30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 【まとめ】iPhone7でSuicaを使う方法

【まとめ】iPhone7でのSuicaの使い方・設定方法

 

こんにちは、スマホ部長です。

10月25日よりiPhone7などで「Apple Pay」の利用が開始されましたね。これに合わせて待望の「Suica」も利用可能となりました。

iPhone7を格安SIMで使っている方も多いかと思いますが、今回はまだiPhone7+格安SIMで『Suica』を使えるようにする手順についてご紹介したいと思います。


SuicaをiPhone7で使えるようにする方法

まずは簡単にSuicaをiPhone7で使えるようにする設定についてご紹介していきます。凄く簡単なので迷うところはほぼないかと。

Suicaアプリをダウンロード

最初にSuicaのアプリをApp Storeからダウンロードします。iPhoneユーザーが待ちに待ったこれから始まる第一歩ですね。

Suicaカードを新規発行/取り込み

アプリを起動すると自分用のSuicaを登録する画面が出てきます。

中にはこれまでPasmoを使っていて、Suicaを持っていなかった方もたくさんいるかと思いますが、なんとこのSuicaアプリはアプリ上で新しいSuicaを作ることが可能です。

 

へぇ〜これは便利っスね〜

実物のカードを駅で作るとカード代500円が別途でかかるっスもんねー


My Suica(記名式)を選択

僕の場合はApp Pay/クレジットカードによるSuicaチャージを行いたかったので、新規発行は「My Suica(記名式)」を選択しました。

そしてお金をチャージ

新規発行時には初回のチャージが必要になります。チャージの仕方は「Apple Pay」を使う方法とクレジットカードから直接入金する方法の2種類があります。僕はこの時点で「Apple Pay」を設定していませんので、クレジットカードから直接入金する方法を選びました。

クレジットカードの情報を入力すると、以下のように「カード追加中」という画面になり数秒松と「Wallet」というアプリの中にSuicaカードが追加されます。

そして設定完了!

この画面が出れば設定完了となります。

これでiPhone7を自動改札に乗せた瞬間にゲートが開くようになります。

残高も確認可能

一度登録してしまえば「Wallet」アプリと「Suica」アプリ上でSuicaにチャージされている残高を確認することができます。従来のSuicaだと「あれ?あといくら残っているんだろう?」と分からず、コンビニや改札で閉め出しを喰らうこともあるので、すぐに残高が確認できるのはとても便利ですよ。

Suicaにお金をチャージする方法

それでは設定が完了したら次はアプリの使い方をご紹介します。

使い方と言っても大袈裟なことはなく、やる事と言ったら「お金のチャージ」^^;

チャージの方法も簡単で、入金したい金額を選んで支払方法を選択するだけで完了します。

チャージが終わると確認画面が表示され、「入金(チャージ)」をタップすればクレジットカードから直接Suicaにお金がチャージされます。

「VIEWカード」があればオートチャージも可能

僕はよくコンビニを利用するので、レジでチャージしていますが、「VIEWカード」というクレジットカードをお持ちの方はアプリと連動すれば「オートチャージ機能」を使うこともできます。

残額が○○○円以下になったら■■■円チャージする」というサービスで、これがあれば毎回入金しなくても自動的にチャージされるので面倒な手間が省けます。

使い始めるまで、使い始めてからの疑問点

今度は、iPhone7でSuicaを使い始める前から実際に使ってみた時に感じた疑問点などをまとめてみました。

「Suica」を登録しいんだけど登録できない

通常はWalletアプリを使えば「Suica」をiPhone7に取り込むことが可能ですが、手持ちのSuicaの種類によっては取り込みができない場合があります。具体的には、以下のSuicaは取り込みができません。

VIEWカードなど、クレジットカード一体型のSuica
ゆうちょ等、キャッシュカード一体型のSuica
Suit定期券(高校・中学・小学生用通学定期)
小児用My Suica
社員証・学生証と一体になっているSuica
JR東日本以外で発売されたSuica

また、ビックカメラSuicaなどは登録が出来ないので要注意になります。

Suicaがなくても登録はできるってホント?

手持ちのSuicaにiPhoneが読み込めない場合、iPhoneだけで新規にSuicaを発行して登録することが可能です。新規発行には「モバイルSuica」アプリが必要になります。

発行できるSuicaは「無記名」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」の3種類。後述する「オートチャージ」を利用するには「記名式」「Suica定期券」を選択する必要があります。

また、モバイルSuicaアプリからは新幹線の特急券やグリーン券の購入も可能。

「Suica」にオートチャージをつけるにはどうすればいいの?

Suicaの残高が一定金額をした回った場合、自動的にチャージしてるれるのが上記でもご紹介した「オートチャージ機能」になります。利用するには「ビューカード」が必須になります。

既に「ビューカード付きSuica」を持っていてもApple Payへの読み込みはできません。けど、「モバイルSuica」アプリkらSuicaを新規発行して、オートチャージするクレジットカードとして登録することは可能です。

「モバイルSuica」アプリから「チケット購入・Suica管理」を選択し、表示されたメニューから「オートチャージ設定」を選択して必要項目を入力すれば完了します。

モバイルSuicaから登録可能なクレジットカードは以下の7種類。(※オートチャージが利用できるのはVIEWマークが付いている物に限ります。)

ビューカード(VIEWマークのついたカード)
VISA
JCB
Master Card
American Express
Diners Club
JR東海エクスプレス・カード

Suicaにチャージできる限度額は?

Apple PayyモバイルSuicaでチャージできる限度額は2万円と設定されています。

自動改札を通る度に「Wallet」アプリを起動させるのが面倒なんだけど、どうすれば?

自動改札やコンビニで毎回「Walletアプリを起動させるのは面倒なんですけどぉ〜」と思っていましたが、「エクスプレス」設定をしたSuicaなら「Wallet」アプリの起動は不要となっています。

エクスプレス設定は、iPhone設定アプリから「WalletとApple Pay」を選択、「エクスプレスカード」という項目で使いたいSuicaを設定すればOK。

設定していればiPhoneの操作は何もしなくても、端末を改札にかざすだけで通ることができるようになります。

iPhoneを紛失したら「Suica」は誰かに使われちゃうの!?

iPhoneを紛失してしまった場合の対処方法は、モバイルSuicaを含め「Wallet」に登録されているカードを悪用される可能性もあります。

その場合はパソコンから「iCloud」へログインし、登録しているクレジットカード等の情報を削除すれば仮にiPhoneを無くしても悪用されることはありません。もしもの時に直ぐに削除できるのか、確認画面だけはチェックしておいた方が良いですね。

まとめ

以上で、説明を終わりにします。

僕もiPhoneユーザーですが長年待ちわびたので、嬉しくてつい仕事帰りにコンビニに寄ってしまって「ピィッ!」ってやってしまっています笑

皆さんも良いSuicaライフを!

メニュー

格安スマホランキングはこちら