30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > LINEだけやりたいけど、安く使える格安スマホはどれ?

LINEだけできればいいので、月額料金の安い格安スマホ端末はどれがいいのか?

突然ですが、LINEだけ使いたくてスマホを探していませんか?


 

最近、僕の妻から聞いた話しですが小学校や中学校の連絡や、ママ友などLINEのグループ機能を使った手段を使っているのが増えてきており、LINEをやるだけの為にスマホを購入する人も多いそうです。

そういった人の為に、今回端末を入れても月額料金を最小限に抑えて格安スマホを持つ方法についてまとめました!


LINEなどの連絡手段の為にスマホを持つ人が急増中!?

冒頭でも書きましたが、今は学校の連絡事項や町内の連絡にLINEのグループ機能を使っている方達が増えています。ガラケーでもLINEはできますが、その為にスマホを購入しようとする方もいるでしょう。

また、中学生になると習い事や両親の共働きといったことからお子さんにスマホを持たせる人もいますし、友達同士の付き合いでLINEがないと話についていけない。といった心配もあります。

けれど、わざわざその為にキャリアで新規にスマホを契約するのは簡単ですが、毎月の支払いで約6,500円以上もかかるのは家計を圧迫させてしまいます。

もし、LINEをメインと考えいるのであれば格安スマホ+格安SIMの組合せを使えば月額3,000円以下で運用することが可能です。場合によっては月額1,000円以下にだってなります!

その方法を詳しくご紹介したいと思います。

LINEをメインに考えるなら、ハイスペック機は必要無い

まず、この記事の趣旨でもある「LINEだけを使いたいけど、安く済む方法はないのか?」ですが、LINEをメインで考えるのであれば、ハイスペック端末は全く必要ありません。

スマホ自体は最低限の機能が備わっているライトスペック端末から、カメラ機能やその他の高度な機能を持ち合わせているハイスペック端末といった物もあり、スマホと一言でいっても価格は1万円以下〜10万円まで幅広く存在します。

LINE自体はとても軽いアプリなので、1万円以下の端末でも全く問題なく使えます。

なので、何も知らないでケータイショップに行くと、言い方は悪いですが「カモ」になってしまいます。

そこで登場するのが格安スマホと呼ばれるSIMフリー端末になります。

キャリアが扱う端末は基本的に最新モデルを扱っていますが、SIMフリー端末は性能や価格帯に応じて選択肢の幅が広く数多くの端末が発売されています

最近では、格安スマホという名前もだいぶ浸透してきており、その格安スマホを扱う楽天モバイルマイネオDMMモバイルといったCMも多く見かけるようになっていますよね。

月額料金を安くするのであれば、この格安スマホを使えば月額料金が四分の一以下で済ませることが可能です。

初心者はセット購入がおすすめ

それでは、なるべく安く済ませるためには最低限の機能を持ったスマホを手に入なければなりませんが、端末を入手する方法は、

●Amazonで購入する
●専門のネットショップで購入する
●格安SIMとセットで購入する

という幾つかの手段があります。

もっとも簡単な方法は「格安SIMとセットで購入する」です。Amazonや中古ショップでも購入できますが、格安スマホを使うには、格安SIMカードを扱う会社(楽天モバイル、マイネオなど)と契約しなければならないので、別々に購入するのは少し難易度が上がります。

専門の格安SIM会社(MVNO)であれば、1回で済みますし、分からない事は聞けますし、色々な面で楽です。また、セット購入であれば各会社が行っているキャンペーンもありますので、別々に購入するよりもお得になります。

おすすめの格安スマホを2機種ご紹介

それでは次は端末を見て行きましょう。LINEをメインに考えたSIMフリー端末を紹介します。

ZTE BLADE E01

ZTEから発売された、お買得プライスの最新スマートフォン「BLADE E01」になります。価格は12,800円となり、24回払い時で576円で購入が可能です。

LINEやSNSを楽しむといったニーズに応えられる低価格となっています。「こんなに安いスマホで大丈夫?」と心配になる方もいるかと思いますが、5インチのHD解像度ディスプレイや、64bit対応のクアッドコアCPU、800万画素のカメラといったイマドキのスマートフォンなら最低限、満たして欲しいスペックをしっかりと抑えているてのお値段となっており、お買い得感はバツグンです。

