30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > ワンセグが使える格安スマホ

ワンセグ付きの格安スマホってあるの?

ワンセグが使える格安スマホ

これまでガラケーやキャリアスマホで「ワンセグ機能」が付いていた端末を使ってた人は、「格安スマホに乗り換えたいけど、同じくワンセグって使えるの?」といった疑問を持つ人もいるかと思います。

ワンセグが使える格安スマホの紹介

そもそも、格安スマホというのはMVNO会社が提供する「格安SIM」を挿しかえるだけなので、端末自体の機能は従来のキャリアスマホやガラケーのワンセグと何ら変わりありません。

格安SIMにしてもワンセグ機能は使える

ワンセグ対応のSIMフリー端末はまだ少ないのが現状

とはいえ、格安SIMに対応しているワンセグのSIMフリー端末はまだ少ないのが現状(2015年12月)です。有名処だと、「SHARP AQUOS SH-M01」「DIGNORM」「AQUOS SERIE SHL25」が挙げられますね。

ワンセグが使えるSIMフリー端末

基本的なスペックを並べると、

AQUOS SH-M01

DIGNO

SERIE SHL25

OS

Android 4.4.2

Android 4.4

Android 4.4.2

カメラ背面

1310万画素

1300万画素

1310万画素

インカメラ

120万画素

1200万画素

2100万画素

メモリ

16GB

32GB

32GB

バッテリー

2120mAh

2600mAh

3150mAh

取扱MVNO

DMM mobile

マイネオ

マイネオ

個人的にオススメなのは、「AQUOS SERIE SHL25」。ワンセグはバッテリーの消費が高いので、3,150mAhの大容量は魅力です。(それでも今の時代外出時は予備の充電器は持って行かないと不安ですけどね^^;)

ワンセグ対応のドコモ版スマホに格安SIMを挿して使うことも可能

MVNOではドコモ回線を利用しているのがほとんどなので、ドコモ版のワンセグ対応スマホであれば、既存のスマホのまま格安SIMカードだけの契約で乗り換えることが可能です。代表端末であれば、

・ソニー「XperiaA4 SO-04G」
・ソニー「Xperia Z5 Compact SO-02H」
・サムスン「Galaxy S6 SC-05G」
・サムスン「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」

になります。上記の端末をそのまま格安SIMを挿して使うのであれば「楽天モバイル」「DMM mobile」「IIJmio」「BIGLOBE」「mineo」が有名処ですね。

また、au版のスマホでもワンセグ付きの端末でも一部使える場合があります。

 

一部」って言うのはどうゆう意味なんスか?


 

一部」っていうのは、MVNO側の「動作確認端末一覧」に記載されていれば、そのままキャリアスマホに格安SIMを挿してもちゃんと使えるっていう意味なんだよ。


自分で端末を用意する場合は、「動作確認端末一覧」に記載されているかチェックしよう!

格安SIMはどんなスマホでも使えるという訳ではありません。提供側のMVNOがその端末に対応していないと、100%ちゃんと使えるという保証がないのです。

楽天モバイル動作確認一覧

mineo動作確認一覧

上図のように、MVNO会社には必ず「動作確認端末一覧表」のページがあります。持ち込みで格安SIMのみを契約する場合は、対応しているのか一度確認する必要があります。

持ち込みならオススメは「マイネオ」

実際に手持ちの端末を格安SIMで使おうとMVNO会社を探したことがある人は分かるのですが、いざ、調べてみると「あれ?ここは対応していない・・・」というのが結構あります。

ちょっと難しい話になってしまうのですがSIMフリー端末は別として、キャリアスマホは周波数バンドやメーカー規格などにより、対応していない端末が多いんです。

なので、「手持ちの端末を使いたい!」という人は最初に「マイネオ」から調べると良いですよ。

マイネオは、唯一ドコモ回線とau回線の2つを扱っている珍しいMVNO会社です。端末対応機種もドコモ版で約200種類、au版で約50種類と業界no.1なので、よほどマイナーな端末でなければ対応してるかと思います。

マイネオで対応しているか確認してみる

SIMフリースマホのワンセグの使い心地はどうなの?

SIMフリースマホのワンセグ機能とその使い心地についてポイントをまとめました。

移動中の車の中でも視聴が可能

ここ1年〜2年の間に流通されたワンセグ対応のSIMフリー端末は、しっかりとテレビの電波の受信性能もアップしています。そのため電車や車の移動中であっても電波を受信し、快適に番組を視聴できます。しかしながら、山奥や高層ビルの密集した場所では電波をキャッチできず視聴に支障が生じるといった口コミも見受けられます。

バッテリーの消費が早い

端末自体のスペックに左右される部分もありますが、ワンセグでテレビを見ている場合は通常よりも当然バッテリーの消費が早まります。また電波状況が悪い場所や移動中などは端末が常に新しい電波を探しているので、結果バッテリー消費は早まるでしょう。

使っているSIMカードには左右されない

ワンセグ機能自体はどこのSIMカードを使っても、端末自体に影響は受けません。実際ワンセグ対応のSIMフリースマホを使っているユーザーの声を調査しても格安SIMを使ったことによってワンセグ機能に影響が出たという情報はありませんので安心してください。

まとめ

以上で、「格安スマホでワンセグを使いたい」についての説明を終わりにします。

実際、ワンセグを扱っているMVNO会社はまだ少ないのが現状ですが、新規やMNPで新しい端末に乗り換える時は、「セット購入」ができるmineoの「AQUOS SERIE SHL25」が個人的にはオススメですね。

ワンセグスマホの特徴ですが、バッテリーの消費スピードはめっちゃ速いので「AQUOS SERIE SHL25」の3,150mAhは安心できます。

データ利用量のプランで分かれますが、音声通話SIMで月額3,410円〜利用可能。

マイネオ公式ページを見てみる