30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > 格安SIMで大容量(10GB/月)が使えるMVNO会社

格安SIMで大容量(10GB/月)が使えるMVNO会社

 

キャリアで10GBもしくはそれ以上を使うと毎月多額の支払いになってしましますが、格安SIMなら三分の一以下で利用可能です。

そんな大容量の格安SIMを扱うMVNO会社をまとめてみました。


楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは通信速度の安定や、会社自体の大きさからユーザーにメリットがあるサービスを提供し続けています。10GBのプランでも価格帯としては良好で自信を持ってお薦めできるMVNO会社の一つになります。

10GBプラン

料金(税込)

データSIM(SMSなし)

2,440円

データSIM(SMSあり)

2,570円

音声通話SIM

3,196円

業界最安のDMMモバイルと比較しても負けていない価格帯になります。この金額で10GBの高速データ通信が可能で使えるのは嬉しいポイントになります。

動作確認端末数も多く、既存のスマホが対応している事も人気の秘密になります。また、iPhoneシリーズは最新iOSに対応しているので、動画やネットをもっと安く大容量を使いたい人にはお薦めです。

また、新規の方も最新機種を揃えているので、セット購入も魅力的と言えるでしょう。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

DMMモバイル

DMMモバイル

豊富なプランがあり、業界最安を常に目指している格安SIM会社になります。大容量も10GB、15GB、20GBとあり、とにかく大容量を使いたい!という人にはもってこいになります。

10GB

2,365円

2,527円

3,218円

15GB

3,888円

4,050円

4,644円

20GB

5,378円

5,540円

6,458円

10GBプランの他に、15GB、20GBという超大容量のプランまで選べます。

これらのプランは全て「シェアプラン」が使え、SIMカードが最大3枚まで利用することが可能。一人メインで大容量を使うのも良し、1つの契約で複数の端末と分け合っても良し。と使い勝手の幅が広がります。

毎日YouTubeなどの動画を見るヘビーユーザーの希望にもこれなら答えてくれます。

DMMモバイルの公式ページを見てみる

>

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは「格安SIMにあったらいいな」というサービスに特化したシンプルな格安SIM会社になります。また、12ギガプランであれば、公衆無線LANサービスが無料で使えるといったお得なサービスもあります。

データSIM

データSIM(SMSあり)

通話SIM

12ギガプラン

2,916円

3,045円

3,672円

BIGLOBE SIMには「12ギガプラン」という大容量プランがあります。1GB辺りのコスパは他社と比較すると少し高めですが、Wi-Fiスポットが無料で使えたり、3日間の通信制限が無いという点を踏まえると大きな問題ではありません。<

BIGLOBE SIMも「シェアSIM」に最大5枚まで対応しているので、家族で共有するのも悪くはありません。シェアSIMの良い点は、新規事務手数料が1人分で済むというのが最大のメリットでもあります。通常なら15,000円(5枚分)が3,000円で済みます。

BIGLOBEの公式ページを見てみる

マイネオ

ドコモ回線とau回線の両方が使える格安SIM会社。共に10GBのプランがありサポート体制や管理人の母親も現在進行形で利用しているが通信速度の満足度が高い。

ドコモプラン

料金(税込)

シングル(データSIM)

2,520円

デュアル(音声SIM)

3,220円

auプラン

料金(税込)

シングル(データSIM)

2,520円

デュアル(音声SIM)

3,130円

同じマイネオ同士であればデータ容量の共有が可能なので、家族みんなで使えるといったメリットがある。

動作確認端末数も他社よりもダントツで多く、既存の端末を格安スマホとして使いたいという人に特に人気があるMVNO会社になります。

また、au回線で月10GBの格安SIMを使いたいのであればマイネオのみとなります。

マイネオの公式ページを見てみる

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる