30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > MNP予約番号の有効期限切れになっても再発行すれば大丈夫!再発行の手順を解説するよ!

MNP予約番号の有効期限切れになっても再発行すれば大丈夫!再発行の手順を解説するよ!

このページは「キャリアから格安SIMへ乗り換えようとしたけど有効期限が切れちゃった!MNP予約番号の再発行ってどうやるの!?」という方に向けた特化記事です。

キャリアから格安SIMへ乗り換える為にMNP予約番号を発行してもらったものの、有効期限が切れてしまうとMNP乗り換えができず、もう一度再発行をしなければなりません。

また、勘違いしがちですがMNP予約番号の有効期限は15日間とキャリア共通ですが、MVNO側ではこの有効期限が〇〇日以上残ってるのが条件となっている所がほとんどです。

MVNOごとによって条件日数は異なりますが、余裕を持って申し込もう!

15日間あるかといってのんびりしていると、定められた日数に達しておらず申込みができない(キャンセル扱いになる)ということになってしまいます。

結論から先に言うとMNP予約番号の再発行は可能ですが、何回もMNP予約番号を取得するのは面倒なので、取得後は遅くても発行日から2日以内には申込みましょうね。

それではキャリア別にMNP予約番号の再発行手順を確認していきましょう!

docomo(ドコモ)でMNP予約番号を再発行する方法

docomo携帯から 151
一般電話から 0120-800-000
受付時間 9:00〜20:00

docomoの場合は以下の3つの方法からMNP予約番号の再発行が可能です。

1 電話でMNP予約番号を取得する
2 WEBでMNP予約番号を取得する
3 docomoショップで取得する

再発行される方は既に一度取得されているので、大体の流れはご存知かと思いますが、個人的には「電話」での取得が一番手っ取り早いです。

一度取得していますので、「期限が切れてしまったので再発行をお願いします。説明は一度聞いているので結構です。」で二度の引き止めはもうありません。

auでMNP予約番号を再発行する方法

au携帯・一般共通 0077-75470
受付時間 9:00〜20:00

1 電話でMNP予約番号を取得
2 auショップでMNP予約番号を取得

auの場合は「電話」と「auショップ」でMNP予約番号が取得できます。WEBからはEZwebのみでauのガラケーを利用している方は可能ですが、スマホからはできません。

auでも一度MNP予約番号を取得されていることなので、電話で有効期限が切れてしまったことを伝え、再発行してもらいましょう。

ソフトバンクでMNP予約番号を再発行する方法

ソフトバンク携帯電話から *5533
一般電話から 0800-100-5533(無料)
受付時間 9:00〜20:00

1 電話でMNP予約番号を取得
2 ソフトバンクショップでMNP予約番号を取得

ソフトバンクもauと同様でWEBからのMNP予約番号発行はできませんので、電話でちゃちゃっと再発行してもらいましょう。

有効期限の途中でも再発行は可能なの?

申込みの不備や忘れなどで必要な有効期限日数を過ぎてしまった場合は、全てが切れる15日を待たなくても再度キャリアに問い合わせをすれば再発行してもらえます

その際、手数料等は一切かかりません。

MVNOごとのMNP予約番号必要日数一覧

MVNOに乗り換える時に必要なMNP有効期限日数をまとめました。一例になりますがやはり余裕を持って取得後2日以内に申し込むのがベストですね!

・楽天モバイル
MNP有効期限が10日以上残っていること

楽天モバイル公式ページへ

 

・マイネオ
MNP有効期限が10日以上残っていること

マイネオ公式ページへ

 

・LINEモバイル
MNP有効期限が10日以上残っていること

LINEモバイル公式ページへ

 

・UQモバイル
MNP予約番号取得から2日以内に申込む

UQモバイル公式ページへ

 

・IIJmio
MNP有効期限が7日以上残っていること

IIJmio公式ページへ

 

・BIGLOBEモバイル
MNP有効期限が12日以上残っていること

BIGLOBEモバイル公式ページへ

 

・DMMモバイル
MNP有効期限が10日以上残っていること

DMMモバイル公式ページへ

一緒に覚えておこう!MNP乗り換え時の注意点

MNP有効期限の他にも忘れがちになってしまうことが2点ほどあります。せっかくなので一緒に再確認しておきましょう!

申込み時の住所入力は正確に!

乗り換え申込み時の個人情報の入力がありますが、必ず本人確認書類と同じ住所を入力しましょう!入力情報に不備があると審査時で通らず、もう一度最初からになってしまう場合があります。

情報不備で最初からになってしまった場合、タイミングが悪いとMVNO側で必要なMNP予約番号の有効期限を割り込んでしまう場合があります。そうすると、予約番号も再度取得することになり、二度手間になってしまいます。

そうならない為にも、基本情報を入力したら一度は確認しましょう!

本人確認書類のアップロードは忘れずに!

音声通話SIMの申し込み時には必ず本人確認書類(免許証・保険証)のアップロードを行います。

申込みだけ完了して全部終わったと勘違いしてしまう方もいるかと思いますが、乗り換え時は100%免許証などのアップロードが必要なので忘れないようにしましょうね!

MNP乗り換えに必要な三種の神器は用意しておこう!

MNP乗り換えには必ず必要な物が3つあります。

1.MNP予約番号
2.本人確認書類(運転免許証や保険証)
3.引落し用のクレジットカード

口座振替が希望の方は「口座振替が可能なMVNO」を参考にしてください。

事前に準備しておくことによって、途中で中断せずにスムーズに申込みが行えます。

この3つは覚えておきましょうね^^

まとめ

MNP予約番号の有効期限は15日と決められていますが「15日以内に申し込むのではなく、MVNO側で必要な有効期限日数がある」ことを覚えておきましょうね!

・MNP予約番号の有効期限が切れても再発行は可能!
・再発行してもらう方法は「電話」「WEB」「キャリアショップ」のどれか
・「電話」での手続きが手間いらずでオススメ
・「MNP予約番号」を発行しても解約にはならない
・取得したら2日以内にはに乗り換えよう!
・有効期限途中でも再発行は可能!
・再発行に手数料はかかりません!

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集