30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書マイネオ > 【実機レビュー】novaをマイネオのAプランで使ってみたよ!

【実機レビュー】HUAWEI novaをマイネオのAプランで使ってみたよ!

SIMフリー端末で王道に成りつつあるHUAWEIシリーズの最新作【nova】をマイネオのAプランで使ってみたのでレビューします!

HUAWEI novaは格安スマホで一般的と言われる3万円台で購入できるハイスペック端末です。CPUもオクタコア(Snapdragon625)と搭載しつつ、RAMも3GBなど同じ価格帯でもワンランク上の格安スマホで人気を集めています。

また、マルチキャリア端末でドコモ系・au系の格安SIMが使えるなどフットワークも軽いのも特徴です。今回はそんな【HUAWEI nova】をマイネオのAプラン(au回線)で実際に使ってみました。使用感やAプランで使う時に注意する点をまとめたので、是非参考にして頂ければ幸いです。

先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。

マイネオ公式ページへ

さっそく「HUAWEI nova」を使ってみよう!

基本情報は後にして、さっそく「HUAWEI nova」をマイネオのAプラン(auプラン)で使ってみましょう!

Aプラン(auプラン)で使うにはVoLTEのSIMカードが必須

「HUAWEI nova」はマルチキャリア対応なので勿論マイネオのau回線も使えますが、必ずVoLTEのSIMカードを選びましょう!

APNの初期設定は超簡単!

毎度のことですが、SIMカードが届いたら「APN」と呼ばれる初期設定を必ず行います。

このAndroid端末のAPN設定って、1年前までは手動で入力と少し面倒だったのですが、今は「タップ1つで完了」と初心者でも凄ぉーーく簡単になっています。

まずは、電源をOFFにしてし、SIMカードを台紙から切り離しSIMカードをセットします。

SIMカードをセットし電源を入れると自動でAPN設定画面になるので、下写真のマイネオ(Aプラン)をタップするだけで完了です。

もし自動でAPN画面が出なかったら、「ホーム画面」→ 「設定」→ 「その他」→ 「モバイルネットワーク」→ 「アクセスポイント名」→ 「APN」の順で進めばOK。

設定後に「4G」表記が現れればちゃんと繋がっています。もし現れない場合は一度再起動するとちゃんと切り替わるので試してみてくださいね。

以上でAPN設定は完了です。

HUAWEI nova ×マイネオ(Aプラン)の速度計測

後日設定後に速度計測を行ってみました。

下り14.42Mbps 上り10.45Mbps

 

格安SIMらしい標準的な数値っスね。


 

そうだね。楽天モバイルやUQモバイルとかと比較すると下り20Mbpsは欲しい感じだけど、14Mbpsも出てれば動画も引っかかりは無いレベルかな。


別の日にnova×マイネオAプランで速度計測を行ってきますのでお楽しみに!

HUAWEI novaのスペックと主な機能

HUAWEI novaに関する細かいスペックは別ページで解説していますので「スペックを詳しく知りたい!」という方は別ページを参考にして頂ければ幸いです。

HUAWEI novaのスペック詳細へ

それでは基本的なスペックだけをサラっと確認して行きましょう。

・OS Android6.0(4月下旬に7へアップデート予定)
・ディスプレイ 5インチ
・CPU オクタコア
・RAM 3GB
・ROM 32GB
・カメラ機能 1200万画素
・バッテリー 3020mAh
・デュアルSIMスロット
・USB タイプ-C

オクタコア(Snapdragon625)を搭載&RAM3GBがウリ

「HUAWEI nova」のCPUはオクタコア(Snapdragon625)という処理速度が速いCPU(頭脳)なので複数のアプリやWEB閲覧のスピードがサクサク行え、ゲームも引っかかることなくプレイが可能です。

そのCPUを補うのがRAM3GB。どんなにCPUが優れててもそれを動かすRAMがしっかりしていないと活かせないんですよね。格安スマホは通常RAM2GBが基本なのでRAM3GBで3万円台はハイスペックとして合格点ですね!

 

このサイトも僕みたいな優秀な社員が必要ってことっスね。


ディスプレイはフルHDのしっくりサイズの5インチ!

「HUAWEI nova」はフルHD(1920×1020px)の綺麗なディスプレイを搭載した5インチサイズのSIMフリースマホです。

 

一番人気があるサイズが4.7インチ(iPhone7)やこの5インチサイズだと言われてるっスよね。


 

僕もこのサイズが一番持ちやすいし、画面の大きさもちょうど良いから好きだよ。


コミックアプリも読みやすいです。

動画もサクサクで画面が綺麗なので個人的には大満足レベルです。

3020mhの大容量バッテリーも嬉しいポイント

「HUAWEI nova」は急速充電にも対応してるので、大容量バッテリーでもすぐにフル充電できるのでヘビーユーザーにも嬉しい仕様ですね。LINEやちょっとしたネット閲覧のライトユーザーであれば朝満タンにしておけば夜まで充電しなくても大丈夫でしょう。

キャンペーンを使ってお得にゲットしよう!

一括33,600円、分割払いであれば月々1,400円で運用可能ですし、キャンペーン併用であればもっと安く運用可能です。

Amazonやオークションなどでも入手可能ですが、分割払いやキャンペーンなどは受けられないので、希望が合えば公式の方が限定のキャンペーンや安心度の方が高いでしょう。

まとめ

「HUAWEI nova」はオクタコア(Snapdragon625)を含めRAM3GBという面も合わせればiPhone6以上のスペックを持つハイスペックなSIMフリースマホになります。

特にHUAWEIシリーズは今年に入ってから安価なのに高スペックなスマホをドンドン発表し、価格ドットコムのランキングでも上位のほとんとがHUAWEIシリーズになっているという注目メーカーですね!

マイネオから「100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン」が開始となりました。月額基本料金から900円割引き×6ヶ月=5400円の破格キャンペーンになります。期限は2018年5月8日まで

マイネオ公式ページへ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集