30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト

格安スマホプラン提案その3

 

20代の(auブランド)iPhone保持者が格安SIMでiPhoneを運用したいケースですね。

  • 既婚男性/50代
  • 会社員
  • Android
  • 月額約7,00円
  • ソフトバンク(旧プラン)
  • 主にネット検索
  • 毎月2GBくらい


現在のプランの内訳

キャリア

ソフトバンク・Android

ホワイトプラン

934円

S!ベーシックパック

300円

パケットし放題フラット

5,700円

プランの提案

3GBプランのMVNO

月額約1,600円

ZenFone 2 Laser

約1,026円×24回

通話料

30秒20円

3GBの格安SIMにMNPすると、月額2,626円

2年間で104,976円お得

 

まず見直すポイントが月2GBほどしか使っていないので、ソフトバンクの旧プランの恩恵は受けられないんですよね(苦笑)

また、自宅と会社がWi-Fi環境が整っていて、主な使い方がネット検索だと1GB〜2GBくらいの使用量になります。

3GBの音声通話SIMであれば月額約1,600円が相場なので、旧プランの7GBをこのまま利用するより大きな削減になるので、検討の見直しは大ですね!

端末ですが、SoftBankブランドの端末は現状格安SIMを取り扱っているMVNO会社はありませんので、端末の購入が必須となります。

上記では例えで人気の「ZenFone 2 Laser」を挙げてみました。カメラ機能も充実していますし、主な使い道がネット検索であれば5インチ仕様で見やすく、月の端末代が1,026円なので毎月の支払いが7,700円以下に収まります。


SoftBankユーザーならセット購入の方が簡単

上記でも少し触れていますが、SoftBankのスマホは現状(2015年12月)格安SIMを取り扱っているMVNOはありません。SIMフリー端末はネットで手軽に買えますが、手間もかかりますので「この端末じゃなきゃ嫌だ!」という拘りが無ければセット購入をした方が簡単ですね。

端末の種類は、楽天モバイルmineoDMM mobileが多く取りそろえているのでこの3社を参考にするといいかと思います。

どうせならキャンペーンを利用したいよね!

3GB(音声通話SIM)の月額料金に関しては、どこのMVNOを選んでも正直驚くほどの差はありません。±200円幅程度です。そうなると、「何で選べはいいのか?」ってなると、やっぱり「キャンペーン」しかありませんよね(苦笑)

キャンペーンなら楽天モバイル1択

 

キャンペーンにフォーカスを当てると、どうしても「楽天モバイル」が有利になってしまいますね。

初月利用料無料、楽天ポイントがずっと2倍を基本とし、短いスパンで対象の端末をエントリー購入で大量の楽天ポイントのバックを行っています。

こういった、特典以外にも、端末代やSIMカードの基本料もちゃんと他よりも安いのが人気の理由でもありますね。


通信速度や繋がりやすさはどうなのか?

 

キャンペーンも魅力の1つっスけど、肝心の通信速度とはどうなんすか?


 

通信速度に関しては、僕が実際にSIMカードを申し込んでレビューした記事があるからそれを参考にしてもらうといいかな!

僕もまだ全部のMVNOを使ったワケじゃないけど、上記の3社なら実際に使ってみたし、楽天モバイルとマイネオは現在進行形で使っているけど良好だよ。

今後もドンドンレビューを増やして行くから楽しみにしててね!


⇒ 楽天モバイルレビューはこちら

⇒ マイネオレビューはこちら

⇒ DMMモバイルレビューはコチラ

■その他「楽天モバイル」関連記事

⇒ 楽天モバイルの繋がりやすさはどうなの?

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる