30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書 > OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの格安SIMを徹底検証!

ocnモバイルone

「OCN モバイル ONE」はNTTコミュニケーションズが提供する格安SIMカード会社です。NTTの傘下というだけあって信頼性が高く老舗ともあって公式ページは今風ではありませんが、利用者数はトップクラスになります。

また、「OCN モバイル ONE」は1日単位のプランが2つと、定番の月○GBのコースが4つと合計6つのプランから成り立っています。お決まりですが、余ったデータは1日タイプですと翌日末まで、月コースだと翌月末まで繰り越してくれるサービスも備えています。

対応エリアはNTTドコモの「Xi(クロッシィ)、FOMA」のエリアに対応してますので、都市部は勿論、校外でもエリア外になることはほぼありません。

とりあえず先に公式サイトを見たいという方はこちらからどうぞ。

OCNモバイルONEの公式ページを見てみる>

OCN モバイル ONEのプラン一覧

プラン

月額料金

最大受信速度

110MB/日コース

900円

150Mbps

170MB/日コース

1,380円

150Mbps

3GB/月コース

1,100円

150Mbps

5GB/月コース

1,450円

150Mbps

10GB/月コース

2,300円

150Mbps

500kbpsコース(月15GBまで)

1,800円

500kbps

SMS機能 120円/月

050plus付きSIM
150円/付き

音声通話SIM
全プランに+700円/付き

OCNモバイルONEは1日あたりの高速データ通信量が110MBと170MBの2種類のコースと、月あたりの高速データ通信量が3GB、5GB、15GBの3種類があります。また、15GBコースに限っては通信速度が500kbps固定になります。

1日あたりの通信量で契約できるプランは珍しく、数ある格安SIMの中で「OCNモバイルONE」のみとなっています。また、プランの変更は月ごとに毎回変更することも可能で自分に合ったプランを見つけていきましょう。

普段はガラケーを持ち、LINEやTwitterなどのSNSだけを使いたい。という人であればデータSIMを使えば更に割安でスマホを月額1,020円〜利用することが可能です。また、初めてガラケーから格安スマホに移行する方や毎月どのくらいデータ量を使うのかちょっと分からない。という方は最初110MB/日を使い、不足するようであれば170MB/日のコースに上げるといった使い方をすると良いかもしれませんね。

OCNモバイルOCNのココがおすすめ評判ポイント

バリエーションあるプラン
オプションが豊富
データ繰越有り
毎月プランが変更可能
IP電話「050 plus」とのセットがお得

では、ちょっと気になるポイントをピックアップして紹介したいと思います!

ちょっと珍しい日単位/月単位の選べるプラン

OCN モバイル ONEのプランは日単位のものと月単位の両方があります。「日単位」に制限がかかっているのは格安SIMにしては結構珍しいんですよ。毎日一定量を使うのが決まっている人にとっては面白いプランでもありますね。

プランの1つに「500kbps」とありますが、これは1ヵ月の高速データ通信量が15GBまで使えますが、最大通信速度が500kbpsまでとなります。一般的に通信制限がかかった場合は最大200kbpsの低速通信に切り替わり、制限が解けるまでデータ量のチャージをする以外低速通信のみとなります。

その200kbpsから比較すると500kbpsは少し早くちょっとしたTwitterで投稿された動画程度なら問題ありませんが、YouTubeなどの長時間動画には向きません。データ量が多いのは魅力ですが、ストレスなく高速通信を味わいたいのであれば個人的には「15GB(500kbps)」のプランはおすすめしません。

プランの変更は毎月1回は可能

これも他社にないサービスなのですが、契約後のプラン変更は毎月1回変更が可能で、申し込んだ翌月1日の午前1時に適応されます。最初は一番小さいプランから様子を見て、必要であれば、翌月に上げるといった柔軟性があるのも面白い。

「OCN モバイル ONE」の音声通話SIMと050 plus付きSIM

080/090などの番号が使える通話SIMにも対応しているのですが、OCNモバイルOCNは「050plus付きSIM」といった他でもあまり見ない格安SIMも取り扱っています。

一方通話SIMの方は、データSIMのプランに+700円で利用可能となっていて、一番安い「110MB/日コース」であれば、月額1,600円での運用が可能となっています。

価格もデータSIMに+150円なので、「アプリを使っての通話だけでも良い」という人はコチラの方が割安になるので、自分にはどの位通話が必要なのかを一回見直しておくと良いですね^^

データSIMと050plusSIMの違い

通話料の比較
  • 090/080番号による音声通話:固定電話、携帯電話ともに20円/30秒
  • 050 plus:固定電話には8円/3分、携帯電話には16円/1分

ちょっと気になる「1日あたり110MB」ってどんなプラン?

 

1日110MBのプランってちょっとピンとこないんスけど、どの位のことができるモンなんスかね?

 

確かに、他では無いプランだよね。ちょっと見てみようか。

110MBプラン

元々は70MBのプランだったけれど、2015年4月に110MB/1日に大幅アップされました。とは言え、1日に110MBってあまり気にして使っている人はいないかもしれませんね。

公式サイトでは、一例として「ゲーム」をメインで利用している大学生と、「SNS系」をフル活用している社会人の2人が例として挙げられています。

「大学生」の方は、1日にゲームを約2時間、動画を20分、その他SNSを活用し、残り約20MB残る例え。一方「社会人」の方は、とにかくSNSをフル活用+動画を30分の利用で残り約17MB残る例えになっています。

どちらも例えなので、全てではありませんが、この様な使い方でもまだ余地があるのは以外でした。

 

思ってたよりも結構使えるんスね〜

 

そうだね。僕も110MBって気にして使ったことはなかったけど、図のように使ってまだ余地があるならば、ナビアプリや動画をもう少し見られそうだよね。

余った容量は翌日末まで繰り越しができるのもプラスポイントだね!


OCN モバイル ONE公式サイトで図の全体を見てみる!

その他のオプション

OCNモバイルONEのオプションは、端末が壊れた時の補償は用意されていませんが、その他のオプションは基本的なのを取り揃えています。

IP電話 050plus 300円/月

IP電話 050plusはIP電話と呼ばれるインターネット経由の通話のことで、通常の音声通話よりも平均半額で通話が可能となります。音声通話SIMでSIMカードを契約した際はこの「IP電話 050plus」が1つ無料で使えます。

無線LANサービス

街中やホテルなどでOCNが提供する無線LANを利用することができるサービスです。こういった無線LANを使うことによってデータ量の消費を抑えることが可能です。

データ容量追加

データ量追加は、契約時のデータ量が不足し通信速度制限がかかってしまった場合、別途でデータ量を購入(チャージ)すれば復活させることが可能です。

OCNモバイルONEのデメリットについて

メリットもあればデメリットも存在します。
それでは、次に「OCN モバイル ONE」のデメリットについて見ていきましょう。

端末補償がない

格安スマホ会社によってはオプションサービスの使いで、万が一購入したSIMフリー端末が水没してしまったり、落下による原因で破損して修理が必要になった場合、その料金面をサポートしてくれるサービスを取り扱っているところも多いですが、OCNモバイルONEはそのような端末補償のサービスがありません。

万が一こういったアクシデントに見舞われてしまった場合は再度ご自身で新しい端末を用意しなければならないといった不便さはあります。仮に、乗り換え前の使っていた端末がドコモブランドであれば修理の際は以前の旧端末を使うことが可能ですが、ドコモブランド以外の場合は対応している端末が別途で必要となります。

取扱のSIMフリー端末は一括払いのみ

格安SIMとセット販売されるSIMフリー端末は一括払いが厳しい時、24回払いといった分割支払いが使える所も多いですが、ONEモバイルONEで端末も一緒に購入する場合は一括払いのみになります。

iPhoneは使えるの?

