30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > iPhone8/iPhoneXと2万円台のSIMフリースマホ。アナタはどっちを選ぶ?

iPhone8/iPhoneXと2万円台のSIMフリースマホ。アナタはどっちを選ぶ?

人気が高いといえばやっぱりiPhoneですよね。2017年後半では「iPhone8」や「iPhone X」といった最新モデルも登場します。ですが、iPhone Xに限っては256GBで14万とかなり高額で余裕でノートパソコンだって買えちゃいます。

その一方で、格安SIMの需要と共にメキメキと成長しているのが格安スマホと呼ばれる2万円台〜3万円以下のSIMフリースマホです。

価格だけみると「iPhone X」一台で5台買えてしまいます。

 

一体、どっちを選べば良いんスかね?


これはiPhoneに限らず、GalaxyやXperiaでも同じことがいえますよね。

そこで今回は10万クラスのスマホを購入する前にいま一度考えてみましょう。

自分がスマホで使うことは限られている

「アナタはスマホで毎日なにを使っていますか?」

この質問をされた時、アナタは何て答えますか?

通話をする
検索をする
写真を撮る
ゲームをする
SNSを利用する
メールをする
YouTubeなどの動画を視聴する
Googleマップをカーナビ代わり

これくらいであれば、「iPhone X」も「2万円台SIMフリースマホ」でも変わりません。

もちろん多少のクオリティーやコア数による動作速度は個々により差はありますが、必要条件を満たすのであれば安いにこしたことはありません。

 

普段使う生活アプリって生活リズムと一緒で決まってくるっスもんね


格安SIMと2万円台の組み合わせが最も多い格安スマホの最大のメリットは、当たり前ですが月額料金の安さです。料金プラン+端末代(24回払い)でも毎月3,000円前後に収まります。

もちろん人にもよりますが、キャリアから格安スマホへ乗り換えた場合、半額以下になる人がほとんどです。

格安スマホ=クオリティーが低いイメージはもう昔の話

ひと昔前までは「格安スマホ=性能が悪いから安い」というイメージが先行していましたが、現在は各社2万円台のSIMフリースマホは激戦区でコスパ以上の製品がリリースされています。

カメラ機能は申し分ありませんし、指紋認証は当たり前。ボディーの質感も安いプラスチックからダイヤモンドカット加工メタルフレームが採用されるなど高級感が出まくっています。

高品質なスマホを長く大切に使うのもいいですが、考え方によっては安価な端末であれば気軽に使えますし、精神的ダメージも軽減されます。特に画面割れが多い中高生に使わせるのであれば尚更です。(親の個人的目線が入ってます。)

iPhoneシリーズはもちろんカッコ良いですし、僕も使っています。ただ本来の趣旨が「月額料金を安くしたい」というのであれば、10万円クラス以外にも2万円台のSIMフリースマホも視野にいれてみては如何でしょうか?


iPhone X+キャリアと2万円台スマホ+格安SIMを比較すると2年間で約14万円の差が!

コストパフォーマンスを重視するなら、端末代金だけでなく通信費もセットで節約したいもの。そこで、ドコモでiPhone X 64GBモデルを購入した場合と「HUAWEI P10 lite」を購入し、格安SIM(楽天モバイル、ドコモ回線)を契約した場合とで、毎月の支払い総額がどのくらい変わるのか試算してみましょう。

本来2万円台のSIMフリースマホであれば、一括で購入する人が多いと思いますが、今回は条件を揃えるためあえて24回払いするという前提で計算しました。

それでもドコモでiPhone Xを購入した場合の毎月の支払い総額は1万413円、HUAWEI P10 liteと格安SIM(楽天モバイル、ドコモ回線)を組み合わせた場合の毎月の支払い総額が約4600円と実に倍以上の差がつきました。つまり格安SIMを選べば、2年間で13万9512円も節約できるわけです。

▼ドコモでiPhone X 64GBモデルを購入した場合

カケホーダイライトプラン
1,836円
データMパック(5GB)
5,400円
spモード
324円

小計7,560円

24ヵ月の端末分割支払い額/月(総額12万5064円)
5,211円
月々サポート
▲2358円

月々の支払い総額10,413円

▼HUAWEI P10 liteを格安SIM(楽天モバイル)で契約した場合

・P10 lite(24回払い):1,349円
・楽天モバイル通話SIM:2,322円
・5分かけ放題オプション:918円
月々の支払い総額 4,589円

格安SIMはキャンペーンとの併用で更にお得に!

今回は楽天モバイルの通常料金を参考例として挙げましたが、キャンペーンを使えば更に端末代が20,000円引きになるので更に月額料金を下げることも可能です。

これは楽天モバイルに限らず、ほとんどのMVNOで何かしらのキャンペーンを実施していますので、チェックは必須ですね!ランキングページでもまとめてありますので参考にしてください。

ランキングページへ

 

キャンペーンを使えば、ワンランク上の「ZenFone4」とかのSIMフリースマホも割安で購入できるっスね♪


まとめ

コスパ重視であれば2万円台のSIMフリースマホ+格安SIMのセット購入が現状一番安く・賢く手に入れることが可能ですね。

どうしても「iPhone8/iPhone Xを使いたい!」という方は、AppleでSIMフリー版を購入して、キャリアからMNP乗り換えで安く使う。という方法もあります。これに関しては別ページでレビューしていますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです。


メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集