストールするだけで完了します。当サイトでもLINEモバイルの初期設定については詳しく解説していますので、そちらを参考にして頂ければなっと思います。

iPhoneの初期設定で一つだけ注意しておく点は、アプリを先にインストールしなければならないので、Wi-Fi環境が必須となりますのでご注意くださいね。

LINEモバイルの「SNSカウントフリー」は結構効果がデカイ

LINEモバイルの最大のウリは、LINEやFacebook、Twitter、インスタグラムの4つのデータ利用量がかからないのが特徴です。

おさらいですが、「カウントフリー」になるのはプラン別で分かれいて、「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」の2種類があります。

LINEフリープラン
・1GBのみ
・LINEのみがカウントフリー

コミュニケーションフリープラン
・3GB/5GB/7GB/10GBが対象
・LINE、FaceBook、Twitter、インスタの全てが対象

この様な料金プランになっています。

LINEトーク自体は短文のテキストやスタンプがメインなので、他社を大きく上回るほどのメリットは正直ありませんが、Twitterは結構恩恵がデカイです。

毎回更新されるので読み込み時にパケットを消費していますし、動画も読み込みますので、ヘビーユーザーでない僕でさえ毎月1GB〜1.5GBは消費しています。SNSヘビーユーザーにもなれば3GB近くまで使うのではないでしょうか?

LINEモバイルはそのパケット通信量がカウントされないので、人によっては料金プランを1つ下げて使うのが賢い使い方になります。

結果より安くスマホを運用できる訳ですね。

これから契約する人はかなりお得!

LINEモバイルに限らず格安SIMは乗り換える時に事務手数料3,240円が必ずかかります。

僕ももちろん払ったのですが、今は「エントリーパッケージ」というクーポンをAmazonで先に購入してから申し込むと、事務手数料がタダになるんです!

もっと早くやって欲しかったですね〜涙

厳密には、Amazonでエントリーパッケージを990円(2016年12月8日調べ)で購入するので、差し引き2,250円のお得になります。

それでも大きな金額に違いはありませんので、これから申し込む方は最初にAmazonでLINEモバイルのエントリーパッケージを購入してから申し込みましょうね!

エントリーパッケージの購入の仕方、使い方は別ページでまとめていますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

LINEモバイル公式へ

忘れちゃいけないけど、LINEモバイルはドコモ系の格安SIM

LINEモバイルはドコモ回線を使った格安SIMになりますので、使える端末は「ドコモ版iPhone」、「ドコモ系スマホ」、「SIMフリー版のスマホ」になります。

また、既存のドコモ版iPhone6やiPhone6s、ドコモスマホであればSIMロック解除なしでLINEモバイルが使えるのでとても簡単です。

au、ソフトバンクのスマホで使いたい場合は、2015年5月以降に発売されている機種であればSIMロック解除対象端末なので、SIMロック解除が必須となります。SIMフリー化は各ショップ・オンラインストアのいずれかで行えます。

ショップであれば店員さんが全てやってくれるので簡単ですが、手数料3,000円がかかるので、安く済ませるのであればオンライン手続きをおすすめします。

余談ですが、人気のiPhoneシリーズは現在、

・iPhone7(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone7 Plus(SIMフリー)
・iPhone SE(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone6s(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone6sPlus(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone6(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone6 Plus(ドコモ版/SIMフリー)
・iPhone5s(SIMフリー版)

とほぼ全種類最新iOSで使うことが可能です。

公式サイトでも動作確認端末一覧が確認できますので、お手持ちの端末を調べたい方は一度チェックしてみてくださいね。

まとめ

以上が僕がLINEモバイルを実際に2ヵ月使ってみて感じたことを書かせて頂きました。一言でいえば「大変満足」しています。媒体自体は大きな会社なので、そこまで不安は余りありませんでしたが、格安SIMとしては始まったばかりだったので、やっぱり「通信速度はどうなんだろう?」という疑問はありましたね。

申込み前に「カウントフリー」についても調べましたが、実際に使ってみるとその効果は大きいな〜と予想以上に感じとれましたよ。

唯一不満があれば、エントリーパッケージをもう少し早く初めてくれれば、事務手数料を支払わずに済んだのに・・・という個人的な感想ですね笑。今では簡単に入手できますので、これから申し込む時はぜひ活用して下さい。

これからも5ヵ月、1年と使って行く内に新しいサービスや、通信速度の変化もあるかと思うのでレビューは続けて行こうと思います!

長々とお読み頂きありがとうございました!

LINEモバイルに関する必要な項目は以下リンクを貼っておきますので、該当するページを参考にしてください。

LINEモバイル公式へ