30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 【レビュー】HUAWEI E5577を楽天モバイルで使おう!

楽天モバイルで取り扱い決定!「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」がかなり魅力的!

楽天モバイルから「「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」が発売されました。

早速僕も購入し、スペックや特徴と実際に楽天モバイルの格安SIMを使った初期設定まで全てレビューしたので検討中の方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

楽天モバイル公式へ

まずは実際に使ってみよう!

スペックや特徴は後回しにして、実際に楽天モバイルの格安SIMを使ってみましょう!

裏蓋を外してSIMカードをセットする。

裏蓋を外したら下図のようにSIMカードをセットします。

「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」はいまではあまり見かけない「通常SIM」を使います。

 

通常SIMって僕持ってないっスよ。。


今では通常SIMを使うSIMフリー端末はほとんど見かけません。ですが、この為にワザワザ通常SIMを契約するのも不満があったので、僕はSIM変換アダプタを使いました。

 

これならnanoSIMでもmicroSIMでも使えるから、新規で契約する必要はないね。

けど、あくまでSIM変換アダプタによる不具合は自己責任になっちゃうからその辺りは注意しようね!


楽天モバイルが使えるようにAPN設定をしよう!

Mobile Wi-Fiと端末を接続する

SIMカードのセットが完了したらバッテリーを入れて蓋を閉めて電源を入れます。端末上部に「MENUボタン」があるので、そちらの端末情報からSSIDやPWD(パスワード)が確認できます。

「HUAWEI Mobile Wi-Fi」の初期設定はPCからでもスマホからでも可能ですが、スマホの方が簡単だったので今回はスマホから設定を行っていきますね。使用したのは人気の「nova lite」です。

ちょっとクドイですが、最初に必ずルータと端末をWi-Fi接続してください

接続後、設定画面にログインする。

接続が完了したらGoogle検索に「192.168.8.1」と入力します。そうすると上写真のログイン画面に進みますので、同封されているスタートガイドブックに記載されている「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

この「192.168.8.1」のログイン画面はWi-Fi接続未設定だとエラーになってしまうので、必ず先にWi-Fi接続をしてください

ログインが完了したら次にAPN設定です。説明書にも記載されていますが、「設定」→「ダイヤルアップ」→「プロファイル管理」の順に進みます。

画面が小さい時は2本指でズームアップしましょう。

そしたら構成プロファイル情報の入力を行います。主要の格安SIM会社であれば最初からAPN情報一覧がありますので、その中から楽天モバイルを選びます。もちろん手動で入力しても大丈夫です。

以上でAPN設定は完了です!

後は端末のWi-Fiで「HUAWEI-225F」で接続すればOK。ちゃんと繋がればルータに「1」と現れます。最大10台まで接続可能。

通信速度も下り19.28Mbpsと良好です!これならば外出先でノートPCと接続しても動画だって余裕ですね。その様子はまたレビューしますのでお楽しみに。

楽天モバイルではデータ量もユーザーに合わせて充実しています。

楽天モバイルでは「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」とSIMカードのセット購入も行っていて、データ量も充実しています。

このモバイルルータを格安SIMで使うメリットはWiMAXと違って、

1 データSIMなので縛りがなく、好きな時に解約できて、解約金も発生しない。
2 自分の利用量に合わせたプランを選べ、いつでもコース変更が可能。

が最大の特徴です。

 

縛りがないのはデカイっスね!


支払で楽天スーパーポイントも使えるので、もし余っていればより割安で「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」を運用することができますね♪

楽天モバイル公式へ

「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」の主な特徴

1 下り最大150Mbps、海外でも使える通信網に対応
2 コンパクトボディにTFT液晶、SDカードスロット搭載
3 充電器としても使える3,000mAhの大容量バッテリー

HUAWEI E5577のスペック

カラー ホワイト
サイズ 58mm*96.8mm*17.3mm
重さ 約112g
バッテリー 3000mAh
OS Windows VistaR SP1 以降Mac OS 10.7 以降
SDカード 最大32GB
SIMカード 標準SIM
ディスプレイ 1.45インチ TFT
連続待受/通信時間 最大約600時間 / 最大約12時間
同時接続台数 Wi-Fi接続10台 / USB接続1台
付属品 本体充電用ACアダプター、充電用USBケーブル
取り扱いMVNO 楽天モバイル

通信ネットワーク対応バンド

・FDD LTE: B1, B3, B5, B7, B8, B19, B20
・WCDMA: B1, B2, B5, B6, B8, B19
・GSM: 850,900,1800,1900MHz

理論値通信速度

・LTE: 150Mbps
・Wi-Fi: 300Mbps

通信バンドはドコモ系とソフトバンク(Y!mobile系)に合っている

LTE主要のバンド1を初めてプラチナバンドの9、ソフトバンクの8に対応しているのでSIMフリーモデルとしては充分に合格点です。

3G電波に関してもドコモのFOMAプラスエリアのバンド6/9に対応。ソフトバンクの主要バンド1/8に対応しているので何も問題はないでしょう。

僕がスペックを見て「え?なんで?w」と感じたのがSIMサイズが標準SIM。今では余りこのサイズは見ないんですよね。

 

え?それじゃ「HUAWEI E5577」のためだけに標準SIMを契約しないとダメなんスかね?


格安SIMの魅力は、キャリアと違って端末に囚われず好きなスマホを簡単に使えるそのフットワークの軽さが魅力です。なのでわざわざ「HUAWEI E5577」のためだけに標準SIMを契約したら何かと不便ですよね。

という訳で、僕は毎回SIMサイズはnanoSIMを申込み、microSIMや今回のような標準SIMはSIMサイズ変換アダプターを利用しています。何かと便利ですが公式では変換アダプターの使用は推奨していませんので、自己責任でお願い致します。

SIM変換アダプタはamazonなどで販売されています。

SIM変換アダプタについては別ページで解説していますので、詳しく知りたい方は参考にしてください。

大容量の3000mAhバッテリー

HUAWEI「E5577」は3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、別売りのアダプタを使えばモバイルバッテリーの代わりとしても使えます。いざと言う時はかなり助かりますね!

HUAWEI E5577の外観を見てみよう

Mobile Wi-Fi E5577の初期化のやり方について

もし「楽天モバイル以外の格安SIMで使おう」という場合は初期化をして出庫状態に戻す必要があります。尚初期化については楽天モバイルのカスタマーセンターではなく、HUAWEIに問い合わせなければなりません。

・0120-798-288 【フリーダイヤル】
・受付時間:9:00〜20:00

初期化のやり方ですが、電源が入っている状態で裏蓋を外し、リセットボタンをピンで5秒以上押します

そーすると、一回シャットダウン状態になり、再び再起動が行われて初期化完了です。

Mobile Wi-Fi E5577の初期化

HUAWEI E5577-まとめ

モバイルバッテリーとして利用できるルータは以前にも出ていましたが、SIMフリーとして利用可能なのと、microSDスロット搭載、豊富な対応バンドに対応している「HUAWEI E5577」は価格も安いのでかなり魅力を感じます。

対応バンドの豊富さから海外だと現地のプリペイドSIMを使えば、もう旅先でWi-Fiルータをレンタルしなくても済みます

普段通りの使い方であれば気軽に格安SIMとの組合せで使えるので興味がある方は価格も1万円ちょっとなのでぜひ試してみては如何でしょうか?

楽天モバイルでも「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5577」について発表されていますのでチェックしてみてくださいね。

楽天モバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集