30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイル速度計測【in 那須ハイランドパーク】

楽天モバイル速度計測レビュー【in 那須ハイランドパーク編】

 

みなさんこんにちは、スマホ部長です。

今回は家族で栃木県にある那須ハイランドパークに遊びに行って来たので、楽天モバイルの速度計測を一緒に行って来ました。

山々に囲まれた大自然の中にあるテーマパークなので、「そもそも電波は大丈夫なのか・・・?」という不安もありましたが、想像以上の結果だったのでぜひ参考にして下さい。


山々に囲まれた那須ハイランドパークでイザ楽天モバイル実測!

那須ハイランドパークは、栃木県那須町にある北関東最大級の遊園地になります。

人気のジェットコースターは優しいのから激しいまで全10種類ある他、メリーゴーランドも2階建てと珍しい作りのもあります。水がリアルにかかる渓流下りのアトラクションなど1日では回りきらないほど沢山あるので家族みんなで楽しめるかなっと思います。

そんな那須ハイランドパークは山々に囲まれている巨大テーマパークで、観覧車やジェットコースターに乗るとその気持ち良いくらいの景色が一望できます。

上写真を見て頂くとお分かり頂けるかと思いますが、本当に周りが山ばかりです。そこで格安スマホユーザーはちょっとした不安が。。


「ちゃんと電波は届くの、、、か?」


と少なからず思います。格段に通信速度が改善されている格安SIMは「速度計測【東京編】」でも良好な結果を残せました。

今回は人混みの中ではなく、大自然が相手です。

それでは見ていきましょう。

楽天モバイル速度計測 in 那須ハイランドパーク、レビュー

■測定環境■
・測定場所:那須ハイランドパーク(晴)

・端末機:arrowsM02
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定日:2016/10/16

平和な道を進んで行きますと、山に囲まれた那須ハイランドパークが見えてきます。

開園時間は9:30になりますが、開園前から渋滞が目立ちますので特にGWなどの大型連休時にはかなり早めに行った方が良いでしょう。

■測定環境■
・測定場所:開園前の渋滞(晴)
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 09:43
・下り:39.87 Mbps
・上り:16.07 Mbps
・PING:38ms

最初の速度計測になります。

既に山の中にいますが、周りに人がいないのか数値としてはキャリア並な速度です。この後は子どもが暇つぶしにYouTubeを見ていましたが、当然ですが全く問題ありません。

■測定環境■
・測定場所:スーパーバイキング
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 10:02
・下り:32.56 Mbps
・上り:7.33 Mbps
・PING:37ms

かなり高く上がるスーパーバイキング前での計測です。

ちょっと写真がミスって見えづらいですが、下り32.56Mbpsと至って良好な数値です。

■測定環境■
・測定場所:悟空
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 11:56
・下り:39.56 Mbps
・上り:10.58 Mbps
・PING:35ms

約3分間のジェットコースター。程良い落下もあり120pから乗れるジェットコースターになります。

お昼時ですが至って速度良好。

■測定環境■
・測定場所:ランチ
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 12:29
・下り:40.24 Mbps
・上り:6.97 Mbps
・PING:33ms

フードコートはあちこちにありますが、結構なお値段がするので、コンビニで買っておいた方が節約にはなります。チキンバスケット中から油が溢れる恐れがあるのでウェットティッシュを持っておくと色々と便利。

ここまで来ると通信速度はめちゃくちゃ良好です。

■測定環境■
・測定場所:フラッシュダンス
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 15:52
・下り:38.88 Mbps
・上り:6.44 Mbps
・PING:35ms

凄いスピードで回転する乗り物。三半規管が弱い方は確実にヤラレマス。。

ほぼ一日通して安定しています。

■測定環境■
・測定場所:F2
・SIMカード:楽天モバイル
・測定アプリ:SPEEDTEST
・測定時間: 16:51
・下り:38.07 Mbps
・上り:15.57 Mbps
・PING:32ms

ぶら下がり状態のジェットコースター。頭がガッチリとホールドされますが頭をしっかりと背もたれに固定しておかないと首が痛いです。

同じ状況でau版iPhone6sで計測してみました。

アプリが違うから?なのかもありますが、明らかにキャリアの方が遅いです。。

まとめ

以上で那須ハイランドパークでの速度計測を終わりになります。

人混みはアチコチで計測していましたが、逆に山に囲まれた自然での計測は僕自身も初めてでした。

多少の不安はありましたが、30Mbps〜40Mbpsを下回ることなく素晴らしい数値に正直驚きました。また、キャリアよりも速度が出るといったこともあり、驚くことが多かった一日でした。

キャリアよりも実測値は速かったですが、数値化して速度は確かに速いですが、体感的には違いは分からないレベルになります。

実際、以下の表の数値が出れば問題なく使えるレベルになります。

最低

十分

LINEやメール

0.1〜0.3mbps

1mbps

Webサイトの閲覧

0.2〜0.5mbps

2mbps

動画

3mbps

5mbps

動画(高画質)

5mbps

10mbps

アプリのダウンロード

10mbps

30mbps

ようは、動画や重いファイルをダウンロードする時だけ高い数値が求められるといった感覚ですね。

体感的には全く同じなのに、料金は月1,600円(3GB)なので嬉しい限りです。

端末も1年前までは「格安スマホ=型落ち」というイメージが強かったですが、格安スマホの需要が右肩上がりを受けてSIMフリー端末も2万円〜3万円台でハイスペックに負けないモデルが登場しているので選択肢の幅は広がりました。

今回使ったフリー端末

●arrowsM02/M03

今回使ったのは富士通のarrowsM02にです。デュアルSIMなのでドコモ回線もau回線も使えるし、人気があるので対応端の記載も多いのでほぼ全ての格安SIM会社で使えます。

防水防塵、おサイフケータイに対応しているのでライフスタイルでも使いやすいです。

現在は後継機のarrowsM03も発売され、arrowsM02は割引き対象になっている所も多いので、安く済ませたい方にはとてもオススメだと思います。

arrowsM02の端末紹介や、初期設定などは別ページに詳しくご紹介していますので是非参考にして下さい。

arrowsM03になります。これから新規で購入する方はarrowsM03もおすすめです。CPUや性能面ではarrowsM02と同じになりますが、ワンセグ機能の追加やカメラ機能アップ、耐衝撃のアップなどライフスタイル面でのスペックが大幅に改善されています。デザインもより高級度が増していますので、お財布と相談しながらご検討ください。

今回使った格安SIM(楽天モバイル)

セット購入の端末数が15種類と業界最多の楽天モバイルになります。キャンペーンに関してはダントツの1位と楽天関連との相性が良いので「実際に使えるキャンペーン」なので他の格安SIM会社の拘りがなければ初心者は「買い」のMVNOになります。arrowsM02/M03も取扱しています。

楽天モバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら