30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > SIMロック解除のメリットとデメリット

SIMロック解除の仕組みやメリットとデメリットを詳しく解説

「SIMロック解除」って耳にしたことがあるかと思います。当サイトのお問合せから「iPhoneはSIMロック解除しないと使えないのですか?」とよく聞かれます。

 

確かに初めて聞く人はちょっとわからないっスよね


このSIMロック解除について誤解をされている(よく理解していない)方が多いので、この記事では、

を掘り下げてご説明していきますので是非参考にして頂ければ幸いです。

SIMロック解除についてもう一度確認しておこう

 

そもそもSIMロックって何なんスか?


まずはSIMロックについて確認しておきましょう。

SIMロックとは日本独自のシステムで、大手3キャリアのドコモ・au・ソフトバンクで契約したスマホにかかっている利用制限のことを言います。

 

なんでキャリアはSIMロックをかけてるんスか?


理由は簡単で他社への流出を防ぐためです。

昔は多額のキャッシュバックや端末0円とかのキャンペーンが盛り沢山の時期がありましたよね?せっかく大きな特典をつけても、その特典だけを入手してすぐ他社に移行されてしまうと、そのキャリアには何のメリットもないんです。

その流出を防ぐために、端末に他社では使えないようにロックをかけているんです。これが「SIMロック」ですね。

2015年5月に総務省からのお達しにより、SIMロック解除が義務化

そのSIMロックは昔からずっと続いていたのですが、2015年5月に総務省から「消費者には自由に選ばせよう」というお達しがあり、2015年5月以降に販売される端末には全てSIMロック解除ができるように義務付けられました。

iPhoneでいえば、iPhone6s以降の端末になります。

このSIMロック解除により、消費者は自由に好きな通信事業社(楽天モバイルマイネオUQ mobileなど)が選べるようになったので、それと同時にMVNOが扱う「格安SIM」も一気に普及し始めました。

これが「SIMロック解除の開始」と「格安SIMの普及の始まり」です。

SIMロック解除をしないと格安SIMは使えないのか?

SIMロック解除をしないと、スマホは格安SIMを使えないの?」この手のお問合せは本当によく来ます。

これは「SIMロック解除の義務化」と「格安SIM」が同時に誕生したので、内容がごちゃ混ぜになってしまっているんだろうな。とお問合せ内容からも伺えます。

結論から先に言いますとSIMロック解除しなくても既存のスマホは格安SIMが使えます

 

ん?どういうことっスか?


細かく説明すると余計にややこしくなってしまうので、ポイントを絞って解説しますね。

同回線を扱うMVNOであれば、SIMロック解除をしなくても使える

格安SIMは大手キャリアから回線の一部を借りて、事業を運営しています。なので、同回線であればSIMロックは関係なく格安SIMの乗り換えることが可能です。

例えば、ドコモ回線を借りて運営しているMVNO(楽天モバイル・IIJmio・LINEモバイルなど)であれば、ドコモで購入したスマホをそのままSIMカードを挿し変えるだけで格安スマホとして使うことができるんです。

 

おぉ!特に難しいことなく、簡単に乗り換えられるんスね!


SIMロック解除を必要とする場合

SIMロック解除を必要とするケースは、キャリア回線から別のキャリア回線に移動する場合のみ必要となります。

・ドコモ→au
・au→ソフトバンク
・ソフトバンク→ドコモ

こう言ったケースです。

例えば、現在ソフトバンク版のiPhone6sを使っている人で楽天モバイルの格安SIMを使いたい人は、通信回線が違うのでこの場合はSIMロック解除は必要となります。

このことは楽天モバイルの公式ページにも記載されています。

ソフトバンクやauのSIMロック解除方法は別ページで詳しく解説していますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。


 

あれ?ドコモのSIMロック解除はないんスか?


ドコモももちろんSIMロック解除はできますが、MVNOの約9割はドコモ回線を使っています。上記でご紹介した通り、同回線であればSIMロック解除する必要はありません。

よって、ドコモ端末は余程の拘りがない限りSIMロック解除は無縁なんですよね。

SIMロック解除の条件はキャリアごとに異なる

SIMロック解除はキャリアによって条件が異なるのでチェックしておきましょう。

ソフトバンクのSIMロック解除条件

1 端末購入日から180日以上経過していること
2 ネットワーク利用制限などのロック機能を利用していないか解除していること
2 解約済み端末は解約後90日以内で、本人に限り手続きが可能

auのSIMロック解除条件

1 2015年5月1日以降発売のSIMロック解除対応端末であること
2 端末購入日から180日以上が経過していること

SIMロック解除によるメリットとデメリット

それでは次にSIMロック解除をすることによって得られるメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

SIMロック解除にデメリットはありません!

SIMロック解除を初めて行う人だと「何かデメリットはあるのでは?」と疑問に思う人もいますよね。

ですが、SIMロック解除を行うことによって生じるデメリットは1つもありません

これまで僕もauとソフトバンクのSIMロック解除を行うのに直接電話で確認をしましたが、SIMロック解除とは端末がSIMフリー化になるだけで、アプリや端末自体に影響はでません。

 

オイラもSIMロック解除したau版iPhoneをしばらく使ってたっスけど、何も変わらないっスよ


SIMロック解除はメリット効果が大きい!

