30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルの明細(内訳)を確認方法について

【写真付き】楽天モバイルの明細(内訳)を確認方法についてご紹介

 

こんにちは、スマホ部長です。

楽天モバイルは紙の明細書は発行しておらず、WEBから確認するしかありません。今回はその明細(内訳)の確認方法についてご紹介します。


楽天モバイルの明細(内訳)について

まず楽天モバイルの明細は楽天モバイル公式サイトの会員サポートから確認ができます。会員サポートメニューは【メンバーズステーション】という会員のマイページにログインする必要があります。

データSIMだと以下のような情報が確認できます。

プラン月額料金
SMS送信料(SMSありのプランの場合)
ユニバーサル料
初期事務手数料(プラン開始月のみ)

次に音声通話SIMだと少し項目が加わり以下の通りになります。

プラン月額料金
SMS送信料(SMSありのプランの場合)
ユニバーサル料
初期事務手数料(プラン開始月のみ
通話料
端末分割払い料金(端末セットの場合)

データSIMと比べると通話料と端末代が増えただけです。

ですが、この通話料ですが、楽天モバイルのメンバーズステーションで表示されるのは、30秒/20円の通話料金だけで、「楽天でんわ」アプリを利用した30秒/10円の通話料金&楽天でんわによる「5分かけ放題オプション」のオプション代金は含まれていません。

楽天でんわをかけた通話料は楽天でんわのマイページから別途確認しなければなりませんので、楽天でんわを利用している通話SIMの場合は、楽天モバイルの明細と楽天でんわの明細を合計した金額がその月の通信費となるので注意しましょう。

楽天モバイルの明細(内訳)の確認方法

それでは、楽天モバイルの明細(内訳)をチェックしてみましょう。楽天モバイルはデータSIMで使っていますが、音声通話SIMも同じになります。

まずはメンバーズステーションにログインします。この時ユーザーIDとパスワードが必要になりますので用意しておいて下さいね。

まずは楽天モバイルホームページの右上にあるメンバーズステーションにログインします。

ログインは「楽天会員」のID・パスワードでもログイン可能です。

複数の契約がある場合は確認したい方にチェックを入れて先に進みます。

これでメンバーズステーションの中に入れました。下の方に進むと会員メニューがありますので、利用明細を見れば詳細が確認できます。

また、この会員メニューからプランの変更・解約といった楽天モバイル全てに関する変更修正が行えます。

たったこれだけで確認できます。紙の明細だと管理も大変ですが、一年分の明細もWEBなら一目で確認可能です。なお、明細に表記されている金額は特別な記載がない限り税別になっていますので、クレジットカードの明細などと金額がズレている心配がありません。

楽天でんわの明細の確認方法

楽天でんわのかけ放題オプションや通話サービスを利用している場合は楽天でんわの明細も確認しましょう。

手順としては、「楽天でんわ公式サイト」のマイページにログインし、マイページにある「利用料金確認」の「確認」を選択し、電話番号と照会月を選ぶだけとなります。また、通話料金だけでなく、相手先の電話番号や通話時間など細かい部分も見られますよ。

楽天モバイル明細(内訳)のまとめ

楽天モバイルの利用明細は簡単にチェックできるのが分かったかと思います。また、専用の楽天モバイルアプリを使えばわざわざパソコンからじゃなくても手元で確認できますので、ぜひインストールしておきましょう。

楽天モバイルで通話SIMを使う場合は、「楽天でんわ」を使えば通話料金を安くしてくれるアプリなので、通話を頻繁にかける方は必ず利用しましょう。

楽天モバイルには通話をかける人の為に「コミコミプラン」という端末+データ量+5ふんかけ放題が最初からセットになっているお得なプランも用意されています。新規購入者限定なので、最初から通話頻繁にかける方はチェックしてみてください。

楽天モバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら