30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書マイネオ > マイネオでのiPhone利用について

mineo(マイネオ)でiPhoneを使いたい。A(au)プラン場合

マイネオのAプランはau回線を使ったプランになります。この場合のiPhoneはauブランドのiPhoneもしくはSIMフリーのiPhoneを使うのが一般的で料金プランは以下のようになります。

mineoの料金表

マイネオではiPhoneでも同様のシングルタイプ(データSIM)、デュアルタイプ(音声通話SIM)の両方が使え、共に500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5つのプランになります。

500MBから3GBまでは月に100円ずつ増えてく形で、5GBから680円と少し価格が上がりますが、料金的には何処のMVNOでも同じ金額になります。

申し込み数が多いのは3GBプランになります。中には「1GBで十分」という方もいるかとは思いますが、もしデータ容量が足りなくなった場合、マイネオでは一時的にデータ容量を増やす「データチャージ」があります。その場合「100MB/150円」がかかります。かなりの割高ですね。

一回でもデータチャージをすると、一つ上の3GBプランの金額を超えてしまうので、毎月1GBギリギリであれば最初から3GBプランにしてしまった方が安心できるかもしれません。途中でプラン変更も可能なので、ご自身のライフスタイルと照らし合わせてみてくださいね。

マイネオ公式ページへ

いま使っているauiPhoneを格安スマホとして使う手順

現在お使いののauiPhoneを格安スマホとして使えるようにする手順を紹介します。

また、別ページにてauからマイネオへMNPや申込みなどの一連の流れを詳しく解説していますのでぜひ参考にして下さい。

auのiPhone6をマイネオに乗り換えしてみた!

MNP予約番号の取得

そのまま電話番号ごと他社へ移動する形になりますので、auのサポートセンターもしくは店舗へ出向き「MNP予約番号」を取得します。予約番号は電話簡単に取得できるので、中々お時間が取れない方は電話の方が簡単ですし、順番待ちをすることもないのでおすすめです。

取得した「MNP予約番号」の有効期限は発行日から15日になり、マイネオへのMNPは「有効期限が10日以上残っている」のが条件となります。

身分証明書の画像を用意

090/080などのデュアルタイプ(音声通話SIM)を申し込む場合は身分証の画像提示が必要になります(シングルタイプ:データSIMは必要ありません。)。主に免許証や保険証をスマホのカメラやデジカメ、スキャナーなどで読み取り、そのデータをアップデートする形になります。

引き落とし用のクレジットカード

マイネオに限らずほとんどのMVNO(格安SIM)会社はクレジットカードからの引き落としになります。地銀の口座引き落としは不可になります。

SIMカードを申し込もう

準備ができたらiPhoneに挿すSIMカードを申し込みます。申込み方法はAndroidもiPhoneも同じになります。

マイネオの公式サイトから申込みに進むと、

1番最初にeoIDの有無を聞いていますので該当するのをクリックします。

次にエントリーコードを聞いてきますので、こちらも該当する方へ。

この「エントリーコード(別名:エントリーパッケージ)」とは、Amazonやヨドバシカメラなどで購入できるキャンペーンコードの様な物で、事前に購入しておけば申込時にかかる事務手数料の3,240円が無料になるといったお得な商品なのでぜひ入手しておいて下さい。

特に難しいことはなく、別ページで入手方法や使い方などを丁寧にご紹介していますので参考にして頂ければ幸いです。

エントリーコードについて

iPhoneをご利用の場合はSIMカードのみの申込み

iPhoneの申込みの場合、既に端末が手元にあるので「SIMカードのみ」を選択します。また、キャリアからのMNPの場合はデュアルタイプ(音声通話SIM)を選びます。

iPhoneのSIMカードは「nanoSIM」

SIMカードを申し込む場合、「SIMカードの種類」を選びます。

iPhoneシリーズは「nanoSIM」サイズになります。万が一間違えて他のサイズのSIMカードを申し込んでしまった場合、SIMカードの変更となり「再発行手数料」が2,000円かかってしまうので、ご注意ください。

次に新規かMNPかを選びます。

そしたら事前に取得したMNP番号を入力します。

後はクレジットカード情報や住所などの必要項目を記入して完了になります。

届いたSIMカードでiPhone用のAPN設定しよう

iPhoneのapn設定

SIMカードが届いたら初期設定でAPN設定という作業を行います。iPhoneは専用の構成ファイルをインストールするだけなのでとても簡単です。

公式サイトでも写真付きで詳しく書いてありますので、迷うことはありません。

MNP切替をしよう

マイネオは自分のMNP切替を行います。一部の格安SIM会社はこのMNP期間中はスマホが使えないというデメリットが生じますが、マイネオは自分の好きなタイミングでMNP切替を行うので、「空白の時間」がありません。

