30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 【docomo】MNP予約番号の取得方法を画像付きで解説するよ!

【docomo】MNP予約番号の取得方法を画像付きで解説するよ!

今ドコモで使っている電話番号をそのまま格安SIMで引き継ぐには、ドコモでMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

この記事では、docomoを使っている方向けにMNP予約番号の取得方法を画像付きで紹介します。

docomoのMNP予約番号の取得方法は以下の3つ。

それでは、取得方法と注意点を確認していきましょう!

1. 電話で取得する

一般的に多いのが電話での取得方法になります。自分で何もすることなく専用のオペレーターが話を進めてくれますし、店頭より待ち時間が短いのが特徴です。

1. 以下の電話番号にかける

ドコモの携帯電話から(局番なし)151
一般電話からは、0120-800-000
受付時間は9:00〜20:00

2. 電話にでたオペレーターに「MNP予約番号の取得をお願いします」と伝える

後は相手に任せればOKです。

これはキャリア共通ですが、ドコモでMNP予約番号を取得するということは『ドコモを解約する』と同じ意味を持つので、かるい引き止めがあります。

・契約更新月じゃないけど良いのか?(契約更新月以外の人)
・こんな提案がありますよ
・移行先はお決まりですか?

内容はご自身の契約プランなどでも変わるかと思いますが、「もう決めているので結構です。」とひと言伝えるだけで必要以上の引き止めはありません。

 

一応、ドコモさんもお仕事っスからね


その後、MNP転出かかる手数料(2,000円)や端末の分割払いの残額が残っている場合は一括かそのまま分割かの選択、簡単なアンケートを終えて「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期限」が伝えられます。

全て含めて10分程度で終わる内容ですが、人と話したくない方は次に説明する「パソコン・スマホからの取得」を参考にして下さい。

2. パソコン・スマホから取得する

さて、次はWEB上からの取得方法です。PCからでもスマホからでも基本操作は同じです。

PC・スマホからMy docomo | ドコモへアクセスします。

ドコモオンラインの画面から【その他のお手続きはこちらから】へ進み、【携帯番号ポータビリティ予約(MNP)】を選択します。

移動先ページの最下部で【ドコモオンライン手続きトップへ】に進むと、PCサイトに移動します。

再度最下部の【解約お手続き】へと進みます。

ナンバーポータビリティのページで【お手続き内容を確認】と希望する【受付確認メールの送信】にチェックを入れて次へと進みます。

内容を確認して最後に【手続きを完了する】でMNP予約番号の発行が完了します。

▼完了すると、先ほど「受付確認内容メールの送信先」でチェックを入れたメールアドレス宛にお手続き完了のメールが届きます。そこに記載されているURLから、【MNP予約番号】と【MNP予約番号の有効期限】がチェックできます。

 

毎回ログインするのは面倒だから、この画面をスクリーンショトかメモしておくと便利っスよ


この先の「MNP予約番号の注意点」でも解説していますが、この予約番号を発行した時点ではまだドコモは解約になりませんのでご安心を。

3. ドコモショップ(店頭)で取得する

ドコモショップであれば全てスタッフが発行まで行ってくれるので、とても簡単ですが店頭での発行は、

待ち時間に1時間〜2時間待たされることがある
店頭でのMNP予約番号発行は手数料が3,000円かかる

といったデメリットがあります。

電話でもオンラインでも簡単にできるので、わざわざ3,000円かかるのはちょっと痛手なので個人的にはオススメしていません。

ドコモで発行されたMNP予約番号の注意点について

ドコモからのMNP予約番号取得にあたっての注意事項が3つあります。

【1】 MNP予約番号を取得した時点では、解約にはならない

上記で行った流れはあくまで、「MNP予約番号」を取得する手続きなので、この時点ではまだドコモは解約にはなりません。

正式に解約になるのは、格安SIMに申込み、SIMカードが届いてMNP切替が完了した時点でドコモが自動的に解約となります。

【2】 MNP予約番号の有効期限には注意しよう!

MNP予約番号には3キャリア共通で15日間の有効期限が設けられています。

ただし、乗り換え先のMVNOにはそれぞれ「有効期限の必要日数」が決められています。

・楽天モバイルなら、残り10日以上必要
・IIJmioなら、残り7日以上必要
・UQモバイルなら、発行から2日以内

各社10日以上残っているのが条件になっているのがほとんどです。なので、MNP予約番号を取得したら2日以内には格安SIMへ申込みましょう。

【3】 MNP予約番号の有効期限が切れてしまった時の対処方法

これは「2」の延長上になりますが、

何かしらの理由で有効期限が過ぎてしまった
申込み内容に不備があって、再度申し込もうとしたら有効期限が切れてしまった

という状況になった時は無料で「再発行」してもらえます。ただ、二度手間になってしまうので申込み時の住所やクレジット番号などの不備、本人確認書類のアップロードはしっかりと確認しましょうね。

再発行については別ページでまとめていますので、そちらを参考にしてください。


まとめ

ドコモでのMNP予約番号発行手順のまとめは以下の通り。

・取得方法は「電話」「オンライン」「店頭」のどれか
・「店頭」は手数料が3,000円かかる
・MNP予約番号を発行した時点では解約にはならない
・期限が切れても無料で再発行できる
・有効期限は15日だが、乗り換えは2日以内に行おう!

電話だと引き止めがありますが、そこはお仕事なので早めに「もう決めていますので。」と伝えましょう。オンラインでの手続きは探しづらい場所にありますが、僕のレビューを参考にして頂ければと思います。

予約番号さえ取得してしまえば、後は申し込むだけなので簡単ですね♪

お得なキャンペーンを含むSIM選びはランキングページでも紹介していますので、格安SIM選びの参考になれば幸いです。

ランキングページへ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集