30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 2年縛りから開放されるiPhone6s!今こそ格安SIMで安く使おう!

2年縛りから開放されるiPhone6s!今こそ格安SIMで安く使おう!

「iPhone 6s」が発売されてからようやく2年が経ち、キャリアの「2年縛り」が開放されるユーザーも多いでしょう。契約更新月の方には機種変更やMNP乗り換えを考える絶好のタイミングだといえます。

 

契約更新月なら違約金もかからないっスもんね


当サイトにもドコモ・au・ソフトバンク版iPhone6sの契約更新月を間近に控えたユーザーさんからよく相談メールを頂きます。特に似たような内容が多いので、今回頂くメール内容をシェアし、それに対する僕の考えをまとめてみました。

特に多いメール内容は以下の通りです。

1 新しく発売されるiPhone8/iPhone Xは魅力ですが、いま使っているiPhone6sも特に大きな不満はない。

2 せっかくiPhone6sの支払いが終わるのに、また新しい分割払いが始まるのはちょっと。。

3 このままiPhone6sをキャリアで使い続ける方がいいのか、格安SIMに乗り換えた方が得なのか?

こういった内容は人によって異なりますが、共通するのは「iPhone6sを安く使いたい」という点です。

特に大きな勘違いをしているのが「3」です。このキャリアを抜け出さないと永遠と高額な月額料金を払い続けることになってしまうんです。

キャリアを抜け出さないとキャリアの『無限ループ』からは抜け出せない

一例ですが、相談を受けた方の現在の内訳を例として挙げてみます。金額は全て税込みです。

Yさんの現在の月額料金は、

・iPhone6sの分割支払い:3,880円
・カケホーダイライト:1,836円
・データMパック:5,400円
・spモード利用料:300円
・▲月々サポート2808円
合計8,640円

かけ放題やデータパックで多少前後するかと思いますが、だいたいキャリアはiPhoneの分割払いも含めて8,000円前後が相場だと言えます。

このままドコモのiPhone8(64GB)に機種変すると分割払いは3,699円に縮小しますが、月々サポートも2,376円になるので、月額8,883円になります。

「下取りプログラム」を使ってもかなり綺麗な状態でなければ大幅な割引は期待できません。

だったら、このまま機種変しないでiPhone6sを使い続けるか?

と考える人も多いですが、実際は月々の負担が大幅に減るわけではありません。新しいキャリアに乗り換えしないと月々サポートが無くなってしまうので、同一プランでも7,560円と結局は高額な月額料金を支払うことになります。

結果、ドコモのような「月々割サービス」を求めて、auやソフトバンクに2年ごと乗り換えをする人も少なくありません

キャリア間をグルグル回ってだけだと結局月額料金が高い「無限ループ」から抜け出すことはできないのです。

無限ループから抜け出すには、データ料金が安い格安SIMに移動すること

キャリアが高いのは毎月の「データ容量の料金」です。あの手コノ手で色々なサービスを打ち出してきますが、キャリアは元となるパケット代が高いので、結局は高くなってしまいます。


加えて、「カケホーダイ:2,700円」や「カケホーダイライト:1,700円」が基本プランに組み込まれているので、LINEトークやLINEの無料通話で事足りる人にとっては意味がありません。

格安SIMはデータ料金が安く、自分好みにカスタムができる

そこで人気を集めているのが「格安SIM」の登場です。


例えば楽天モバイルの格安SIMのデータ容量料金は5GB/月で約2,150円です。

かけ放題オプションやデータ通信量の選択で人によって多少前後しますが、キャリア時よりも月5,000〜6,000円の大幅な節約が可能です。

格安SIMは基本となる料金プランの他に必要であれば「かけ放題」をオプションで付ける形になります。

キャリアの場合は最初から「かけ放題」が付いているので月額料金が高くなってしまいます。格安SIMは自分に必要であれば付けるといった自分に合ったプランが作成できるのが最大の特徴です。

 

自分が本当に必要なプランが決められるのは嬉しいっスよね!


もし、「LINEや無料通話で十分なんだよな〜」っていう人は、格安SIMに乗り換えるべきです。

最近の話だと、僕の弟がauから楽天モバイルにMNP乗り換えをしました。iPhone 6sではありませんが、手順は同じなのでそちらも参考にしてくださいね♪


キャリア別にも解説しています。

ドコモのiPhoneはこちら

auのiPhoneはこちら

ソフバンのiPhoneはこちら

iPhone 6sを格安SIMに乗り換えても「かけ放題」を必要とする人

現在キャリアをお使いの方はご存じかと思いますが、キャリアには「何時間でも何回でもかけられる完全なカケホーダイ」と「5分以内の通話が何回でも無料のカケホーダイライト」がありますよね。