ステップ1

mineoから格安SIMが届いたら、

https://my.mineo.jp/ にアクセスします。

mineoの管理画面

申し込む時にeoIDを設定するので、その登録したモノを使いますのでしっかり保存しておきましょうね。

ステップ2

ログインすると、管理画面へと進みます。

こちらは僕の管理画面ですが、ここからチャーチや、プランの変更など全ての操作が行えます。

先月めっちゃデータ量残ってますね(苦笑)
もちろん余った分のデータが繰り越されているので今月は余裕を持って使えます。本来なら捨てられてしまうので、データ繰越サービスはホント助かりますね。

管理画面の下にスクロールすると、MNP手続きの項目があるので、コチラから設定していきます。

ステップ3

送られてきたSIMカード台紙の「ICCID」の下4桁を入力して、「回線切替」をクリック。

ステップ4

受付後に登録時に入力したメールアドレスに「回線切替受付メール」が届きます。メールの受信後、30分程度で回線切替が完了するそうです。因みに僕は20分ほどでできました。

その後、端末の電源を入れてテストコール「111」にダイヤルし、ガイダンスがちゃんと流れれば切替完了です。これでiPhoneが格安スマホとして使えます。

iPhoneをauからマイネオに乗り換えると、どのくらい安くなるのか?

実際auからマイネオに乗り換えた際、iPhone利用でどのくらい安くなるのかを計算しました。

auには新プランと旧プラン(上限7GB)の二種類があります。店舗契約ごとにそれぞれの割引きなどがありますが、相場として6,500円(2GBプラン利用時)〜8,000円(5GBプラン利用時)の間に該当するかと思います。

一方、マイネオの料金プランはシンプルで冒頭でも紹介した

が毎月の引き落とし額になります。端末も既に持っているのでデータ量のみの支払いになります。

マイネオには2GBのプランはありませんが、auの2GBプランに近いのが「デュアルタイプ 3GB」になり、月額料金は1,510円になります。5GBであれば2,190円になりますね。これらを比較すると下記の表になります。

au

2GB利用時平均
6,500円

5GB利用時平均
8,000円

マイネオ

デュアルタイプ3GB
1,510円

デュアルタイプ5GB
2,190円

au2GBプラン利用時ではマイネオの方が月額4,990円お得になり、5GBでは5,810円のお得になります。また、2年間(24ヵ月)使い続けた時の合計は、

iPhoneをマイネオで24ヵ月 デュアルタイプ3GBで利用した場合、auよりも119,760円、5GBで139,440円の大幅節約になります。SIMフリーのiPhoneが一台買えてしまいますね。

マイネオには「料金シミュレーション」という便利な機能がありますので、他のプランも見てみたいという方は利用するとより明確な金額が把握できるので一度試してみてください。

マイネオの料金シミュレーションを使ってみる

マイネオで最新のiOS9は使えるのか?

現在iPhoneの最新iOS10が使えるバージョンは以下の通りになります。

auプラン(Aプラン)
SIMフリー端末・auブランド端末

●iPhone SE iOS10
●iPhone 6s Plus iOS10
●iPhone 6s iOS10
●iPhone 6 Plus iOS10
●iPhone 6 iOS10
●iPhone 5s iOS10
●iPhone 5c iOS10

●iPad mini 3 iOS10
●iPad mini 2 iOS10
●iPad Air 2 iOS10
●iPad Air iOS10

当サイトでもバージョンには注意を払っていますが、最終的には公式サイトでご確認ください。

マイネオの動作確認一覧を見てみる

マイネオのデメリットは何か?

管理人の娘も、母親もマイネオを使っていますが通信速度に関しては問題ありません。動画もスムーズに見られるし至って良好です。個人的に「唯一の弱点だな」という部分ですが、au版のiPhoneは「テザリング機能」が使えません。これは同じau回線のUQモバイルも同じです。

テザリングし、複数端末を頻繁にテザリングする方には大きなデメリットになります。が、テザリング機能を使わないという方には関係ありません。

テザリング機能を使う方は少なからずデータ容量が大きいプランを使っているかと思います。キャリアの弱点はデータ容量がとくかく高額なのに対し、マイネオは10GBのプランでも3,130円で収まるのは魅力的ですね。

人それぞれのライフスタイルは違いますから、最終的にはテザリング機能と月額料金のどちらかを取るかはアナタ次第になります。

マイネオ公式ページへ

この記事を読んだ方はコチラも読んでいます。

auのiPhone6をマイネオに乗り換えた全手順