30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 格安SIMはドコモの新プランよりも安いのか?

格安SIMとドコモの新プラン、どちらが安いか徹底比較!

 

格安SIMとドコモの新プランを比較してみました。

ドコモの新プランはフリーコースや長期割引きといった特典が増えましたが、それでも結果的には格安SIMの方が安いです。今回は格安SIMだとどれほど安くなるのかを解説しています。


ドコモが2年縛りがないプランと長期利用者優遇を導入

これまでキャリアの定番だった「2年間の縛り」ですが、ドコモではこの「縛り」がなく、いつでも解約ができるフリーコースを導入しましたが果たして本当にお得なのでしょうか?

フリーコースとは、今まで2年以上使っている人がフリーコースに変更すると基本の月額料金は変更されずにいつでも解約が可能になります。今までは、2年契約をしても解約をしない限り、自動更新され続け無限ループになっていましたが、2年契約の更新月にフリーコースへのプラン変更することで、いつ解約しても違約金が発生しない状態になります。

このフリーコースは新規加入時にも選ぶことは可能ですが、その場合は月額料金が1,500円高くなってしまいます。

ずっとドコモ割コース

その他、フリーコースに変更しなくてもドコモを2年契約したまま自動更新を継続するひとにはドコモ割が適用されるようになり、月額料金の割引更新時にドコモポイントが3,000円もらえますが、契約更新月以外の解約時には9,500円の違約金が発生します。

総務省から3キャリアへの対策

このフリーコースや長期利用者への優遇といった一連の流れは、総務省からの指示を受けたことにより導入されました。

現在、ドコモ・au・ソフトバンクの利用料金は高値止まりし続けていることや、新規利用者や乗り換えする人だけに対してお得になる戦略が優遇されおり、長期利用者には何の恩恵もなく、逆に損をするようになっていました。

そこで、自社サービスを長く使ってくれている人こそ大切にするべきだという方針に変え、こういった基準を設けさせたことが始まります。

このことから、「実質0円」や「現金キャッシュバック」といったキャンペーンは廃止され、スマホ利用者は長く利用することが一番月額料金が安くなる方法へなりつつあります。

また、ドコモやauなどはサービス内容を大きく変更し、毎月安く運用できる格安SIMを総務省は後押ししています。日本のデータ料金は世界的に見ても割高であり、他国の料金と平等になることを目指しています。

格安SIMはこれまでの月額基本料金の半分以下で使え、自分の生活にあったプランを自由に選択できるようになりました。今後はますます格安SIMへの優遇が増えることでしょうね。

結果的にドコモ・auは格安SIMを応援するようになる

これまではドコモもauも格安SIMに利用者を取られると、1人辺りの月額料金7,000円が減ってしまい、1万人が格安SIMに変更すると7,000万のマイナスへと繋がるので結果的に自社のサービスを利用する機会が減ってしまい売上が大きく落ち込むので、格安SIMを毛嫌いしていました。

ですが、今後はドコモもauも格安SIMを上手に利用して、通信回線以外のサービスを格安SIM利用者にも使ってもらえる工夫がされています。

ドコモはドコモ利用者以外でもdサービスを使えるように改善し、格安SIMでドコモの電子書籍やTVサービス、ゲームやショッピングを利用できる形になってきています。auではまだ格安SIMに対してのサービスは展開が遅れていますが、今後のサービス拡大に期待されています。

格安SIMとキャリアはどっちの方がいいの?

格安スマホが日に日に浸透してきたことから家電量販店でも専用の特設コーナーが設けられている所が増え始めていますが、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアと格安SIMを比較した場合、どちらを選んだ方がいいのか迷う人が増えてきています。

格安SIMが人気な最大の理由は「月額料金の安さ」にあります。その他は一体どんなところがあるのかちょっと格安SIMの魅力をピックアップしてみました。

格安SIMの契約(縛り)は半年〜1年

格安SIMの場合、キャリアと違って最低利用期間が半年〜1年という縛りが使われている所が多く、キャリアの半分になります。また、格安SIMは最低利用期間を過ぎればいつ解約しても0円解約が可能です。キャリアの様な自動更新はありません。

インターネット専用のデータSIMであれば縛りは存在しなく、利用開始月を除けばいつでも解約が可能ですし、こちらも違約金は発生しません。いつでも直ぐに解約できることから、データSIMはLTE対応のSIMタブレットでも人気を集めています。

ネット料金(データ通信料)は格安SIMの方が圧倒的に安い

スマートフォンでインターネットの利用については圧倒的に格安SIMの方が上です。中には「格安SIMの通信は遅い」と感じてる人もいますが、正直格安SIMを使う端末に左右される部分もあります。

最新のiPhoneやXperiaといった高額のハイスペック端末と、2万円〜3万円のライトスペックと比較した際、端末のCPU(処理速度)が関わって来ますので、同じMVNOの格安SIMを使っても通信速度には差が出るのは同然です。

僕はau版のiPhone6にマイネオの格安SIMを使っていますが、全く違和感無く使っています。何も言わないで奥さんに使わせましたが、全くバレません。また、ライトスペックのHuawei Ascend G620sを楽天モバイルSIMを使って子どもに使わせていますが、こちらも子どもに文句を言われたことがありません。両方ともレビューがありますので気になる方はぜひ参考にして下さい。

auユーザー超必見!auのiPhone6を格安SIMで使ってみた!

人気度no1の楽天モバイルデータSIMプラン3.1GBを実機レビューしました!

通話に関しては現状キャリアに軍配が上がる

格安SIMとキャリアの通話サービスだけを比較すると、キャリアに軍配が上がります。格安SIMには国内通話が定額で無制限に使えるプランが無いため、長時間の連続通話は圧倒的にキャリアが有利になります。

最近では、格安SIMでもキャリアの「カケホーダイライト」と同じ「5分以内の通話なら月に何回かけても無料」といった「5分かけ放題」や「通話定額」というプランも続々と登場しています。

全てオプションになり、利用月額料金は約800円前後といった具合で、キャリアの「カケホーダイライト」の半額になりますので、5分以内の通話で済むのであれば格安SIMに軍配が上がります。かけ放題については別ページでまとめてありますので、もう少し詳しく知りたい方はそちらを参考にして下さい。

格安SIMのかけ放題について

逆にLINEや無料通話アプリでほとんど090/080の電話番号を使わない方は圧倒的に格安SIMの方が有利になりますね。

月額料金イメージ

基本的な毎月かかる月額料金をキャリア代表のドコモ、格安SIMから楽天モバイル・マイネオで利用したイメージを表にしまいした。

ドコモ

楽天モバイル

マイネオ

基本通話料金

2,700

700

700

パケット代

3,500円(2GB)

900円(2GB)

900円(2GB)

spモード

300円

-

-

合計

6,500円

1,600円

1,600円

一目瞭然ですが、同じデータ量を使っても毎月4,900円の節約になり、1年間で58,800円、2年間で117,600円とハイスペック端末が買えてしまうくらいお得になります。

格安SIMとドコモの新プランはどっちが得なのか?まとめ

トータル面で見ると格安スマホの方が安く使えます。これは使う人のライフスタイルで変わってきますが現状では、

通話を長時間かける人...キャリア
毎月の通話が5分以内...格安SIM
通話をほとんど使わない...格安SIM
ネットを安く使いたい...格安SIM

このように、「通話」の部分が分岐点となります。また、格安SIMに関しては楽天モバイルとマイネオが得にオススメになりますので、気になる方はレビューページで詳しく書いていますので、ぜひ参考にして頂ければ嬉しく思います。

楽天モバイル詳細を見てみる

マイネオの詳細を見てみる