30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 格安スマホで電話アプリを使えば通話料が割安に!

格安スマホで電話アプリを使えば通話料が割安に!

電話アプリ

格安SIMの通話料金は従量課金制になっているのがほとんどです。ようするに、使えば使った分だけ増えていくってワケですね。

一方大手キャリアのスマホは、3社全てにどれだけ通話しても、通話料金は一律2,916円になります。これは格安スマホで考えると月に、約68分以上通話すると、大手キャリアの通話料よりも割高になってしまう計算になります。

そこで、格安スマホではLINEなどの無料通話アプリや、電話料金が半額程度になる「でんわアプリ」のどちらかを使って通話するのが基本になります。

電話アプリとは、、

でんわアプリ」とは、その名の通り格安で通話ができるアプリになります。携帯電話宛ての通話料金は1分あたり約14円〜21円程度で、キャリアや格安スマホで直接かけるよりも約半額で利用可能となります。

また、アプリ同士での通話ならどれだけ通話しても、料金が一切発生しないのも魅力の一つになります。それなら毎回決まって電話をかける人は、予めお互いアプリを入れておくと便利ですね。

楽天モバイル公式ページを見てみる

電話アプリには、3つのタイプがある

  • IP電話型
  • プリペイド型
  • 通話割引き型

電話アプリには、大きく分けて3つのパターンがあります。
それでは、一つずつ見て行きましょう!

IP電話型

インターネット回線を利用する「IP電話型」のアプリは「050」で始まる電話番号が付与されていて、格安で電話をかけれる「050 Plus」や「LaLa Call」などのアプリがあります。月額数百円程度の基本使用料が発生するが、アプリ同士であれば無料で使えます。

プリペイド型

2つめは、先に料金を払ってしまう「プリペイド型」と呼ばれる方法です。

「LINE」や「Skype」などのアプリから、固定電話またはスマホ宛てに通話できるサービスになります。事前に払った分しか通話ができない仕組みになっているので、長電話による使い過ぎを事前に防げる仕組みでもありますね。

通話割引き型

楽天電話のように、格安スマホの電話番号を直接使う「通話料割引き型」になります。

基本使用料は無料で、通話料もキャリアの半額程度なので、手軽に導入できます。なお楽天モバイルの格安スマホなら同時申込みで楽天スーパーポイントがもらえるので、購入した際はぜひ入れたいですね!

通話料割引き型 プリペイド型 IP電話型
基本使用料0円で使えるので、通話料は半額にダウン! 電話番号宛てに発信できる前払い方式 基本使用料はかかるが、通話料は全体的に割安!
音声通話を利用する時に、アプリを経由することで、通話料を割安にできる。代表的な「楽天アプリ」は1分あたり21.6円で通話ができる。毎月の基本使用料がかからないのも人気のヒミツ。 事前に料金を支払い、金額やプランに応じた時間分だけ音声通話が利用できる。追加料金を支払えば、通話時間の延長も可能。「LINE」や「Skype」から固定電話にかけることが可能。 インターネット回線を利用して通話することができる、「050 Plus」や「LaLa Call」が代表的。基本料金は発生するけど、全体的に安いのが特徴。1分あたり約20円以下で、アプリ同士の通話は無料

代表的なでんわアプリの紹介一覧

●LINE電話アプリ

LINE電話

利用者ナンバー1!といっても過言ではない「LINE」の電話アプリになります。通常一般的に使っている「LINE」は利用者同士しか通話ができませんが、「LINE電話」は固定電話や、他社キャリアでも発信ができるアプリになります。基本使用料は無料で、事前にチャージした分だけ電話がかけられる「コールクレジット」の購入が必要になります。

スマホ宛てならば、1分あたり約14円での通話が可能となります。相手にはご自身が利用している電話番号が表示されますが、一部の電話には「非表示」でかかる場合もあるらしい。

 

●050 Plus

050plus

NTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。月額324円で「050」から始まる電話番号を入手できます。電話番号の下4桁は自分で好きな番号に指定が可能です。

通話料は、格安スマホのほぼ半分でスマホへの通話料金は1分あたり約17円。固定電話へは約8円になります。アプリ同士なら無料で会話できるので、家族や友人などよく電話する相手は先に同じアプリを入れておくと通話料を大幅にカットできます!

 

●楽天でんわ

楽天でんわ

「楽天でんわ」は、格安スマホの電話番号をそのまま使って通話できるアプリです。番号の頭に「0037-68」を付けて発信することによって、自社の電話回線の接続されます。通話料は通常の半分に収まり、基本料が無料なので使わなかった月は料金が発生しません。

通話料100円につき、2ポイント取得できて楽天スーパーポイントとしての利用が可能。楽天モバイルで購入と同時に登録すると、1500ポイントの楽天スーパーポイントが得られるキャンペーンもあり。

 

●LaLa Callアプリ

lalacall

ケイ・オフティコムが提供してる「LaLaCall」は、「」050で始まる電話番号から格安で通話ができるIP電話アプリです。基本料は月額108円で、同社の格安SIM「mineo」ユーザーなら基本使用料が無料になります。

スマホへの通話は1分あたり約19円で、格安スマホやキャリア通話のほぼ半額になるほか、チャット機能を利用してテキストメッセージや画像も送信できます。

電話アプリのココが使いやすい&ココが不便

以下、「電話アプリ」のメリット、デメリットをまとめてみました。

メリット

電話アプリ

デメリット

・ショップや飲食店への通話が10分間無料
・「LINEコイン」を支払いに利用できる
・クレジット購入で使い過ぎを防げる

LINE電話

・電話番号が相手に表示されないことがある
・コールクレジットには有効期限がある
・050で始まる電話番号がもらえる
・電話番号の下4桁が指定できる
・アプリ同士なら無料

050 Plus

・090/080/070で発信できない
・使わなくても、基本料金はかかる
・格安スマホの番号からそのまま使える
・基本料金がかからない
・お得なキャンペーンあり

楽天でんわ

・同じアプリ同士でも通話料が発生する
・通話中の保留や留守電の機能はない
・「mineo」ユーザーなら基本料無料
・アプリ同士なら通話0円
・アプリ同士でチャット可能

LaLa Call

・090/080/070の番号は利用できない
・使わなくても基本使用料はかかる

頻繁に通話する人ならば、Y!mobileの格安スマホがおすすめ!

Y!mobileの格安スマホは、全プランに「10分以内の通話が月300回まで無料」といったサービスがあります。このサービスはMVNO業者ではY!mobileのみになりますので、頻繁に通話する人であれば、Y!mobileの一択になるかと思います。

現在月額の支払いが約8,000円の方がY!mobileにした時のシミュレーション

AQUOS

人気度が高いAQUOS CRYSTAL Y をY!mobileの格安スマホに変更した際の月額支払い額をシミュレーションしてみました。

STEP 1

現在月々支払い8,000円
STEP 2 AQUOS CRYSTAL Y
STEP 3 新規契約
STEP 4 24回払い
STEP 5 スマホプランS 5,162円
合計 5,162円-8,000円=-2,838円

月々-2,838円の節約で、
24ヶ月間の差額合計は、-68,112円。