30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 格安スマホ3台で1万円切る理由

格安スマホ3台でも1万円を切るって本当?その理由は?

 

最近テレビCMでも「楽天モバイル」や「マイネオ」「Y!mobile」などを見かけるようになった格安SIMですが、市場が新しいことから「どの位安くなるの?」「格安スマホを3台契約しても1万円を切るってホント?」という疑問について解説しています。


格安スマホ3台契約してもトータル1万円を切る理由って?

格安スマホはキャリア以外の家電量販店や大手ショッピング会社や様々な会社がドコモやauの通信回線の一部を借りて、キャリアよりも安価でその通信回線をユーザーに提供しているサービスになります。

その会社の事をMVNOと呼び、大手楽天やツタヤ、通信会社など競って格安SIM業界に参入しています。その料金の安さから巷では「格安スマホを3台契約しても月額1万円を切る」と話題になっているんですね。

格安スマホのどれでもという訳には行きませんが、その「3台でも1万円を切る理由」についての仕組みと理由について本日は解説したいと思います。

なぜ、格安スマホ3台で1万円を切れるのか?

大手キャリアでは1台の契約でも基本料金に「カケホーダイ」が常備されていたり、データ容量がたった5GBでも5,000円かかったりしてしまうので、プランによって異なりますが、平均6,000円〜8,000円前後という金額になってしまいます。

けれど、格安スマホは料金をデータ量のみとして、余計なプランを一切付けないので月額1,000円以下でスマホが持てるといったシステムを実現化しています。

例えば家族割りで有名な「DMMモバイル」という格安SIM会社があり、その会社では「シェアコース」というプランがあります。1つの契約で最大SIMカードが3枚まで使うことができ、その料金も20GBプランでも7,380円と1万円を大幅に切ることが可能です。

通話料はどうなるのか?

格安スマホは余計なプランを全て排除している事によってキャリアよりも大幅な価格帯を実現化してますが、090/080などの一般通話と呼ばれるモノは30秒20円の通話料がかかってきます。

キャリアの様に「話し放題」プランがないので、乗り換えた後も仕組みを知らないで同じ様に使ってしまうと、高額な通話料が請求されるので気をつけましょう。「通話はほとんど使わない。LINEで十分」という方にとっては格安スマホは正に打って付けだとも言えます。

格安スマホはちゃんと使える製品なのか?

だいぶ浸透してきましたがまだ格安SIMや格安スマホって聞くと「何で半額になるの?大丈夫?」とちゃんと使えるのかを疑ってる人もいるかもしれませんが、全く心配はいりません。格安SIMを提供している会社はいずれもビッグネームの会社ばかりです。

現在一番人気なのが大手楽天が提供している「楽天モバイル」になります。またau回線でお馴染みの「マイネオ」も関西電力の最大手になります。この他「DMMモバイル」や「Y!mobile」などがあります。

また特徴として、各々のサービスと連携してユーザーがお得になるようなキャンペーンも実施しているので、よく利用するサイトが運営している格安SIMを一緒に使えば月額料金の応じてショッピングポイントが貯まったりとキャリアには無い独自のサービスが受けられます。

まだ、スマホと言えば「ドコモ・au・ソフトバンク」といった3大キャリアが何年も独占していたので聞き慣れない名前もあるかもしれませんが、様々な大手企業が格安SIMに参入しています。

格安SIM会社の9割はドコモ回線を使っているので、通話エリアや品質に関してはドコモと同じになりますので安いからといって信頼できないもので決してありません。

格安スマホにする注意点はあるの?

格安スマホの一番の魅力はこれまで月々の支払い平均が6,000円〜8,000円に対し、端末の分割代も入れても平均3,000円前後で済む。といった安さにあります。プランによっては2,000円を切ることも可能ですが、安さだけを重視して乗り換えると想像と違ってたことになりかねないので、シッカリと格安スマホ、格安SIMの事を理解した上で乗り換えることが大切です。

しっかりと仕組みを理解して、3台でも1万円を切れるようにしましょう。

格安SIMは通話料がかかる

格安SIMには大手キャリアにありがちな一定額を支払うと何時間でも通話しても大丈夫な「カケホーダイ」というプランがありません。(オプションなどを使えば「カケホーダイライト」のような5分間の通話なら何度かけてもOKと同等なサービスはあります。)