中にはこの「カケホーダイ」を重宝している人もいるでしょう。

 

確かにキャリアのかけ放題に慣れちゃってる人もいるっスよね


この場合は「かけ放題オプションがあるMVNO」もしくは、「かけ放題が組み込まれているMVNO」を使う方法が一番ベストだと言えます。

それではキャリア別にちょっと一例を挙げて見てみましょう。

現在ドコモ版iPhone 6sをお使いの方

いま現在ドコモをお使いの方ですと、ドコモ回線を使っている「楽天モバイル」が挙げられます。同回線であればSIMを交換し、簡単な初期設定をするだけで使えるようになりますので楽チンです。

さて、この楽天モバイルにはオプションでキャリアと同じ「完全かけ放題」と「5分かけ放題」の両方が揃っています。

今までドコモで契約しているかけ放題と同じ条件が揃っていますので、希望するオプションを申込時に加えれば今までと同じ使い方が可能です。

 

しかも、かけ放題オプションもキャリアより安いんスよ

5分かけ放題はキャリアの「カケホーダイライト」と同じ扱いっスけど、約半額で使えるっス


楽天モバイルへ

現在au版iPhone 6sをお使いの方

いま現在auスマホをお使いの方でかけ放題を希望する人には「UQモバイル」が個人的にはオススメです。

UQモバイルは「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」の2種類があり、それぞれかけ放題がプランの中に組み込まれています。

UQモバイルでau版iPhone 6sをそのまま使う時は以下の特徴があります。

マルチSIMを選ぶ
SIMロック解除は行う
APN設定は不要で使える

UQモバイルには「nanoSIM」と「マルチSIM」の2種類がありますが、au版iPhone 6sで申し込む際は「マルチSIM」を選択します。申込みの流れにそっていけば自動でマルチSIMを選択してくれるので、大した問題ではありませんが一応頭に入れておいてください。

また、UQモバイルの動作確認端末でも確認できますが、SIMロック解除が必須となります。

↓ ↓

SIMロック解除自体もやってみると簡単で、10分もあればすぐに解除できます。手順は以下の通りです。

1.auサポートページから「SIMロック解除お手続きについて」 > 「SIMロック解除可否の確認」を選択
2.IMEI番号またはMEIDを入力
3.ご利用になるau電話番号/IDを選択
4.SIMロックを解除する機種を選択
5.内容を確認して「この内容で申し込む」を選択で完了

また、実際にau版iPhone6sをSIMロック解除した手順も画像付きでレビューしていますので、合わせて参考にして頂ければと思います。


 

自分でやるとタダっスけど、店舗でやってもらうと3,240円の手数料が取られるから自分でやっちゃった方がお得っスよ


UQモバイル公式へ

現在ソフトバンク版のiPhone 6sをお使いの方

ソフトバンク版のiPhone 6sであればCMでもお馴染みの「ワイモバイル」が候補に挙げられます。完全かけ放題はありませんが、「10分以内の通話が何度でも無料」が料金プランに組み込まれていますので、面倒な契約はありません。

ただし、UQモバイルと同様にソフトバンク版iPhone 6sもワイモバイルで使う場合はSIMロック解除が必須となりますが簡単なので、自分でやっちゃいましょう!

▼SIMロック解除手順

My SoftBankにログインする

ログイン後に「契約確認・変更」を選択します。

15桁のIMEIを入力する

次にiPhoneのIMEI番号を入力します。15桁のIMEI番号確認はiPhoneから「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」で確認しましょう。

SIMロック解除対象機種の手続に進む

「解除手続をする」をタップ

SIMロック解除完了

iPhoneの場合はこの時点でSIMロック解除が完了となります。手続受付完了の下に「SIMロック解除はまだ完了しておりません。」と出ますが、これは対象端末がAndroidの場合です。

Androidの場合は、他のSIMを挿入した時に解除コードを入力することで完了となりますので、Androidの方は解除キーをメモしておきましょうね。

ワイモバイル公式へ

まとめ

iPhone6sを使い続けても、最新のiPhone8やiPhone Xに機種変更しても結局はキャリアを抜け出さないと永遠に月額料金は高いままです。

また、LINEといった無料アプリで一般通話の使用回数が減った(またはほとんど使っていない)という人もキャリアの「カケホーダイ/ライト」は勿体ないです。格安SIMにも「5分以内の通話/10分以内の通話が無料」といったかけ放題オプションも月額850円ほどでつけることができます。

丁度2年縛りが解ける人は、この機会に格安SIMという選択肢を加えてみては如何でしょうか?

ランキングページでも特に人気の高いMVNOを紹介&キャンペーン等の解説もしていますので参考になれば幸いです。

ランキングページへ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集