30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 格安スマホ(SIMフリースマホ)が故障した時の対応(修理)方法

落ち着け!格安スマホ(SIMフリースマホ)が故障した時の対応(修理)方法

 

キャリアでも格安スマホでも端末が故障や紛失といったトラブルが起きてしまうと慌てますよね。このページではSIMフリースマホがそのような状況に陥った時の対応や修理方法についてどんなサービスを受けられるのかを紹介しています。


一般的な格安スマホの補償サービスの種類について

「メーカーによる端末補償サービス」。新品の格安スマホを購入した場合は、メーカー側の端末補償サービスが利用できる可能性があります。メーカー側から提示されている「補償期間」内で故意的破損でなければ端末修理や交換といった補償は受けられます。

ただし、修理代金や端末の交換代金が発生する可能性もあります。その状況(程度) によって変わりますね。

「格安SIM会社側が取り扱っている、端末補償サービスオプション」。上記のメーカー側補償ではなく、格安SIMを発行しているMVNO会社側がオプションサービスとして「補償サービス」を提供している場合もあります。

それでは少し掘り下げて見ていきましょう。

SIMフリースマホはMVNOの補償オプションがおすすめ

メーカ側、特にAndroidの補償は分かりにくく自然故障と判断される補償もないので、個人的には格安SIMと一緒にセット購入した際、同時に端末補償オプションを加入しておくのがお薦めになります。

格安SIM会社の補償はほぼ交換に対応

格安SIM会社が提供しているSIMフリー端末のセット購入時における補償オプションは「交換対応に応じてるモノが多い」といった事を知っておきましょう。ケースバイケースで修理対応などもあります。

これらの補償オプションは月額料金が発生するのがほとんどですが、交換を利用するには別途負担金が必要な場合も多いです。オプション内容にもよりますが、キャリアでもお馴染みなオプションに加入していると、本来全額負担のところが5,000円で新品と交換可能といった形のモノが多いです。

また、確認をしておきたい箇所として、「盗難・紛失にも対応しているのか?」といった点になります。補償サービスにはこういったケースでも対応してくれる格安SIM会社もありますので、どの範囲までカバーしてくれるのか?も確認しておくことが重要になります。

端末補償オプションを行っている格安SIM会社を紹介

それでは、端末補償サービスを行っている格安SIM会社を紹介したいと思います。今回は特に人気度の高い「楽天モバイル」「マイネオ」「DMMモバイル」「BIGLOBE SIM」の4社にスポットを当ててみました。

楽天モバイルの「端末補償・スマホサポートパック」

楽天モバイルでは、スマホ本体の破損や故障に対応してくれる「端末補償・スマホサポートパック」を提供しています。

「端末補償・スマホサポートパック」に加入しておくと、水濡れ、落下による故障や、端末自体に不具合が発生した場合に修理や端末の交換といったサポートを受けることが可能です。

ただし、故障が発生した場合は5,000円の交換代金を負担する必要があります。また、保証期間は加入月の2年後の同月末日までとなります。

また、「端末補償・スマホサポートパック」 は端末の保証だけでなく、初期設定やネットワークの接続設定といったユーザーサポートも受けられるので初心者には特におすすめですね。

マイネオ「端末安心サポート」

マイネオでもSIMフリー端末の故障などにたいする端末補償サービスとして「端末安心サポート」用意してあります。マイネオの「端末安心サポート」は端末1台に対して370円/月の料金で加入でき、修理中は代替機の貸出サービスが受けられます。

DMMモバイル「端末交換オプション」

DMMモバイルでも故障や破損が生じた場合に端末を交換できる「端末交換オプション」が設けられています。この「端末交換オプション」に加入していると、故障や破損といったトラブルが起きた際、同じ端末と交換してもらうことが可能です。

このオプションには350円/月で加入することができ、交換時は3,000円を負担する必要があります。

BIGLOBE SIM「BIGLOBE安あんしんサービス」

「BIGLOBE安心サービス」に加入しているユーザーは、対象の端末にしたがって300円〜400円の月額料金を支払うことで端末の故障が発生した時、新しい端末に交換してもらうことが可能です。なお、1回目の交換は5,000円の交換料金が発生します。

格安スマホにかかる修理や交換にかかる日数は?

修理や交換にかかる日数は破損や程度によって左右されます。例えば軽度の破損や故障であれば1日〜3日程度の修理期間で済むでしょう。

また、端末の交換は最短で1日〜2日で手元に届きますが、端末の在庫次第によっては日数がかかる場合があります。

楽天モバイルでは、「平日の16時までの受付分、土日祝日12時までの受付分については当日中に交換端末を発送」を公式サイトでは表記しています。その交換申請の申込みを受理した後、最短で1日〜2日で交換端末の利用を開始することができることになります。

修理や交換を行う基本的な流れ

格安スマホを修理してもらう場合は、以下の手順で端末補償サービスを行う形になります。

  1. サポート窓口への電話やマイページから依頼する
  2. 郵送で指定場所に端末を発送する
  3. 代替機を受け取る
  4. 修理完了を待つ
  5. 修理が完了した端末を受け取る
  6. 代替機を返送する
  7. 修理代金を支払う

このような流れが一般的になります。

格安スマホを交換してもらう場合は、以下の手順方法になります。

  1. サポート窓口やマイページから依頼する
  2. 郵送等で故障した端末を送る
  3. 交換端末を受け取る
  4. 交換代金を支払う

どちらもマイページからの申込みとなり、その際にかかった費用は翌月の基本使用料と一緒に引き落とされる場合がほとんどになります。

MVNOの端末補償サービスを利用する際の注意点

万が一のトラブルに対し、安心な端末補償サービスですが、注意しておきたいポイントもありますので、しっかりと把握しておきましょう。

月額料金とは別に修理代や交換代金が発生する

上記でも説明した通り、端末補償サービスに加入していても月額料金の支払いのみで端末の修理や交換といったサービスが受けられるわけではありません。実際に修理や交換をした場合は、別途で修理代金や交換代金が発生する点に注意する必要があります。

年間の上限回数は決まっている

端末補償サービスに加入しているかといって、回数が無制限で修理や交換を受けられるわけではありません。格安SIM会社では端末補償サービスが利用できる回数の上限が決められています。

また、年に2回以上の修理や交換を依頼する場合は修理の交換代金等に別途で金額を上乗せする格安SIM会社もあります。

修理時には色や端末の指定が出来ないケースもある

故障あるいは、破損した端末については原則として同機種の交換となります。したがって別の機種や別の本体カラーの交換を希望することはできません。また、交換端末の在庫状況によっては、故障・破損端末とは異なる本体カラーの同機種との交換になるケースもあります。

端末購入時の同時加入が基本

格安SIM会社の補償サービスはセット販売している端末が対象となり、持込の端末は対象外になるのがほとんどです。また、端末補償サービスへの加入はセット端末と同時の場合のみ可能となっています。

まとめ

今回ご紹介したように、格安SIM会社ではこういった万が一の備えに対して便利なサービスを行っています。上記のような端末補償サービスに加入していない場合は、ご自身で新しい対応しているSIMフリー端末を購入し、SIMカードを入れ替えなければなりません。

もし、壊れた時「その時は新しい端末を探すからいいや。」と思っている方は特に加入してくても構いませんが、決して安い買い物ではありませんので、格安スマホへ乗り換えを検討中の方は合わせて補償サービスオプションへの加入も検討してみてはいかがでしょうか?