30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > iPhoneのネットワーク利用制限を確認する方法

iPhoneのネットワーク利用制限を機種別で確認する方法

中古のiPhoneを購入して格安SIMで使いたい人も多いかと思います。

ヤフオクや中古ショップでの説明事項の箇所に「ネットワーク利用制限」という項目をよく目にしますが、これはどーいった意味なんだろう・・・?と分からない人もいますよね。僕も最初分かりませんでした。

このページではiPhoneのネットワーク利用制限について詳しく解説していますので、参考になれば幸いです。

iPhoneやiPadのネットワーク利用制限とは?

ネットワーク利用制限とは、通信の利用を遮断することで、通信を遮断されたiPhoneはデータ通信の利用ができません。主に中古のiPhoneで起こるネットワーク利用制限は前利用者が分割払いが未納のままであったり、盗品であるケースが多いです。

ネットワーク利用制限で表される記号について

ネットワーク利用制限を調べると3つの記号(○、△、×)で表されています。

キャリア版はこれらのネットワーク利用制限について調べる公式ページを公開しており、そこに端末の「IMEI(15桁の数字)」を入力することで制限の状態を調べることが可能となっています。

」の場合はネットワーク利用制限が全くない状態で、端末の代金が綺麗サッパリ支払されている状態です。中古のiPhoneを購入するのであればココは必須ですね。

」の場合は利用制限になる可能性があることを示しています。現在も支払が途中な状態で全て完済すると「○」に変わります。

×」の場合は分割未払い、もしくは盗品として処理されている状態なので、絶対に手を出してはいけません。

 

たまにオークションでもネットワーク利用制限について説明文で書かれていない事があるっスから、質問でちゃんと聞いた方が良いっスよ。


iPhoneの製造番号(IMEI)を確認する方法

iPhoneのネットワーク利用制限を確認するには、ドコモ・au・ソフトバンク各社の専用ページでIMEI(製造番号/識別番号)を入力すれば確認が可能です。

手持ちのiPhoneのIMEI番号は「設定」→ 「一般」→ 「情報」の順で調べることが可能で各社が公開している専用ページ内で15桁の番号を入力します。

設定画面以外でのIMEI番号の調べ方

iPhone 7/ 7Plus/ 6s/ 6s PlusはSIMトレイにIMEIが表示されていますのでコチラからも確認可能です。

iPhone 6/ 6 Plus/ SE/ 5s/ 5c/ 5は、本体背面にIMEIが記載されています。

NTTドコモ/au/ソフトバンクでiPhoneのネットワーク利用制限をチェック

上図がドコモの専用サイトになります。こちらに15桁の「IMEI」を入力します。

「△」の場合ですが、「平成21年10月1日以降に購入された携帯電話機器で調査中のもの」、「ドコモの分割払い当を利用した携帯電話機器は、代金滞納となる恐れがある期間中」などの場合に表示される可能性があります。

「△」でも利用には問題がありませんが、代金の未払が発生した、不正契約のiPhoneだった。などが発生した場合は制限がかけられる可能性がありますので注意しましょう。

auやソフトバンクでも同じように専用ページが設けられています。

白ロムが赤ロムに変わる可能性はあるのか?

ヤフオクなどのオークションなどで、出品時は「△」の代金分割払い中といった状態で出品されているのもよく見かけますが、落札後に分割払いが滞ったりして「×」の赤ロムになってしまうリスクもあります。

中古端末は安く購入できるメリットがありますが、こういったリスクもあるんだ。というのは覚えておきましょう。

また、中古ショップによっては「赤ロム保証」といったサービスを提供している所もありますので、中古端末は信頼できるお店などで購入した方がより安心はできますね。

ネットワーク利用制限のまとめ

中古iPhoneを購入する場合は、ネットワーク利用制限をしっかりとチェックしておきましょう。また、万が一「赤ロム」になった際も保証が付くかどうか調べておくもの重要です。

iPhone自体価格が大幅に値下がりしにくいですが、こういった中古iPhoneと格安SIMを上手に利用することにより、月額料金の安い「格安スマホ」として利用できるのでiPhone好きは活用しましょうね^^

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集