楽天モバイルセット購入が可能です。時期によってはキャンペーン対象になっているので、一度チェックしてみてください。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

HUAWEI Y6

DMMモバイルで取扱がある「HUAWEI Y6」になります。一括払いであれば9,800円と1万円を切る価格で手に入る正に理想的な格安スマホとなりますね。24回の分割払いは521円とワンコイン並なのも家計を圧迫しないのが嬉しいポイントです。

ZTE BLADE E01と同様に、最低限の機能が備わっていますのでLINE目的には十分過ぎるほどのスペックになります。

DMMモバイルの公式ページを見てみる

安く済ませるにはデータSIMを使う

格安スマホとは、SIMフリー端末に格安SIMと呼ばれるSIMカードを挿して使います。

この格安SIMには2種類があり、090などの番号がある「音声通話SIM」と、インターネットのみが使える「データSIM」があります。LINEはアプリなので、インターネット接続さえ出来れば問題ありませんので、「データSIM」を使えばOKとなります。

データSIMは音声通話SIMの約半額で使え、3GBで月1,000円前後ほどで使えます。

例で楽天モバイルで料金プランを見てみると以下のような感じです。

また、申込み時にデータSIMは「SMSあり」と「SMSなし」の2種類がありますが、LINEを使う場合は必ず「SMSあり」を選択しましょう。これはLINEの認証を行う時に必ず必要な物で登録時にSMS機能を使います。

楽天モバイルの申込み時の選択画面

もっと少ないデータ量でも良い場合はマイネオの1GBプランを利用しよう

楽天モバイルは、高速データ通信の最低プランが3.1GBからになります。マイネオは500MBからのプランがありますので、LINE利用目的だけであれば500MBでも良いかもしれません。

マイネオの公式ページを見てみる

楽天モバイルには「ベーシックプラン」がありますが、これは低速通信しかできないプランになっています。常にWi-Fi環境で使うのであれば問題ありませんが、外出先で使うのであれば、個人的にはベーシックプランはおすすめしません。

使っていないスマホがあれば格安スマホとして復活させよう!

もう1つのLINEを安くやる方法の手段として、使わなくなった(余っている)スマホに格安SIMを挿して復活させる方法があります。これなら新たに端末を購入しなくても良いので、端末代金がかからずより安く運用が可能です。

それでは、その方法の手順を見ていきましょう。

手持ちのスマホは「マイネオ」の格安SIMを使おう

手持ちのスマホを復活させるには格安SIMのみを申込みますが、個人的に僕は「mineo(マイネオ)」を推奨しています。その理由は、

ドコモとauの両回線がある
動作確認端末数が業界一
サポートが徹底している

この3つが特に大きいです。

ドコモ回線とau回線の両方が使えるマルチな格安SIM

mineo(マイネオ)は、格安SIMの中でも珍しい2つの回線のSIMカードを発行しているMVNO会社です。なので、ドコモ端末・au端末・SIMフリー端末の3種類が利用できます。

「ん?ソフトバンクはないの?」っと疑問に感じる方もいるかと思いますが、それは後で説明しますね。

更に、これは2つ目の「動作確認端末数が業界一」にも続くのですが、手持ちのスマホが何でもかんでも格安スマホとして復活できるワケではありません。

どのMVNOも動作確認の専用ページがあるのですが、ここに記載されていない端末は使えません。(厳密には使えるかもしれませんが、保証がなく自己責任になってしまいます。)

他社を調べてみると分かるのですが、格安SIM会社によってはご自身の端末が使えたり使えなかったりするので、結構探すのが面倒なんですよね。。

マイネオは、ドコモ端末が300種類、au端末が100種類と膨大な端末が対応しいるので、きっとご自身の端末も該当すると思います。もちろんiPhoneも使えますので、一度チェックしてみては如何でしょうか?

