30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 手元に格安SIMが届いてから自分でMNPできるMVNO会社はどこ?

手元に格安SIMが届いてから自分でMNPできるMVNO会社はどこ?

自分でMNPできるMVNO会社

先日、父親がマイネオにMNPしたので、その一連の流れを写真多数でレビューしましたので参考になれば幸いです。基本、iPhoneはどこの格安SIM会社を使っても同じになります。

レビューはこちら

いざ、キャリアから格安スマホに乗り換えようと思っているが、「乗り換えの間スマホが使用できない期間があるのでは?」と思う人も多いかと思います。

キャリアから格安スマホへのMNPのタイミングは現在MVNO会社に異なります。

このページでは、「手元に格安SIMが届いてから自分でMNPできるMVNO会社」「MNPしてから手元に格安SIMが届くMVNO会社」をスマホ部長自ら各MVNO会社に問い合わせて調べました!

意外に、このMNPのタイミングが記載されていないMVNO会社は多いんですよ。

MVNO会社別のMNPのタイミング

キャリアからMVNO(格安スマホ)に乗り換える為にはMNP予約番号を発行し、新しい端末に乗り換える作業があります。そして、この乗り換える作業の間はスマホの使用ができません

キャリアの場合、ほとんどがショップで乗り換え作業を店員さんがやってくれて、作業時間は1時間〜2時間ほどで新しい端末に乗り換えることができますよね。

一方、格安スマホの場合は、乗り換えるのに2種類のパターンがあります。

  • MVNO側でMNPを行ってくれる
  • 自分でMNPを行う

があります。

それでは、それぞれのメリット・デメリットを見て行きましょう!

MVNO側でMNPを行ってくれるメリット・デメリット

メリット 面倒な作業がなく、手元に届いたら開通している。
デメリット 手元に届くまでスマホが利用できない期間が1日〜3日ある

自分でMNPを行うメリット・デメリット

メリット 自分の好きなタイミングでMNPを行うので、使えない期間が30分〜1時間で済む。
デメリット 自分でMNP設定を行うので、初めての人には不安がよぎる。

 

可能なら繋がらない期間は短い方が助かるっスよね。


 

そうだね、LINEとか一日に何十件もやりとりする様な世の中だから2日使えなかったりすると、パニックになる人もいるかもね(苦笑)

そんなMNPのタイミングを下の表にまとめてみたよ。


自分のMNP作業を行うMVNO会社

 

楽天モバイル

手元に届いてから、楽天モバイル開通受付センターへ電話する⇒MNP完了。

mineo Dプラン、SIMカード到着後サポートセンターに電話で切替
Aプラン、マイページから切替作業
UQ mobile SIMカード到着後、説明書を見て自分で行う。忘れ防止に7日後には自動でMNPされる
IIJmio SIMカード到着後、説明書を見て自分で行う。
U-mobile SIMカード到着後、説明書を見て自分で行う
OCN モバイル ONE SIMカード到着後、説明書を見て自分で行う
BIGLOBE 手元にSIMカードが届いてから2日後に自動で切り替わる。特に連絡はない

 

人気のDMMモバイルが数日かかるのが以外っスね


 

そうだんだよね。僕も実際に問い合わせて聞いたんだけど、発送の期間があるから午前中に行えば最短1日、〜2日はかかってしまうみたいだね。


 

逆に、手元(自分)でMNPできるオススメのMVNO会社はドコっスかね?


 

個人的な感想になっちゃうけど、僕なら「マイネオ」かな。理由としては実際に使ってみた感じが常に安定した通信速度が出てるからかな。

実際、通話SIMの月々の支払い料金ってMVNO会社でそこまで大きな差はないんだよね。

中には「OCN モバイル ONE」のような変わったプランもあるけど、基本的に利用契約者数が多い3GB/月のプランであれば各MVNO会社も扱っているし、音声通話SIMで月額1,600円当たりが平均かな。


マイネオの公式ページを見てみる

自分でMNPするのに不安な人

初めて自分でMNPするのに多少なりとも不安な人もいるかと思います。自分で行うと言っても、SIMカードが届いたら「サポートセンター」に電話しながら行えば直接話をしながら設定をするのでそこまで難しくありません。

注意しておく点は、MNP予約番号は必ず取得しておく。のが前提ですよ!

 

あ、ちゃんとサポートセンターで一緒にMNPの作業ができるんスね。安心したっス。


 

サポートセンターの他に、チャット機能を使っても聞くことはできるよ。

不安な人は直接サポートセンターに電話した方がいいかもね。


別ページでauiPhoneからマイネオにmnpしたレビューがあるのでそっちを参考にしてもらえると幸いです。写真多数でより細かい部分まで解説しているのできっとお役に立てるかと思います。

iPhoneのMNPの全て

MNPに数日かかるのがネックな人は、こんな方法もあるよ!

上記のように、MNPに切り替わるのに数日かかるDMMモバイルですが、対処方として最近では「ガラケーとの2台持ち」をする人も増えてきて、市場では中古ガラケーを購入する人も増加傾向にあります。「2台持ち」についてはコチラでも書いていますので、参考にしてくださいね。

元々、

「電話はそんなに使わない」から定額制が邪魔で格安スマホに移動する人
「電話は定額で使いたいけど、月額料金を下げたい」という人

もいます。

そんな人が活用するのが「ガラケーとの2台持ち」ですね。

ガラケーは基本キャリアを使うことが前提になりますが、定額制を使うと月額2,700円。また、受け専門として使うのであれば月額800円程度でキャリアのガラケーを持つことも可能です。

これは一例ですが、「自分の番号をMNPする際に通話はキャリアにして、ネット関係は格安SIM(データSIM)を使う」方法を取れば、繋がらない期間はありません。

また、ガラケーはキャリアということなので、「キャリアメールが使えます(@docomo.ne.jpなど)」。お子さんの学校やネットショッピング、会員登録にキャリアメールで登録している人は、そのまま使えるので、面倒な変更手続きが不要になるメリットがありますね。

もう1つ、仕事で電話をよく使う人もこの「2台持ち」の方法ならば、通話は定額のままでも、データ通信料を大幅に下げられる格安SIMを使えばトータル的にみてもグッ!と安く運用可能です。

もし、「DMMモバイル」、「通話は使うけど月額料金を安くしたい」という人は参考にしてくださいね!

とくに、DMMモバイルに拘りが無いのであれば、自分でMNPできるMVNO会社を選べば良いと僕は思います。

まとめ

以上で、MVNO会社ごとのMNPのタイミングについて説明を終わります。

DMMモバイルだけ1日から2日かかってしまいますが、コツとしては朝一番(9時)に申込みをすればその日に焼き付け作業⇒発送を行ってもらえる可能性が高いです。

また、実際MVNO側で切替作業を行うまでは手元のスマホは使える常態にあります。

上記でも書きましたが、月額料金自体はビックリするほど金額差はありませんので、特にMVNO会社に拘りがなければ、僕のオススメのマイネオランキングを参考にしてもらえればなっと思います。

その他、「ちょっと何処にするか悩んでるんだけど・・・」という人はお問い合わせからメールでも頂ければ、スマホ部長のわかる範囲でご相談に乗りますので気軽にメールください!

即日MNPが可能で特におすすめな格安SIM会社

楽天モバイル(人気は以前高い。キャンペーンがとにかく魅力の一言)

マイネオ(au/ドコモ回線) 個人的におすすめ

OCN モバイル ONE(ドコモ回線) 1日110MBと変わったプランがあるのが特徴