ほぼ全ての格安SIMでは通話をかける度に本来の30秒20円の通話料がかかります。そのため、乗り換え前のキャリアスマホのつもりで長電話をしてしまうと、通話料金が高額になってしまい、結果乗り換え前よりも損をしてしまう可能性もあります。

格安SIMの場合は、無料通話アプリや各格安SIM会社が推奨する専用のIP電話アプリを使うのが一般的になります。この050番号のIP電話アプリを使うことによって通話料は半額に抑えることが可能です。

無料通話はその名の通り無料で電話をかけることが可能ですが、通話品質に関してはIP電話の方が数段上なので、必要に応じて使い分けると良いでしょう。

店頭窓口が少ない

格安SIMは基本的にネット上で申込みやMNPが全て完了するのが一般的になります。今では「楽天モバイル」や「Y!mobile」など実店舗を構える格安SIM会社も増えてきましたが、キャリアのようにちょっと車を走らせればすぐ見つかるといったレベルには達していません。

そのため、急に修理が必要になったり、代替え品が必要になった時は自分で用意する必要があります。修理も端末を送らなければならないのでその間自分で白ロムを購入する必要があります。

この場合の対処方は、修理保証といったオプションもありますので、心配な方は加入しておいた方がいいかもしれませんね。

サービスは必要最低限なのか?

月額料金の安さを現実化するために、大手キャリアのような常備で付いている細かいオプションサービスはありません。ほとんどが数百円を支払って自分好みにオプションをカスタムしているのが一般的です。

実店舗が少ないので、サポートが低いと今までは言われてきましたが、現在2016年5月では各会社にリアルタイムで質問できる「チャット機能」が設置されている所が多いです。

格安SIMが提供する回線に気をつける

格安SIM会社のほとんどはドコモ回線を利用しています。現在ドコモブランドのスマホを利用している方は特に問題はありませんが、auスマホを使っている方はau回線を使っている格安SIM会社に申し込まなければなりません。

現在(2016年5月)の時点でau回線を扱っているMVNO会社は「マイネオ」と「UQモバイル」の2社だけになります。なので、auユーザーは乗り換え後もau回線を使いたいのであればこの2社のどちらかを選ぶことになります。

また、ソフトバンクの回線を使用している格安SIM会社はありません。ですが、ソフトバンクのiPhone6s/6sPlusであればSIMロック解除をすることによって使うことが可能です。

使わなくなったスマホを復活させることも可能

僕もそうですが、中には乗り換えてて手元にiPhoneが残っているという方も多いかと思います。この場合、そのiPhoneに格安SIMを挿せばまた使えることが可能になります。

特に、中学生のお子さんがいるご家庭では「子供がスマホを欲しいって言ってるけど、毎月の支払いが超負担になる・・・」という方は、こういった方法を取れば既に端末はあるのでSIMカードのみの支払いになり、月額1,000円以下で使わせることも可能です。

この手段を使えば家族で格安スマホを3台契約しても月額1万円を大幅に切ることも可能です。

iPhoneを復活させたい場合におすすめの格安SIM会社はドコ?

iPhoneシリーズは特に若い方に人気で、中学生くらいのお子さんも「使うならiPhoneがいい!」と言うかもしれません。もしiPhoneが余っていて、それをお子さんに使わせる場合におすすめの格安SIMの会社を選ぶとすれば個人的にドコモブランドのiPhone5s/6/6sであれば「楽天モバイル」。auのiPhone5s/6/6sであれば「マイネオ」が良いでしょう。

「楽天モバイル」はドコモ回線を使うMVNO会社で、ダントツの人気を誇ります。また、毎月の月額料金も安く、通信速度も安定しているのが人気ですし、毎月の利用料金が楽天ポイントとして反映されるので、楽天市場を利用するのであれば一択になります。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

auブランドのiPhone5sやiPhone6/6sを持っている方は、au回線を使う「マイネオ」になりますね。SIMフリー端末に限らず多くのスマホにも対応しているのが魅力で「iPhone以外のスマートフォンを格安SIMで使いたい」という方はまず最初にマイネオをチェックした方が良いでしょう。

どちらも体験済みで自身を持っておすすめ出来る格安SIM会社です。

マイネオの公式ページを見てみる

メニュー

格安スマホランキングはこちら