マイネオの公式ページを見てみる

サポートが徹底している

初心者の方は最初どうしても、「申込みはどうやるんだろ?」「次はどうすれば・・・?」と戸惑ったり、人それぞれの細かい疑問などが出てくるかと思います。

マイネオでは、画面の右下にリアルタイムで担当者と会話ができるリアルチャット機能が設置してあります。この機能はどこよりもマイネオが一番最初に導入し、待ち時間も少なく迅速に対応してくれます。僕も最初の頃フル活用したので、ぜひ質問をぶつけてみて下さい^^

マイネオの公式ページを見てみる

マイネオは裏技を使って事務手数料の3240円をタダにできる!?

裏技というワケでもないのですが、結構知らない人が多いので参考までにご紹介します。

格安SIMを申し込む時は必ず初回に限り「事務手数料3,240円」が別途でかかるのですが、マイネオには「エントリーコード」と呼ばれるクーポンがあり、それを使うと事務手数料がタダになるといったお得な技が存在します。

僕はAmazonでエントリーパッケージを購入しました。

Amazonのエントリーパッケージ購入はこちら

実際にはAmazonなどで909円で購入するので、実質2,331円がお得なります。それでも大幅な節約になるので、ぜひ利用しちゃいましょう!エントリーコードについては別ページで詳しく解説しています。

 

エントリーコードもゲットしたし、これで準備完璧っス!


 

よし、それじゃそのままデータSIMを申し込んでみようか!

要点をまとめて簡単に説明していくね!


マイネオでデータSIMの申込み手順

まずは、申込みに進むと早速先ほど入手した「エントリーコード」の有無を聞かれるので、「エントリーコードを持っている」に進み、16桁のコードを打ち込みます。

更に進むと、プランの選択になりますので、自分が必要な項目をチェックしていきましょう。au端末であればAプランを、ドコモ端末であればDプランを選択します。

自分に必要な項目をチェック

タイプは、LINEをやるだけなのでシングルタイプ(データSIM)で十分です。

コースの選択は、LINEのみであれば500MBか1GBで良いでしょう。そして端末を持っているのであれば、「SIMカードのみ」を選択して次に進みます。

次はSIMカードのサイズの選択になります。セット購入の場合はその端末にあったSIMカードをマイネオ側が勝手に選択してくれるのですが、「SIMカードのみ」の購入は自分で選択するので、間違わないようにしましょう。

後はオプションの選択や、個人情報の入力といった基本的な作業を行えば全て完了します。また、格安SIMの支払いは「クレジットカードのみ」となっています。キャリア時の様に銀行口座からの引き落としはできません。

申込み完了後のメール

全て完了すると登録したメールアドレスに完了通知が届きますので、記載されているURLをクリックすれば本契約が完了します。後はSIMカードが届くのを待ちましょう。

APN設定(初期設定)について

SIMカードが届いたら、手引きに沿ってAPN(初期設定)を行います。

AndroidとiPhoneは設定方法が異なりますが、初期の頃よりも手引きが見やすくなっているので迷う事はまずないでしょう。万が一分からなかったら、チャット機能で質問すれば即座に教えてくれます。

以上で、完了となります! 長々お疲れ樣でした!!

まとめ

LINEは本当に便利なアプリで僕も家族とのやり取りは全てLINEで済んでいます。ガラケーをそのまま使いたい方も、端末込みでも月2,000円ちょっと、端末があれば月1,000円以下でLINEを使うことが可能です。

もし端末選びに困ったり、疑問などがありましたら僕で良ければ相談に乗りますので、「お問い合わせ」から気軽にメールを頂けばなっと思います。

最後に、端末もセットで購入の方は種類&キャンペーンが豊富な「楽天モバイル」、端末をお持ちであれば「マイネオ」がおすすめとなります。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

マイネオの公式ページを見てみる