30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト

格安スマホプラン提案その1

 

一番多いパターンかと思います。

  • 独身/30代
  • 会社員
  • エクスペリア(ドコモ)
  • 月額8,000円
  • データMパック


現在のプランの内訳

キャリア

ドコモ

カケホーダイ

2,700円

spモード利用料

300円

データMパック

5,000円

提案プラン

楽天モバイル 通話SIM 5GBプラン

2,280円(税込み)

Xperia J1 Compact

2,466円×24回(税込)

通話料

30秒約20円

楽天モバイルにMNPすると、月額4,746円

2年間で81,758円お得

 

このケースは今まで5GB/月のデータ量と、Xperiaを使っていたので、ほぼ同じ条件を揃えてみました。

通話はほとんど使わないようですが、もし電話を利用するのであれば、「楽天でんわ」やLINEの無料通話などを使うのが一般的になります。


更に月額料金を下げるポイント!

  • 端末を変える
  • 以前の端末をそのまま使う
  • データプランを3.1GBに変える

■端末を変える

特にXperiaに拘りがなければ、人気の「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」にすれば月額料金が更に約-1,300円ほど下げることが可能になります。

■以前の端末をそのまま使う

以前使っていたのがドコモなので、端末の種類にもよりますが、「動作確認端末一覧」に記載されていれば、音声通話SIMだけを申込みMNPすれば端末代金はかかりませんので、月額2,280円(税込み)で運用可能となります。

■データプランを1つ下げる

自宅、職場がWi-Fi環境であれば毎月3GB程度で収まるケースもあります。楽天モバイルの3.1GBプラン(音声通話SIM)であれば月額1,728円(税込み)になります。一度自分が月どの位のデータ量を使っているのか確認するのをオススメしますよ。

 

更に上記のようなもう1つスパイスを加えることによって、月額3,000円程度での運用が可能になりますので、簡単な見直しは必須ですね!

楽天モバイルは「料金シミュレーションツール」といった便利な機能が公式サイトに設置されていますので、一度ご自身でチェックすると、よりリアルな数字が分かりますよ!


その他楽天モバイルのおすすめポイント

  • データ繰越がある
  • プランの途中変更可能
  • キャンペーン充実

 

キャリアには無い「余った分のデータを翌月に繰り越せる」のは嬉しいサービスですね。また、プランの途中変更も可能で、一先ず3.1GBプランで申込みやっぱり足りないようであれば5GBに変更するのも1つの手段です。

キャンペーンに関しては全MVNO会社の中でもトップクラスで他のMVNO会社に拘りがなければ間違いはありません。


楽天モバイルのココが気をつけたいポイント

  • MNPするのに1日〜2日かかる

 

楽天モバイルはMNPする場合、スマホが使えない期間が1日〜2日ほどかかってしまいます。

もし、この使えない期間が嫌というのであれば、楽天モバイルとDMMモバイル以外であればSIMカードが手元に届いてから自分でMNP設定を行うので、スマホが使えない期間が30分程度で済みます。別ページにまとめてありますので参考にしてください!

⇒ 自分でMNPできるMVNO会社はどこ?


楽天モバイル関連記事

⇒ 楽天モバイルデータSIMレビュー

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる