30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書マイネオ > mineo×3GBプラン

mineo×データSIM3GBプランレビュー

マイネオのauプランの料金表

マイネオのドコモプランの料金表

auユーザーにも重宝されるのが「マイネオ」になります。このページでは「マイネオ」でデータSIM(シングルプラン)について詳しく解説しています。

「マイネオ」はau回線の他にドコモ回線の両回線が使える個性的な格安SIM会社と、「動作確認端末数」が数ある格安SIM会社の中でトップクラスでも有名です。既にSIMフリー端末や手持ちのスマホに格安SIMを挿し、サブ機として復活させようと考えている方には嬉しい格安SIM会社となります。

また、シングルプランと呼ばれる「データSIM」にはSMS機能の有無の2種類が存在しており、SMS機能を付ける場合月額+120円となります。このSMS機能はゲームアプリでよく安全の為に使われている「認証」の役割を持っていて、新規でゲームアプリやSNSを始める時に必要になる場合があり、現在では多くのアプリに必要となっている機能でもありますので、個人的には+120円を払ってもSMSオプションは加入しておいた方がが良いと思います。

とりあえず先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。

マイネオの公式ページを見てみる

マイネオのシングルタイルはどんな感じで使えるの?

「マイネオ」のシングルタイプ(データSIM)でできる事は、デュアルタイプ(音声通話SIM)と比べて090/080を使った音声通話を除いては何も変わりません。インターネット閲覧も可能ですし、Gmail、LINE、Facebook、Twitter、その他のアプリなど全て取得可能です。

特に通話機能ですが、LINEの無料通話や050などのIP電話アプリを利用すればデュアルSIM(音声通話SIM)と同じように通話が可能になります。

けれども、110番や119番など特殊な電話番号にかけることは出来ませんので、仮に月々の料金が安いからという理由だけでお子さんにスマホを持たせようと考えている親御さんはこう言った緊急の通話はできないといったデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

こういったデメリットも把握しながらの主な使い方としては、

  • サブ機で持つ
  • SIMフリータブレットで使う
  • テザリングのモバイルルータ代わりで使う
  • 子どもに安くスマホを持たせる
  • 通話はよくかけるからガラケーとの2台持ち

などが挙げられます。

使い方によっては、格安でサブ機以外にも便利な使用方法が沢山あるのは嬉しいですね。

データSIMでもアプリを利用すれば通話は可能。けど、かけられない番号も

上記でも少し説明しましたが、データSIMにも電話番号は割り振られていますが、通話機能がないため電話は使うことができません。もしデータSIMで電話をしたい場合は「050 plus」などのIP電話アプリを使えば電話代も通常料金よりも安くかけることが可能。また、「LINE無料通話」などのアプリも使えます。

IP電話やLINEの無料通話を使えば通話は可能ですが、データSIMは110(警察)、119(消防)177(天気予報)など緊急通報や特殊な連絡先にはかけることができません。これらの電話番号は頻繁にはかけるものではありませんが、いざというとき使えないのは困ります。データSIMを選ぶ際にはこういったデメリットを理解した上で検討しましょう。

マイネオの人気の秘密はココだ!

  • セット購入でお得なキャンペーン
  • 安心して使える通信速度
  • 数少ないauユーザーには嬉しい格安SIM会社
  • 動作確認端末がトップクラス
  • 繰り越したパケットが家族と分け合える
  • MNPが瞬時にできる(通話SIMの場合)

セット購入でお得なキャンペーン

マイネオキャンペーン

マイネオは期間限定の入れ替わりで様々なキャンペーンを打ち出しています。対象端末を購入するとamazonギフト券8,000円分が貰えたり、過去のキャンペーンですと、6ヵ月の間毎月の基本料から800円割引きや、データ量が貰えたりと色々打ち出しています。

キャンペーンの傾向を見てみると、どれもセット購入が対象になっている場合が多く、シングルタイプ(データSIM)のみの申込みはあまり恩恵が見られないのが残念な部分でもあります。

ハイスペック端末の「AQUOS SERIE」や「DIGNO M KYL22」も格安スマホとしては魅力なSIMフリー端末もありますので、気に入った端末があればセット購入してお得なキャンペーンをゲットするのもアリですね!

