30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書OCNモバイルONE > OCNモバイルONEのかけ放題について

かけ放題でもっと通話料をお得に!OCNモバイルONEの「10分かけ放題プラン」登場!

「OCNでんわ」はOCNモバイルONEの音声通話SIMをお使いの方が使え、電話料金が安くなるアプリになります。

更にOCNモバイルONEには「10分かけ放題オプション」があり、通話時間が長めの人でも安心な月額850円で使えるかけ放題オプションサービスになります。

今回はそんな「OCNでんわ」と「10分かけ放題オプション」についてご紹介します。

先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

OCNモバイルONEへ

OCNモバイルONE「10分かけ放題」サービス開始!

キャリアとサービスが互角になりつつある格安SIMですが、OCNモバイルONEも「5分かけ放題」のサービスが始まりました。これによって格安SIMのシェア率NO.1のOCNモバイルONEがまた大きく生まれ変わる予感がします。

OCNモバイルONEのかけ放題「OCNでんわ」

ocnでんわ

OCNモバイルONEの通話オプション「OCNでんわ」のサービスが提供されました。一般的にはキャリアの「かけ放題ライト」や楽天モバイルの「5分かけ放題」と同じ内容のオプションになります。ですが、OCNのかけ放題はそれよりも長い10分なのでよりお得になりますね。

OCNが提供している「OCNでんわ」の専用アプリをインストールして、そのアプリから電話をかけることで10分間の通話料を無料にします。

また、アプリをインストールしなくても、電話番号の前に0035-43をつけることで10分の通話料金が0円になります。番号を毎回つけるのは面倒なので、アプリを入れてしまった方が簡単ですね。

10分を超えた通話料金も半額になる

OCNでんわは10分の通話を無料にすることが可能ですが、5分を過ぎた場合でも通話料金が半額になります。OCNでんわを使って10分通話した場合は、

0分〜10分は0円
10分〜は30秒10円

の料金になります。

格安SIMの場合、日本国内への通話はどこも30秒20円になりますが、OCNでんわの様にアプリをインストールしたり、専用の電話番号を頭に付けることで通話料金を30秒10円の半額にします。この電話番号の前につける0035-43の様な番号をプレフィックス番号と呼び、一度海外を経由して通話を接続し、通話料金を安くするシステムを採用しています。こう言ったアプリを使って安くする格安SIM会社は数社あります。

OCNでんわは5分通話が多い人向け

OCNでんわは5分以内の通話を毎月5回以上かける方に向いています。

アプリを使えばOCNでんわに加入しなくても5分の通話は100円になりますが、毎日1回5分の通話をかけると3,000円がかかります。OCNでんわの月額料金は850円になりますので、この時点で2,150円のお得になりますね。

さらに長電話をする人は050Plusを使おう

OCNでんわは5分かけ放題になりますが、常に5分以上の電話をかける機会が多い人は5分かけ放題では中々節約することができません。そんな人はOCNモバイルONEを契約すると無料で使うことができる「050 Plus」を利用しましょう。

050 PlusはIP電話サービスですが、通常の通話よりも電話料金が大幅カットすることが可能です。特に固定電話への通話は3分8円で利用できるので使わない手はないですね。

ケータイ電話同士の長電話が多い人はどうすれば?

固定電話宛ての通話はIP電話を使えば大幅な節約になりますが、携帯電話への長電話や回数が多い人は残念ですが、OCNモバイルONEを使うと今よりも月額料金が高くなってしまいます。この場合の対処法は格安スマホはデータSIMにし、インターネット専用にして、ガラケーにキャリアのかけ放題を付ける。といった2台持ちで回避することができます。

仕事でガンガン通話を使う人はこういった手段の方がお得になりますね。2台持ちについては別ページで解説していますので、そちらをご参考にしてください。

格安スマホとガラケーの2台持ち

OCNモバイルONEの公式ページを見てみる

10分かけ放題や5分かけ放題は徐々に定着しつつある

2016年に入ってから増え始めている5分かけ放題ですが、徐々に取り扱う格安SIM会社も増えてきています。一番最初に始めた格安SIM会社が「楽天モバイル」です。元々キャンペーンや通信速度などで人気でしたが、「5分かけ放題サービス」を初めてからより人気度が高くなりました。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

DTI SIMもかけ放題サービスがあります。内容はOCNでんわと同じですが、5分を超えた場合の通話料金が半額になりません。そーなるとOCNでんわや楽天の5分かけ放題サービスよりも高くなってしまうので、かけ放題目当てであればDTI SIMは避けた方が良いでしょう。

OCNでんわの注意点

次に、OCNでんわオプションの注意点を確認しておきましょう。こういった部分をしっかりと把握することによって、自分が許せる許容範囲が確認できるので、よりサービスを安心して使うことができますよ。

OCNでんわはアプリから電話をかける必要がある

OCNでんわオプションはOCNモバイルONEが提供する専用のアプリをインストールして、そのアプリ経由で電話をかける必要があります。その為、通常通話アプリから電話をかけてしまうとOCNでんわが適用されないので、注意しましょう。

プレフィックス方式は通常の電話よりも通話品質が落ちる可能性がある

OCNでんわに限らず、「楽天でんわ」といった独自のアプリはほぼ間違い無くプレフィックス方式を採用しています。

プレフィックス方式とは、電話をかける時に相手の電話番号の頭に特定の番号を付け加えて発信する方法になります。このプレフィックス番号を付けて発信することで、通常の電話回線からOCNでんわの様に独自で用意した専用の回線に切替え、通話料金を安く抑えることが現実化しています。

プレフィックス方式のメリットは「OCNでんわ」や「楽天でんわ」のオプションのように通話料金を下げるといったことですが、デメリットは「通話品質が通常よりも若干悪い」という点です。

プレフィックス方式を利用して自社回線に切り替えた場合、その専用回線の品質が低いと音声が小さくなったり、雑音が入ったりと聞きづらくなる可能性もあります。また、音声のタイムラグが生じて相手との会話がかみ合わないといったトラブルの可能性もあります。

OCNでんわは8月1日からサービスが提供されて、まだ多くの口コミが集まっていません。通話品質が気になる方は他のユーザーがレビューなどの報告が上がってくるまで待っても良いでしょう。また、このプレフックス方式はLINEの無料通話よりも音声品質は良いとされるので、目安としてLINEの無料通話で気にならなければ問題ありません。

OCNモバイルONEのみで使える

「OCNでんわ」の5分かけ放題オプションはOCNモバイルONEの格安SIM専用のサービスとなっていますので、OCNモバイルONE以外の格安SIMでは利用することができません。

データ通信専用SIMでは使えない

「OCNでんわ」はOCNモバイルONEの音声通話SIMの電話番号をそのまま使いますので、電話番号がないデータSIMでは使うことができません。データSIMで電話をかけたい場合は、IP電話アプリやLINEの無料通話、FaceTimeといった手段を使えばOCNモバイルONEのデータSIMでも通話をすることが可能です。

緊急の電話番号やナビダイヤルには発信できない

「OCNでんわ」のようなアプリ経由での通話は110番や119番といった緊急電話や117番などの3桁、0570から始まるナビダイヤルには発信できない番号があるので利用する際は頭に入れておきましょう。

OCNモバイルONEへ

OCNモバイルONEのかけ放題-まとめ

OCNでんわ(10分かけ放題)オプションはプレフックス方式を採用したサービスになります。月額850円で10分以内の通話が0円になるので、毎日少し通話する方は加入した方がお得だと言えます。

ただ、日頃の生活でLINEや無料通話で特に問題が無い方は無理に加入する必要はありません

また、かけ放題のようなサービスは楽天モバイルでも扱っていますので、気になる方はそちらもチェックしてみて下さいね。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

メニュー

格安スマホランキングはこちら