手持ちのiPhoneをOCNモバイルONEで使いたいという方は、「SIMカードのみ」を申込み、ご自身で初期設定(APN設定)を行えばiPhoneを格安スマホとして利用することが可能ですが幾つかの注意点があります。

使える端末はドコモブランドのiPhoneがSIMフリーのiPhoneのみ

OCNモバイルONEはドコモ回線を利用している格安SIM会社なので、ドコモブランドのiPhoneもしくは、アップルストアで販売されているSIMフリーのiPhoneのみになります。

使えるiOSが少し不安定?

格安SIM会社はそれぞれによって対応しているiOSが異なります。仮に、iOS10.2が使えたとしても、iOS4にアップグレードした際、OCNモバイルONEがそのiOS4に対応していない時に先にアップデートをしてしまった場合、動かなくなる可能性があります。

アップデートは公式側が利用可能の指示が出るまで控えましょう。最新の対応iOSは公式サイトの動作確認端末一覧で確認できます。

まとめ

CON モバイル OCNは大手NTTコミュニケーションズで安心というのもあって、MVNO市場でも上位クラスの位置づけとなっています。

データ繰越やサービスの品質はネット上でも評判がよく、特に「光回線」などを利用している人は割引きの対象になるので、格安SIMを使うのであれば利用するにはお得です。

大手とあって安心もあるが、基本料金は少し高めなのでOCN「光回線」を利用中でなければ、現在は割安でキャッシュバックや、楽天などのポイントが貰えるといったサービスも多数あるので、一度見てから決断しても良いですね。

OCNモバイルONEの公式ページを見てみる

ONEモバイルONE以外のドコモ回線でお薦めの楽天モバイル

楽天モバイル

ドコモ回線を使用した人気の「楽天モバイル」。楽天市場との連携がバツグンで契約内容の全てが楽天スーパーポイントに反映されるといった工夫がされています。端末も豊富に揃えており、分割払い対応となっています。

また、iPhoneシリーズも最新iOSに即対応といったスピードも人気。

楽天モバイルの詳細はコチラ

OCNモバイルONEを徹底的に解説! | 格安スマホ解体新書記事一覧

OCNモバイルONEのかけ放題について | 格安スマホ解体新書

2016年8月からOCNモバイルONEに「5かけ放題プラン」が登場し、通話料が節約できるようになりました。かけ放題を扱っている格安SIM会社はまだまだ少ないので毎月通話をかける方にはお得なサービスとなります。:目次:・「5分かけ放題」サービス開始!・5分かけ放題は徐々に定着しつつある・OCNでんわの...

OCNモバイルONEの格安SIMでiPhoneを使いたい! | 格安スマホ解体新...

OCNモバイルONEが提供する格安SIMで利用できるiPhoneのシリーズの設定方法をまとめました。先に公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。OCNモバイルONEの公式ページを見てみる:目次:・OCNモバイルONEで利用可能のApple製品について・iPhoneの設定方法について・OCNモバイ...

OCNモバイルONEで格安SIMとセットで契約可能のタブレット | 格安スマホ解...

格安SIMを提供しているMVNO会社はスマホ端末以外にもSIMフリータブレットを取り扱っている会社もあります。今回はOCNモバイルONEで格安SIMカードとセットで契約できるSIMフリータブレットについてまとめました。現在(2016年12月)ocnモバイルoneで格安SIMカードと一緒に契約できるS...

g06がOCNモバイルONEから登場 | 格安スマホ解体新書

gooのスマホ第6弾目として、LTE対応のSIMフリースマホ「g06(グーマルロク)」が発売されました。手にスッポリと収まるので人気な4インチのg06は1万円以下の8,424円と「LTE対応スマホで国内最安」になります。OCNモバイルONEのみでセット購入が可能となっています。それではスペックや特徴...