30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書マイネオ > マイネオのIP電話LaLa Callについて

マイネオで使うIP電話「LaLa Call」で格安SIMを更にお得にする方法

 

今ではメジャーになったIP電話(050発信電話)ですが、このIP電話はマイネオでも使うことが可能です。

今回はIP電話の特徴とマイネオ独自のIP電話アプリ「LaLa Call」についてご紹介したいと思います。


050IP電話とは?

まずは050IP電話がどのような物なのかを簡単にご紹介したいと思います。

IP電話はインターネットの回線を使った通話方式

通常のスマホやガラケーなど全ての音声通話は専用の回線(電話回線)を使っています。この回線はインターネット回線ではなく、通話専用の回線で相手と1対1で繋がっています。

メリットは、停電時でも強く災害時でも通話が可能となっています。一部通話ができなくなるエリアも存在しますが、緊急時には強いライフラインになるでしょう。

また、通話品質がとても良いです。今ではLINEの無料通話アプリや、FaceTimeといった無料でかけられる通話機能もありますが、品質に関してはダントツですね。

IP電話の特徴

次にIP電話について見ていきましょう。

メリットとしては、インターネット回線を利用するため、料金がとても安いのが特徴になります。インターネット回線は通話回線と比較すると通話時に占有されることがありませんので、同時に複数のIP電話ユーザーとの通話も可能になります。

回線を占有しないので通話にかかるコストがとても安いのもあって、格安SIMは月額料金ではキャリアよりも大きな通信料の削減といったメリットがありますが、その反面通話料が安くないのが特徴でしたが、IP電話サービスと組み合わせることでそのデメリットを補う形となっています。

また、IP電話はインターネット回線を利用しているので、どんなに遠くの方と通話をしても通話料金が高くならないのもメリットとして挙げられます。

デメリットは、電話回線を利用した通話と比較すると通話品質がやや劣ります。それでも昔よりはかなり改善されよりクリアーには使えていますけどね。僕ももっぱらIP電話やLINEの無料通話アプリを使っています。

次に、IP電話は混雑時により通話品質や通話の信頼性が保証されていません。これがIP電話の欠点でもあるのですが、電話回線は停電時の通話ができるメリットに対してIP電話は完全な保証がありません。

同じ回線をユーザー同時が共有しているため、混雑状況によっては音声が届きにくいといった理由が挙げられます。

また、通常の携帯電話であれば「090/080/070」といった電話番号から始まり、第三者に電話番号を教えることができますが、IP電話は050から始まるので例え090などの電話番号を持っていても、相手には違う電話番号が表示されます。

あまり知らない電話番号には出ないという方が多いので、先に050番号も相手に教えておく必要がありますね。

ユーザーはIP電話サービスを契約している格安SIM会社に関わらず選択の自由がある

キャリアを例に挙げると、ドコモ・au・ソフトバンクのどれかと契約し、その電話回線を使うのが一般的になります。当然ですが、ドコモの契約者はauの電話回線を使うことができません。

ですが、IP電話は仮にマイネオの格安SIMを使っているから、他のIP電話は使えないということはありません。

IP電話はキャリア・MVNOに関わらず自分の好きなIP電話を使うことが可能です。現在マイネオはDプラン(ドコモプラン)・Aプラン(auプラン)の2種類を提供していますが、どちらのプランでも同じことが言えます。

マイネオでIP電話を利用する方法

IP電話は格安SIM会社と同じくらい多くの種類があります。マイネオの格安SIMを契約していれば同じ会社が運営するIP電話サービスの「LaLa Call」というIP電話アプリがあり、通常であれば月額100円かかりますが、マイネオユーザーであれば無料で使うことが可能です。

こう言った「LaLa Call」のように、格安SIMには同じ会社が提供している専用のIP電話アプリが存在します。どこの会社のIP電話を使ってもOKですが、利用料が無料になるといったメリットがありますので、特に大きな拘りがなければ同会社のIP電話を使うと良いでしょう。相性も良いですしね。

それでは「LaLa Call」を利用する手順をご紹介します。

「LaLa Call」を使う手順

1 マイネオ契約の端末に「LaLa Call」アプリをインストール
2 アプリを起動し、「初めての方はこちら」をタップ
3 「eo光/mineoに加入している」をタップ
4 「LaLa Call利用登録手続き」の「ここをタッチ」をタップ
5 eoIDとパスワードを入力し、「eoIDでログインする」をタップ
6 LaLa Callの利用規約を読み、「同意して次へ」をタップ
7 「OK」をタップ
8 決済方法を選択

次にマイネオの利用代金と請求を合わせる方法についてご紹介します。

9 「プロバイダに請求を含める」を選択します
10 「決済方法を確定」をタップ
11 LaLa CallのIP電話で使える050がいくつか候補があるので、その1つを選び「選択」をタップ
12 選んだ番号が正しいか確認して、「番号を確定し申込み」をタップ
13 「アプリ起動」を選択

次は初期設定に移ります。

14 「利用登録が完了している方はこちら」をタップ

15 eoIDとパスワードでログイン
16 コールバックの確認を行う

コールバック確認用の電話番号を入力します。音声対応の番号でなければ受付ができないので、データSIM(シングルタイプ)で契約の方はSIMカードに割り当てられた番号が表示されますが、コールバックには使えません。

データSIMの方は、固定電話の番号を使うか、その他の携帯番号を入力して確認しましょう。

17 表示された番号をメモに取って、「コールバック」をタップします
18 連絡が取れる電話番号に電話がかかってくるので、音声ガイドに従い暗証番号を入力します。

この時、コールバック確認を行うと強制的に待受画面になるので、番号を確認しながら入力することができないので、必ずメモを取っておきましょう。

19 コールバックを終えたら「次へ」をタップ
20 LaLa Callで使う050番号を確認して「次へ」をタップ

ここで表示される電話番号が実際に使える電話番号になります。

21 トクトク表示の設定を行い「次へ」をタップ
22 プッシュ通信の設定を行い「次へ」をタップ

この機能をオンにしておくと、LaLa Callを起動していなくても、着信通知を受け取れるので、通常はオンにしておくと便利です。

23 プロフィールを設定し「次へ」をタップ
24 プライバシーの設定を行い「次へ」をタップ

電話帳の同期や、LaLaネームの検索を許可、050番号通知設定など定番の設定を行いますので、自分に好きなようにカスタムしてください。

25 問題がなければ「OK」をタップして終了、

以上で初期設定が完了となります。後は、アプリを起動しから通常の電話をかけるように行えば自動的にIP電話からの発信となります。

通話料金はどれくらいかかるの?

次に通話料金について見ていきましょう。ここではマイネオ専用のLaLa Callを例に挙げています。

連絡先

通話料

LaLa Call、ビジネスLaLa Call、eo光電話、オフィスeo光電話、光電話オフィス、その他LaLa Call無料提携の通話先

無料

携帯電話(国内)

18円/分

PHS(国内)

20円/分

固定電話(国内)

8円/3分

050IP電話

7.4円/3分

国際電話

6円/分

「LaLa Call」の特徴とまとめ

最後に「LaLa Call」の特徴をご紹介してます。

「LaLa Call」はマイネオの格安SIMを提供しているだけあって初期設定や請求先を同じにできるといった新和性が高くとても便利になります。通常はIP電話の請求は別々に行われるのが一般的なので、同じ会社からの請求は管理がしやすいですよね。

これはIP電話アプリ全般に言えることですが、専用の通話アプリを常時起動にしておかないと、待受状態になれない点がデメリットになります。その他のIP電話の特徴と一緒に見てみましょう。

専用アプリが起動しているかどうがチェックをしなければならない
専用アプリが起動していることでバッテリーの消費量が増える
同じく起動していることでCUPパワーを消費する

IP電話利用者から多く通話がかかってくる方は常時起動しておかないとなりませんが、たまにかけるといったその程度の使い方であれば特に起動しておかなくても僕は良いと思います。

最後に、格安SIMはこういったIP電話や無料通話を上手に活用することで通話料金を大きく節約することが可能です。ただし、通話時間がとても多い方は定額制のあるガラケーを1つ所有してしまった方がお得になるケースもありますので、2台持ちといった手段も視野に入れておきましょう。

メニュー

格安スマホランキングはこちら