安定して使える通信速度

DIGNOM KYL22

マイネオは僕の母親が「DIGNOM KYL22」といったSIMフリー端末をメインで2年使っていますが、電波や通信速度共に良好で不満はないそうです。特に動画は余り見ないようですが、下図のように44Mbpsも出ているので仮にYouTubeや3Dゲームアプリで遊んでも問題ありません。

auユーザーには重宝するMVNO

現在、格安SIMを取り扱うMVNOの各社の9割はドコモ回線を提供しています。逆にau回線を使ったMVNO会社は「マイネオ」と「UQモバイル」の2社しかないんですよね。

なので、現在auのスマホを持っていて、そのまま格安スマホへ乗り換える(MNPする)場合の選択肢は「マイネオ」か「UQモバイル」しかありません。ネット上の書き込みを見ると「ドコモ回線の格安SIM会社でも使えたよ。」というのを目にしますが、本来規格そのモノが異なりますので、万が一使えなくても自己責任になってしまいますので、僕はオススメしません。

また、auスマホやauのiPhoneを「SIMロック解除」すれば理論上「SIMフリー」にはなりますが、内部の規格はそのままなので、やはりauブランドのスマホはau回線を取り扱っているMVNO会社を使うのが吉になります。わざわざリスクを犯してまで違うMVNO会社を使う必要はありません。

対応端末が業界一

手持ちのスマホが使えるかどうかは、各MVNO会社に記載されている「動作確認端末一覧」に記載されており、その一覧に記載されている端末であれば手持ちのスマホに格安SIMを挿すだけで格安スマホとして運用が可能になります。

この「動作確認端末」ですが、一般的には対応端末数が平均(ドコモで)100前後に対し、マイネオは200端末が対応になっています。auブランドのスマホも約50台とライバルの「UQモバイル」を抜いていますので、『手持ちのスマホをそのまま使いたい!』という方はまず最初にマイネオを調べてみることをオススメします。

繰り越したパケットが家族と分け合える

マイネオは当月の余ったデータ量(パケット)を翌月末まで繰り越して使えますが、その他に「家族同士」や「家族以外のマイネオユーザー」もその余ったデータ量を分け与えることが可能です。家族全員がマイネオなら自由度が高いですね。

MNPが瞬時にできる(通話SIMの場合)

本来キャリアから格安SIM会社へMNP(番号ポータビリティ)する時は申込みからSIMカードが到着するまでの間、既存のスマホが使えない。という期間が存在する会社もありますが、マイネオは端末のセット購入もしくはSIMカードのみを申し込んで、手元に届いてからMNP作業を行うので、その間スマホが使えない。という不便さがありません。

MNP乗り換えは自分自身で行います。少し不安な方もいらっしゃる方もいるかとは思いますが、サポートセンターに直接電話して担当者と一緒に行ったり、マイログイン画面からチャット機能を使って、一つ一つ質問しながら作業を進めることが出来るので初心者の方も安心して乗り換え作業が行えます。

その際、MNP予約番号が必要になりますので、事前に準備はしておきましょう!

マイネオの公式ページを見てみる

マイネオのiOS9の利用状況

マイネオもiPhoneでの利用は可能です。対応バージョン、最新iOSは以下のようになります。

2016年4月29日確認

上図のように、auブランドのiPhoneであれば最新iOS9.3が対応になっています。全てページに収まらなかったので、詳細一覧は公式サイトをチェックしてみて下さいね。

また、上図でも分かるかと思いますが、auのiPhoneは「テザリング機能」が使えません。ドコモのiPhoneとSIMフリー版はテザリングが使えますが、au規格の格安SIMは現在でもテザリングが使えないという残念な部分でもあります。

マイネオの公式ページを見てみる

ソフトバンクのiPhoneもマイネオなら利用可能になりました!

ソフトバンクのiPhoneをマイネオで使える

これまで規格が違うとされて仲間ハズレになっていたソフトバンクのiPhoneも「SIMロック解除」をすればマイネオで使う事が可能になりました!これはソフバンユーザーにはとっては吉報になりますね。

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する際の手続きと料金ですが、2015年5月以降に発売された機種の解除につきましては、購入日より181日目以降にSIMロック解除が可能となります。また、2015年4月迄に発売された端末においては購入日よりSIMロック解除が可能です。

また、SIMロック解除は事務手数料が3,000円(税別)でかかります。

まとめ

マイネオはau回線とドコモ回線の2つが使える珍しいMVNO会社になります。動作確認端末も多いので、「手持ちのスマホを格安スマホとして使いたい」という方は一度チェックしてみると良いですね。

最後に個人的な感想ですが、料金プランの話になります。マイネオは500MB〜3GBプランの間の金額差が+100円になっています。月に1GBで収まる人は無理に3GBプランを選ぶ必要はありませんが、万が一データ量が不足してチャージをする場合マイネオは100MB/150円になります。

たった一回100MB増やしただけで3GBプランを超えてしまうので、もしも不安であれば最初から3GBプランを選択することをオススメします。その後やっぱり「1GBしか使わない」のであれば無料でプランの変更は可能なので心配の方は最初は1つ上のプランで様子見るのも良いでしょう。

マイネオの公式ページを見てみる

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

ランキングを見てみる