30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書マイネオ > マイネオのarrows RM02セットを詳しく紹介

mineo(マイネオ)×arrows RM02 通話SIM3GBプランレビュー

マイネオ×arrowsレビュー

マイネオの公式ページを見てみる

料金(通話SIM3GBプラン)

月額料金目安(端末料金込み)
端末料金(24回払い)+通信プラン料金=3,097円/月

 

初期費用:3,240円(初月にかかる費用は、端末料金(1/24回)、通信プラン料金、初期費用です。MNPの方は別途MNP転出料がかかります。)

 

内訳:端末料金分割(24回払い):1,350円/月(税込)
一括の場合:32,400円(税込)

マイネオ×arrows RM02でできること・できないこと

できること

通話/インターネット/LINEやゲームアプリ全て/動画鑑賞/テザリング/Bluetooth/防水/おサイフケータイ

できないこと

ワンセグ・フルセグ

基本スペック

画面サイズ 5インチ メーカ 富士通
OS Android 5.1 インカメラ画素数 810万画素
バッテリー 2,330mAh 容量/インメモリ 16GB/2GB

通信プラン

データ量

3.1GBプラン

通信速度(最大)・回線

下り:150Mbps/上がり:50Mbps(回線ドコモ)

速度制限

auプラン3GB/3日、ドコモプランは無し

最低利用期間

最低利用期間、違約金共に0円。ただし、利用開始月から12ヶ月以内のMNP転出の場合、事務手数料が12,420円(税込)がかかります。

音声通話対応

音声通話対応プラン。20円/30秒

SMS対応

受信:0円/通、国内から国内への送信:3.24円/通、国内から海外への送信:50円/通

オプション

  • パケットチャージ 150円/100MB
  • パケットシェア 無料
  • SMS機能 0円
  • 三者通話サービス 200円/月
  • 迷惑電話撃退サービス 100円/月
  • お留守番サービスEX 300円/月
  • 割込通話サービス 無料
  • ボイスメール 無料

利用開始までの流れ

SIMカードが届いたその日から利用可能!

お手元に届いたその日にMNPするので、繋がらない時間が30分程度で済みます。

事前に準備するもの

  • クレジットカード

本人名義のクレジットカード。デビットカード不可。地銀の口座引き落としやコンビニ払いは不可。

  • 本人確認書類

運転免許証/保険証など身分を証明できる書類。

  • メールアドレス

Gmailを当サイトでは推奨。

  • MNP予約番号(MNPの方のみ)

現在利用中の携帯会社で店舗か電話でMNP予約番号を発行してもらう。有効期限は発行日から15日。マイネオMNPの場合は予約番号の期限が10日以上残っている方が無難。

WEBから申込み

パソコン、スマホ、タブレットどちらからでも申込み可能。

マイネオの公式ページを見てみる

お申し込み内容は特に難しいことはありませんが、マイネオには「チャット機能」が付いていますので、「SIMカードのサイズはどれだろう?」「ここはどれを選択すれば・・・?」など小さい疑問でもリアルで担当者と会話が可能なので、心配はいりません。

受け取り・利用開始のAPN設定方法

マイネオには端末ごとにAPNの設定方法が画像付きで詳しく解説されていますので、迷うことはありません。万が一迷ったら、公式サイトにある「チャット機能」を利用すればリアルタイムで質問可能です。

画像付きで詳しく解説されています。

マイネオの電波状況・通信速度について

マイネオはau回線とドコモ回線の両方が選べる珍しいMVNO会社です。ドコモ回線に至っては人口カバー率99%以上で、au回線もプラチナバンドといった特有の通信方法があるので、格安スマホに思われがちな「ちゃんと繋がるの?」といった心配はしなくて大丈夫です。

また、ドコモ回線は総務省が定めたガイドラインに基づき計測した実効速度の結果は、

  • Androidの実効速度(下り):53Mbps〜91Mbps
  • Androidの実効速度(上り):13Mbps〜28Mbps

ほどで、実際に管理人が自身も上記の辺りに毎回落ち着いています。

au回線に関しては、人気のiPhone6、6sで実験したところ文句なしの通信速度が得られました。

十分過ぎますね。

マイネオ×arrows RM02のキャンペーンを使ってお得になろう

マイネオのキャンペーン

キャンペーンと言えば「楽天モバイル」が人気ですが、マイネオも負けていません。

マイネオのセット購入キャンペーンの特徴は、毎回新規申し込みに限り数ヵ月の基本料金の割引やAmazonギフト券がもらえるといったモノが多いですね。

マイネオが人気がある最大の理由は2つ

1.MNP時に「使えない期間」がない

結構、これが理由でマイネオに決める人も多いのですが、人気の楽天モバイルはMNPを利用する場合、申し込んでから手元にSIMカードが届くまで「スマホが使えない期間」が1日〜2日あります。

それに対してマイネオは、SIMカードが手元に届いてからMNP転出を自分で行うので、30分程度で乗り換えることが可能なので、「スマホが使えない期間」がほぼありません。

2.動作確認端末がMVNOでダントツの1位

セット購入を考えている人は関係ありませんが、手持ちのスマホ(ドコモ・au)をそのままSIMカードだけを挿しかえて使いたい場合は「動作確認端末一覧」に記載されている端末のみになります。

マイネオはドコモの動作確認端末が約200台、auが約50台と業界トップになります。

例えば、今まで使っていたドコモやauのAndroidスマホやiPhoneをマイネオのSIMカードだけ申込み、それを中学生のお子さんに使わせるといった選択肢もあります。

キャリアで契約してしまうと家計に大きな負担になってしまいまが、仮にデータSIM(インターネットのみ)であればLINEや無料通話アプリも使えて月額900円以下で子供にスマホを持たせることが可能なので、これは嬉しいですよね。

マイネオ×arrows RM02まとめ

以上で「マイネオ×arrows RM02」の解説を終わります。

マイネオは楽天モバイルと料金プランはほとんど変わりません。端末も同じなのでランキングでは2位の位置づけになりますが、キャンペーンを除けば「マイネオ×arrows RM02」の組合せは1位になります。

やはり、MNP設定が自分の行えるので「MNPの期間スマホが使えない」という状況にならないのが支持されているのかな。っと僕は思います。

セット購入に関してはドコモプラン1機種、auプラン4機種と少なめですが、ワンセグが使える「DIGNO M」「AQUOS SERIE」など人気端末は抑えているので、一緒に一度チェックしてみるのも良いですね。

マイネオの公式ページを見てみる

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

ランキングを見てみる