SIMロック解除はweb上で簡単に行えますし、自分で行えば料金もかかりません。また、SIMロック解除によって得られるメリットは以下の2つです。

1 スマホ会社が自由に選べるようになる
2 売却時の価格が上がる

それでは見ていきましょう。

1 スマホ会社が自由に選べるようになる

上記でほとんど確認してきましたが、SIMロック解除の手続をすれば他社のSIMカードが自由に使えるえますので、もう、同じ通信事業社に囚われず自分の好きな所が使えるようになります。

また、SIMロック解除の方法は3分ほどでできるとっても簡単な作業。ショップで解除してもらうと3,000円の手数料がかかりますが、自分でやれば無料です。ぜひ自分でやってみてくださいね。

2 売却時の価格が上がる

ヤフオクやメルカリで中古のiPhoneを探したことがある方は目にしたことがあると思いますが、SIMフリー化した端末は、売る時にSIMロックされている端末よりも高く売れるんです。

 

どうして高く売れるんスか?


高く売れる1番の理由は、SIMフリー化していれば選択肢の自由が増えるからですね。

また、SIMロック解除は本人がweb上(自分の管理画面)で行えば無料でできますが、他人じゃできません。だから売る時に最初からSIMロック解除をしておいてあげれば業者によっては5,000円〜10,000円アップすることもあります。

もし、iPhone6s以降を使っている人はSIMロック解除をしておけば、手放す時の金額アップになりますのでやっておきましょうね♪

無理にSIMロック解除をしなくても大丈夫!それぞれの回線に合った格安SIMを使おう!

ここまでSIMロック解除の方法を説明してきましたが、いまアナタが使っている端末は無理にSIMロック解除をしなくても、同回線の格安SIMを使えばスグに使えます。

それでは最後にドコモ回線au回線ソフトバンク回線、それぞれオススメの格安SIMを紹介していきます。

ドコモ回線のおすすめ格安SIM

9割以上のMVNOがドコモ回線を使用しているので選択肢が多すぎて、結局どこが良いのか分からないという質問も多々あります。

 

確かにドコモ回線系の格安SIMは多いっスよね


当サイトでは何でもかんでもネットでかき集めた情報だけを載せているサイトとは違い、実際に僕自身が使ったことがある格安SIMのみを掲載しています

その中から使って良かった格安SIMを特徴別でご紹介しますので選ぶ時の参考にしてください。

初心者におすすめ万人向けでバランスの取れた「楽天モバイル」

僕自身がメインで使っている「楽天モバイル」です。

キャリアから乗り換えても使い勝手は何も変わらず、通信速度も良好で不満に感じたことは今まで一度もありません。

楽天関連のサービスとの連携が非常にバランスが良くキャンペーンも重視して作られているので、他の格安SIM会社に強い拘りがなければ初心者は楽天モバイルを選んでおけば間違いありません。

申し訳ありませんが、ベタ褒めです。

楽天モバイル公式へ

SNSユーザーには超嬉しい「LINEモバイル」

SNS系の人気アプリ「LINE・Twitter・FaceBook・インスタ」これらの4つのアプリにかかるデータ通信量が一切かからないのが「LINEモバイル」です。

僕はSNSヘビーユーザーではありませんが、頻繁にSNSをやっている人はそれだけで毎月3GB以上使っていますので、その分がカウントフリーになるのは素晴らしいです。

SNSフリーをオプションで扱うMVNOも増えてきましたが、LINEモバイルは別途オプション代を支払わないでカウントフリーになるのでオススメです。

LINEモバイル公式へ

au回線のおすすめ格安SIM

au回線を扱っているMVNOはそれほど多くなく限定されます。

 

いまau版iPhoneをそのまま格安スマホとして使いたい人は重宝するっスよ


サポート充実のマルチ格安SIM「マイネオ」

au回線とドコモ回線の両方を取り扱う珍しいMVNOです。

サポートはもちろん、「フリータンク」や契約者同士であればデータ容量をシェアできる独自のサービスが人気の1つです。

料金プランも500MBから30GBの大容量まで幅広いのでそれぞれのニーズに合わせやすいのも特徴です。

また、動作確認端末数は業界一なので現在お使いのスマホをそのまま格安スマホへと乗り換えたい人は一度はチェックしましょう。

マイネオ公式ページへ

au系格安SIMで通信速度を重視するなら「UQモバイル」

深キョンのCMでお馴染みの「UQモバイル」はau本家のKDDIが運営しています。それもあって通信速度は格安SIMの中でもトップクラスです。

料金プランもシンプルですが、データ容量の選択は多くなく「かけ放題」がセットになっているプランに力を入れていますので、ある程度の通話をかける人にオススメな格安SIMだと言えるでしょう。

UQモバイルへ

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

少し前まではソフトバンク回線を扱っているMVNOがありませんでしたが、今では2社の取り扱いがあります。

 

SIMロック解除対象外のiPhone5やiPhone6がそのまま使えるようになったのはソフトバンクユーザーにとってはマジで嬉しいっスね


MNP乗り換えが可能な「b-mobile S」

ソフトバンク版iPhoneを電話番号をそのまま格安SIMにMNP乗り換えできるのは現在(2017年10月)「b-mobile S」のみとなります。

ソフトバンク回線の格安SIMはドコモやauと比較して料金プランが約1.5倍と高めですが、解約時に違約金がかからないのは魅力です。今まで使えなかったことを考えると十分に納得できる金額です。

「データ繰り越しができない」「データチャージができない」といったサービス面ではまだまだ課題は残っていますが、今後格安SIM市場の成長と共に改善されると僕は考えています。

b-モバイル公式へ

まとめ

初めて試みる方は抵抗しがちですが、SIMロック解除の仕組みは難しくありません!

また、SIMロック解除をすることによりSIMフリー化ができたり、売却時にも高く売ることが可能です。手続も5分もあれば簡単にできますので是非挑戦してみてくださいね!

2015年5月以前の端末も同回線のMVNOであればSIMロック解除という作業をしなくても、挿し変えるだけで格安スマホへ変更できます。

SIMロック解除をキッカケにユーザーも自分に合った格安SIMを使うことによって、月額料金を大幅に節約することが可能になりましたので、チャレンジして行きましょう♪